READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

美味しい!がちからに。人と環境に優しい農法で未来に挑戦!

高橋 廣介(株式会社アプレ)

高橋 廣介(株式会社アプレ)

美味しい!がちからに。人と環境に優しい農法で未来に挑戦!

支援総額

1,244,000

目標金額 1,000,000円

支援者
72人
募集終了日
2022年1月21日
プロジェクトは成立しました!

プロジェクト本文

【令和3年12月22日追記:達成のお礼とネクストゴールについて】

 

ネクストゴール設定しました。

引き続きのご支援を!

 

皆様のご支援のおかげを持ちまして目標金額である100万円を達成しました。

心より感謝申し上げます。

 

アプレではこの資金で「温湯殺菌装置」を導入します。水耕栽培での野菜生産には各種支持体(養液に野菜が沈まないため等)が必要で、汚れや雑菌の処理が不可欠です。その洗浄と殺菌には普通次亜塩素酸を使います。しかし、次亜塩素酸も農薬です。同装置での殺菌により、栽培期間中はもとより全工程で農薬不使用が実現します。食の安全の大きな前進です。

 

(左)収穫直後の栽培パネルの状態 (右)洗車ガンで汚れを落としているところ

 

ご支援に改めて御礼するとともに、アプレでは次のステップとしてネクストゴールを設定させていただきます。次の目標金額は200万円です。

 

この資金は「養液無廃棄」技術の深化に充てます。現在は多量・微量元素の分析が中心ですが、イオン分析や菌分析も加えて養液無廃棄技術完成に近づけていきます。同時にアプレ野菜の美味しさの追求のための実験や「贅沢サラダ」のレシピ充実費用として活用します。

 

仮にネクストゴールの金額を達成できなかった場合も、自己資金を元に、これらの実施はさせていただく予定ですが、引き続きのご支援とともに拡散へのご協力のほど、何卒、よろしくお願いいたします。

 

令和3年12月22日追記

株式会社アプレ 代表取締役 高橋廣介

 

はじめまして。アプレです

 

アプレとはAgriculture Population =「誰にでもできる農業」という意味で新しい農法の普及を目指して命名した造語です。

 

これまでもアプレは、“おいしい、きれいを食卓に” をテーマにホームページでお野菜を直販し、 ホワイトセロリ、春菊が特に人気が高く「きれいで美味しい」と絶賛されてまいりました。

 

そこで今回はより多くの人にアプレを知ってもらい、気候変動が叫ばれるなか一歩踏み込んでアプレの農業技術への興味と共感を頂きたいと思い、本プロジェクトを立ち上げました。 

どこが新しい農法なのか。何が未来の農法なのか、ご紹介します。

 

 

人と自然の共生にチャレンジ!

 

環境は密接な関係にあります。地球の真水の7割が農業に使われているからです。

 

農業用水は栄養が豊富。でも農薬や抗生物質も多く混じっています。それが自然に負荷をかけます。最大の負荷は海水温度の上昇です。台風の巨大化。乾燥、熱波と砂漠化。自然発火の山火事等々。まさに気候変動です。

 

また海洋は排出するCO2の30%を吸収します。ところが海水温度が上がるとCO2の吸収力が下がります。

 

今、世界中で地球温暖化防止に向けた「脱炭素」のうねりが起きています。私たちの原点は「人と自然の共生」。だから「農薬を使わない」「農業用水を捨てない」それがアプレ農法です。 

 

贅沢サラダ用クレソン

 

 

 

アプレの「贅沢サラダ野菜」たち。

 

人と自然にやさしい農法で育てた贅沢なサラダ野菜。クレソン、ルッコラ、春菊、ベビーリーフ、ホウレンソウ・・・エグミのない爽やかな食感で野菜嫌いな子供も喜んで食べてくれます。農薬を一滴も使わず綺麗に丁寧に作りました。是非、ご賞味ください!

 

 

 

贅沢サラダ、イチオシはクレソン!

 

クレソンは栄養豊かな野菜の王様。とりわけ骨粗鬆症に効果があるといわれる葉酸が豊富。是非、サラダでお召し上がりください。写真は、シェ・ケン オリジナルレシピです。

 

クルトン、ベーコン、ニンニクを炒めワインビネガーで香りづけしたドレッシング。

 

 

美味しいSDGs!北海道の旬な野菜とセットでお届けします。

 

今回のプロジェクトでは、お礼を込めてアプレの贅沢サラダ野菜と北海道の旬のブランド野菜を農家と連携してセットでお届けします。

美味しさとお得感を実感してください。食べていただくことが応援です。“美味しいSDGs投資”と思って頂けたら幸いです。

 

 

 

国際認証GLOBAL GAPに認められた日々の活動

 
 
 
 

|食品衛生

エアシャワー完備、手袋、帽子、ユニホーム着装。日々の徹底清掃。農薬不使用。異物混入ゼロ実績継続中。

 

|労働安全  

環境制御の自動化。床暖房で冬季作業環境の快適化。QRコードで生育データを自動記録保存。

 

 

 

|環境保全

温泉、地中熱、井戸水、再生エネルギーによる冷暖房。LED照射時間の自動点灯・消灯で電力節減。農業用水廃棄ゼロを継続中。

 

 

 

|農薬不使用

アプレは1滴も農薬を使っていません。天敵など農水省定義の「生物農薬」も不使用。138種類(一般は8種類)の農薬検査で全てが「検出無し」。「完全農薬不使用」です。

 

 

未来のためにできること?
次の世代への先行投資!

 

アプレ農法の究極目標は「美味しくて安全な野菜を環境に配慮して大量に作る」ことです。農薬を使わない、養液を捨てない。それは「食」と「環境」への先行投資です。

 

気候変動を食い止められるか否は、国や企業そして私たちひとりひとりにかかっています。アプレは小さな存在で、使う農業用水は環境に影響のない少量です。それでも農薬を使わない、養液を捨てない、という信念を守り抜いていきます。人も自然も健康でいてほしいからです。

 

“美味しいSDGs投資”が、「美味しかった」で終らず、価値があったと期待に応えられるよう技術革新を実現してまいります。食べて頂くことが応援になります。未来への投資は次世代の子供たちへの投資です。ぜひご参加ください。

 

 

 

アフターコロナの時代。
新しい価値の創造と共有を!

 

80億人に迫る世界人口。食糧不足と農地不足が深刻です。農地転換のためにアマゾン熱帯森林は焼失され既に日本の国土面積を上回っています。

 

豊かな国の「フードロス」と貧しい国の「フードレス」。

 

そして新型コロナウイルスに怯えた2年間。何かが変です。こうした不安の時代には理想を明確に掲げ、未来ビジョンを鮮明に示すことが必要では。アプレは農業の在り方を掲げ情報を発信し続けます。新しい価値感の共有のために。 

 

 

私たちが取り組むSDGs!

 

SDGsの17つの目標項目のうち、アプレでは以下の5項目に強く働きかけていきます。

  

 

アプレ農法は、まだ改良改善が必要です。

 

本プロジェクトは、環境に配慮した美味しい野菜が届くという「野菜通販」ではありません。皆さんからのご支援はアプレ農法の革新に繋げてまいります。

 

①農法技術の改良と深化

1)養液無廃棄技術の深化   

農業用水の廃棄の原因は連作障害。養液バランスが崩れ野菜が作れなくなります。でも水も貴重な資源。連作障害を回避する単肥施肥精度向上で廃棄ゼロを実現します。 

 

2)美味しさの追求
美味しさは昼夜の温度差が鍵。昼温度、夜温度、養液温度、積算光量、湿度。この5つの指標のアルゴリズムと、それに対応して設備が稼働するソフトの改修を追求します。

 

3)大量生産、イノベーション
水耕栽培は「苗9作」。苗作りで生産の9割が決まります。温度、光量、CO2量、湿度と風でアルゴリズム構築と稼働ソフト。それを支える指標センサーを充実します。

 

4)科学的知見による定量化
植物生産も観察し、記録し、分析して結論を出します。そこに科学的根拠がなければ単なる「感」です。科学的知見による検証が不可欠で大学、研究機関との連携が必要です。 

 

②特許申請

アプレ農法は総合的なシステムで稼働しています。事業防衛のためにも特許申請が必須であり、現在「特許範囲」を検討しています。

 

③新商品開発

クレソンの栄養価とその効能に注目しています。それをパウダー化してサプリメント等の開発。現在は試作品作りやマーケティング、商品デザインの検討段階です。

 

皆様の応援を何卒よろしくお願いいたします。

 

 

会社沿革

2006年アプレ設立。2014年経済産業省の補助金交付とロート製薬株式会社の支援により北海道七飯町に温泉、地中熱、井戸の再生エネルギーを利用した3,000㎡の水耕栽培プラントを建設。

 

栽培期間中農薬不使用で美味しい野菜との評価を受け札幌のデパート、大型スーパー、コープなど道内をメインに販売。香港SOGOにも出荷。2018年に国際基準GLOBAL GAPを取得。農業電化推進コンクールで最優秀賞を受賞。新型コロナウィルスの影響で生産休止し追い込まれるが、本年2021年4月から生産再開。

 

 

応援メッセージ

 

 

|ロート製薬株式会社

 瀬木英俊(上級執行役員)

ロート製薬は、アプレの事業を応援しています。ロート製薬は、創業以来、多くの方の美と健康をサポートしてきました。お客さまの悩みの変化に寄り添いながら、世界中の社会課題の変化にも目を向け、世の中をも健康にしていきたいとの想いで取組みを行っています。今後も当社らしいSDGsへの取組みを通じて、Well-beingな社会の実現を目指していきます。アプレは、我々のSDGsへの取組みを共に進め、想いを共感するパートナーであり、アプレのこの事業が成功することを期待しています。

 

 

|株式会社フードサプライ

 竹川敦史(代表取締役社長)

弊社は「野菜の流通」「八百屋」ではなく「野菜のライフラインをつくる企業」を目指しています。アプレと出会って、彼らの目指す事業展開や研究活動が、弊社の目指す新しいモデルの構築とマッチすると確信しました。彼らが生産するとても特徴のある野菜を消費者に届けることで、アプレの事業を応援しようと考えています。

 

 

|フレンチレストラン シェ・ケン

 山口 賢(代表取締役)

私は千葉で38年フレンチレストランを経営しています。アプレのクレソンは他にない柔らかさと味わいがあります。クレソンが栄養価が高いにも関わらず、それが世間に知られていないことから、これを使った新しい感覚のサラダを作ってみようと思いました。この事業が成功するよう願っています。

 

 

【留意事項】

リターンの返礼品の発送について

新型コロナウィルスの影響でお届け日が遅延する可能性がございます。その際には弊社コールセンターにてメール、お電話によりお客様とご連絡を取らせていただき、ご迷惑のかからないように対応させていただきます。

 

プロジェクト実行責任者:
高橋 廣介(株式会社アプレ)
プロジェクト実施完了日:
2022/03/31

プロジェクト概要と集めた資金の使途

●農法技術の改良と深化 1)養液無廃棄技術の深化 2)美味しさの追求 3)大量生産イノベーション 4)科学的知見による定量化 ●特許申請 ●新商品開発 ※詳しくは、本文を参照ください。

プロフィール

天然・自然の共生の環としての農業技術開発に挑戦しようと人生最大のプロジェクトとしてアプレを起業しました。意思を持ち続けて早くも15年。もう少しで形になりそうなところまで来ました。みなさんのご協力で目標を達成したいです。1948年生まれ、東京都出身、早稲田大学文学部中退

リターン

3,000


alt

お気持ちコース

・感謝のメール、活動報告をお送りいたします。

※お野菜のご進呈はありません。

支援者
14人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年1月

10,000


北海道野菜セットご進呈(月1度2ヶ月間)

北海道野菜セットご進呈(月1度2ヶ月間)

・アプレの贅沢サラダ野菜 8種類のうち4種を各2品ずつ
・北海道厳選野菜2~4品(各季節の旬な品目をチョイス)
・お届け先、お届けのタイミングをご指定いただけます

・感謝のメール、活動報告をお送りいたします
・ご希望の方に弊社ホームページの支援者名簿にお名前を記載します
・弊社施設への見学優待いたします(2名様まで)

支援者
39人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年1月

27,000


北海道野菜セットご進呈(月1度6ヶ月間)

北海道野菜セットご進呈(月1度6ヶ月間)

・アプレの贅沢サラダ野菜 8種類のうち4種を各2品ずつ
・北海道厳選野菜2~4品(各季節の旬な品目をチョイス)
・お届け先、お届けのタイミングをご指定いただけます

・感謝のメール、活動報告をお送りいたします
・ご希望の方に弊社ホームページの支援者名簿にお名前を記載します
・弊社施設への見学優待いたします(2名様まで)

支援者
8人
在庫数
992
発送完了予定月
2022年1月

40,000


北海道野菜セットご進呈(月1度10ヶ月間)

北海道野菜セットご進呈(月1度10ヶ月間)

・アプレの贅沢サラダ野菜 8種類のうち4種を各2品ずつ
・北海道厳選野菜2~4品(各季節の旬な品目をチョイス)
・お届け先、お届けのタイミングをご指定いただけます

・感謝のメール、活動報告をお送りいたします
・ご希望の方に弊社ホームページの支援者名簿にお名前を記載します
・弊社施設への見学優待いたします(2名様まで)

支援者
13人
在庫数
987
発送完了予定月
2022年1月

70,000


北海道野菜セットご進呈(月1度20ヶ月間)

北海道野菜セットご進呈(月1度20ヶ月間)

・アプレの贅沢サラダ野菜 8種類のうち4種を各2品ずつ
・北海道厳選野菜2~4品(各季節の旬な品目をチョイス)
・お届け先、お届けのタイミングをご指定いただけます

・感謝のメール、活動報告をお送りいたします
・ご希望の方に弊社ホームページの支援者名簿にお名前を記載します
・弊社施設への見学優待いたします(2名様まで)

支援者
1人
在庫数
99
発送完了予定月
2022年1月

プロフィール

天然・自然の共生の環としての農業技術開発に挑戦しようと人生最大のプロジェクトとしてアプレを起業しました。意思を持ち続けて早くも15年。もう少しで形になりそうなところまで来ました。みなさんのご協力で目標を達成したいです。1948年生まれ、東京都出身、早稲田大学文学部中退

あなたにおすすめのプロジェクト

NEXT GOAL挑戦中
【試験蒸留成功!】鹿児島の焼酎蒸留所がウィスキーで世界挑戦 のトップ画像

【試験蒸留成功!】鹿児島の焼酎蒸留所がウィスキーで世界挑戦

伊古田 大輔伊古田 大輔

#生活用品

162%
現在
487,500円
支援者
22人
残り
46日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの実施相談をする
プロジェクトの相談をする