クラウドファンディング募集終了まであと5日間となりました。
これまで多くの方からご支援や暖かい応援メッセージをいただきました。


2009年から始まったカネシゲファームの活動は、様々な人たちの支えによって行うことができていること、また皆さんのたくさんの思いがつまっていることを改めて実感しました。

そんな現場に駐在できていること、彼らが立派な農民になろうとする人生の新たな一歩を踏み出すトキを一緒に過ごせていることを嬉しく思っています。

 

 

残り5日間。
これまで応援してくださった多くの方々の思いを0にはしたくありません!
あともう少しのところまできています!
目標金額に1円でも達しなかった場合は、不成立となり、これまでの集まった支援金が0になります。
成立(=目標金額達成)した場合にのみ各支援者の方の決済が発生し、ネグロスに支援金が届く仕組みです。


何もなかった荒地に豚舎を建て、草ぼうぼうだったその周りの地には野菜畑が広がり、そして初めて手にする自分の収入。

きっかけさえ与えることができれば、こんなにも変わることができるのか。
こんなにも変えれる力、ポテンシャルを持っていたのかと毎回驚かされます。

 

 

そんな若者農民を継続的に応援する仕組みを動かすためのサポート基金(初期資金)を皆さまのご支援で構築できないでしょうか?日ごろから多くの方に支えられて活動が出来ていますが、今一度、皆さまのお力をお貸しください!

 

 

もし、もし目標金額に達成することができても、次の目標があります。
子豚、餌などを運ぶための軽トラックを買うことです。
現在は、カネシゲファームの餌の調達用の大きなトラックで3期生・4期生に子豚、餌を運んでいます。道路のインフラ整備がローカルエリアに行けば行くほど整っていなく、大きなトラックでは途中までしか行くことができません。山奥に家がある卒業生たちは、そこから家までは軽トラックや水牛を自費で借りて家まで運びます。なので、地理的不利な状況にある卒業生は、さらに支出負担が増えてしまっている状況です。
仮に軽トラックをKF-RCが所有することができれば、この問題を解決することができ、KF-RC自体がさらに多くのサービス、オプションを選択できるようになるのではないかと考えています。

 

プロジェクト実行者

寺田俊

 

新着情報一覧へ