READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

明日を生きるためのワークショップをDV被害者に開催します!

MIKI_TADA

MIKI_TADA

明日を生きるためのワークショップをDV被害者に開催します!
支援総額
301,000

目標 300,000円

支援者
33人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
1お気に入り登録1人がお気に入りしています

1お気に入り登録1人がお気に入りしています
2015年04月03日 00:07

ワークショップ実施報告

みなさん こんにちは

ASLa代表の多田です。

 

えっと・・・ご無沙汰してますだろ、と言われてしまいそうですが、

なかなか報告をしていなくて申し訳ありません。

 

さて、3月18日に「楽しい明日を想像する」無料ワークショップを大人向けに新宿村スタジオにて実施しました。

 

 

今回のワークショップは、支援してくださった皆様のおかげで無料で実施することができ、参加者の方々と共にストーリーを通じて多くのことを考える機会を持つことができました。
また、テーマであったDV被害について知ってもらい考えていただけとた思っております。

 

実施したストーリーは「雪だるまのスノー坊や」です。

「動くことはできない、動いてはいけない、溶けてしまうかもしれない」と周りからいわれてきた雪だるまの坊やがいました。

でも、坊やは動きたくてしかたありません。

そんなとき「あなたなら動きますか?動きませんか?」

 

このお話はルールやリスクをどう受け止め判断するかの問いかけを通じてDV被害者の方々にも自分の状態を振り返り、次への行動を考えるきっかけとしてもらいたいと考えて決めた作品です。

 

DV被害の渦中では他人が作った身勝手なルールの中で生きていることで、自分の感情がとざされ動き出すことができなくなる時があります。

抜け出したくても今までと違う環境へいくリスクを考えると躊躇してしまいます。

 

ストーリーの中では雪だるまの坊やは動きだし、同じように動き回る仲間たちに出会います。

自分の思い通りに生きるということはリスクはありますが、人の作った身勝手なルールに縛られることなく自由になれることです。

 

そして最後にスノー坊やは再び、かつての自分のようなルールとリスクに縛られた雪だるまに出会います。

ストーリーでは自分が自由になっておしまいではなく、次にどうできるのかを問いかけるのです。

 

「あなたならかつての自分のような人に出会ったらどうしますか?」

 

今後、ASLaではこのプログラムをさらに向上させ様々なところで実施していきます。

今回は皆様からの暖かいご支援により、ワークショップを実施することがで感謝しております。本当にありがとうございました!!

 

また、子ども向けプログラムは諸事情によりいったん延期し、さらなるプログラムの改良を加えた上で実施しさせていただきます。

 

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

サンキューメール
ホームページへの名前の掲載(1年間)

支援者
22人
在庫数
制限なし

10,000

サンキューメール
ホームページへの名前の掲載(1年間)
ワークショップ1回参加券
オリジナルポストカード(3枚1組)

支援者
9人
在庫数
制限なし

30,000

サンキューメール
ホームページへの名前の掲載(1年間)
オリジナルポストカード(3枚1組)
ワークショップ1回参加券
キャリアコンサルティングカウンセリング(1.5時間)

支援者
1人
在庫数
制限なし

50,000

サンキューメール
ホームページへの名前の掲載(1年間)
オリジナルポストカード(3枚1組)
ワークショップ3回参加券
キャリアコンサルティングカウンセリング(1.5時間)

支援者
1人
在庫数
制限なし

100,000

サンキューメール
ホームページへの名前の掲載(1年間)
オリジナルポストカード(3枚1組)
出張ワークショップ(15人まで)
(都内以外交通費等依頼者もち)

支援者
0人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする