プロジェクト概要

 

本プロジェクトは福井県が「クラウドファンディング型ふるさと納税」の対象事業として認定しています。寄附の方法は通常のクラウドファンディングと同じですが、実質負担2千円で寄附できるメリットがあります。(ただし、上限があります。詳細は福井県のHPをご覧ください。)

 

東京から福井へ。アート文化発展のための第一歩を。

 

このページに目をとめてくださった皆様、はじめまして。「アートメイドインフクイ実行委員会」の小鶴乃哩子(こづるのりこ)と申します。2017年まで都内を拠点に脚本家として活動していました。両親の体調が悪化してしまったことにより、昨年からは福井県に戻りました。両親の介護と子どもの育児を行ないながら、福井工業大学大学院に通い、現役女子大生脚本家として映画制作に励んでいます。


そして今、私が福井でできることは、東京での経験を活かし、福井に新しい風を吹かせることだと考え、福井にゆかりのあるクリエイターが県内で活動できるように、クリエイターが集まる団体「アートメイドインフクイ実行委員会」を立ち上げました。

 

この度は、福井のさまざまな分野のクリエイターたちが作品を発表できる環境をつくるため、福井県民ホールで福井発のシネマコンサートを開催します。しかし、映画の制作費やシネマコンサートの開催費で約600万円もの金額がかかっています。

 

そこで今回、クラウドファンディングを利用させていただき、費用の一部である80万円を募らせていただきます。本イベントは一過性のものではなく、第2回、第3回と継続的に行っていく予定です。福井から全国、そして世界へ発信していくための第1歩となりますので、どうか皆様、ご支援のほどよろしくお願いします。

 

キャストとの1枚。温かいご寄附をお待ちしております。

 

 

アートメイドインフクイ立ち上げのきっかけ

 

昨年、福井に住んでいた父がアルツハイマー型認知症で倒れ、さらに父を介護していた母自身が初期認知症になってしまいました。そのため、脚本家としての仕事をストップし、福井に居を移し、地域のあたたかい人たちに助けられながら、介護と向き合う日々が始まりました。そして、父を介護施設に入所させることができた後、母は少しずつ安定していきました。そんなとき、ふと思ったのです。
 

「福井で、脚本家の仕事ができるのだろうか」


そんな不安が自分を襲い、不甲斐ない自分を責めてばかりいました。しかし、やはり心に思ったことは、「書きたい!作りたい!」の一点でした。書ける場所を見つけるんじゃなく、書ける場所を作ればいいんだ。そう考えたのです。それ以来、「福井でドラマをつくりたい、映画を撮りたい」と周りの人たちに言い続けました。

 

その中で、福井在住の映像クリエイターやデザイナーとつながっていきました。アートメイドインフクイの副代表である山本晴香と出会ったのも運命のようでした。はじめは個人的な「書きたい、作りたい」という想いからでしたが、山本晴香のユニット『玉響』のような才能も将来性もあるアーティストとの出会いによって、「この福井で私にもできることがあるんじゃないか」と考えるようになったのです。

 

そこで、「福井にはこんなクリエイティブな人たちがいる。これなら東京に負けないクオリティのものがつくれる。」と確信し、「福井のアーティストやクリエイターを育てる・つなぐ・つくる」をテーマに、山本と一緒にアートメイドインフクイを立ち上げました。

 

山本(左)と小鶴(右)です。

 

 

幸福度日本一、福井県の現実

 

福井県は、全47都道府県幸福度ランキングでも三回連続日本一(出典:「全47都道府県幸福度ランキング2018年度版」)に輝く「人、もの、こと」という地域資源が豊かな地方都市です。一方で、福井でものづくり(特に映像制作など)をする若者たちは、東京・大阪・京都・金沢に出て活動する傾向にあります。

 

そのような背景もあってか、福井のアートシーンが盛り上がる環境も減り、芸術関連のメディアも他県に比べ少ないというのが現状です。そんな状況にアートメイドインフクイが一石を投じるためにも、どうか力を貸してください。私たちの展開を見守ってください。そして一緒にムーブメントをつくってください。

 

撮影の様子です。

 

 

ジャンルを超えたの艶やかな生演奏で、体感するシネマコンサート「こひ。」を開催します!

 

<シネマコンサート「こひ。」>

日程:10月6日(土)19時〜

場所:福井県民ホール(アオッサ8階)

内容:

・和洋折衷グループ「玉響(たまゆら)」のコンサート

・生演奏付きの映画「フレル。~feel~」の上映       

問い合わせ:

・福井県民ホール tel:0776-87-0003

・コンチェルト株式会社 tel:0778-42-6605

 

 

今回、私たちは福井発の映画を製作し、艶やかな生演奏で映画を体感できる「シネマコンサート」を開催します。テーマは「恋」です。

 

玉響(たまゆら)によるフルート・箏(こと)・ピアノによるジャンルを超えたコンサートも開催します。このイベントは、体感型アトラクションのような作品をイメージしています。「映画」×「生演奏」で、臨場感のある体験をしていただくことができます。

 

このような活動を継続的に行っていくことで、福井で活動するアーティストや、この道を志す方々が活動・発表する場を多く設け、福井から世界に発信することで、福井で芸術文化活動に関する仕事ができる環境を増やしていきたいと考えています。まずは、その素晴らしい生演奏と圧倒的に美しい映画が出合うことで生み出される「シネマコンサート」という、これまでにないアートを目撃しに来てください。

 

 

 

福井県のアートシーンを盛り上げるために

 

シネマコンサートが、毎日の生活や日常に疲れた大人の癒しの場になればと考えています。今回のテーマである「恋」は、特に子育て中の主婦や、仕事に燃える女性に向けて、心のトキメキや、どこかに置き忘れた恋心をもう一度思い出していただき、自分だけの特別な時間を過ごしてもらいたいと考えています。

 

「こひ。」のワンシーン

 

私自身も、両親の介護と育児という「ダブルケア」の真っただ中に直面していますが、それでも「やりたいことはやれる」と日々、全力でこのイベントに向けて準備をしています。

 

福井県内だけでなく、全国的にも私と同じような境遇の方はいると思っており、そんな方々に元気を与えられるのではないかと思います。そして、どんな状況でも諦めずに、仲間を増やし、ひとりひとりが少しずつ夢を叶えていく姿を、アートを目指す若者や子供たちに示していき、未来のアーティストを育成する、そんなプラットホームとなるプロジェクトにしていきたいと願っています。

 

1度のイベントで終わるのではなく、今後も活動を続けていき、福井でも、ものづくりができることを体現したいです。第2回のイベントは2019年の春から秋にかけて、県内外問わず開催する予定です。未来の福井のアートシーンを盛り上げるために、皆様どうぞご支援お願いいたします。

 

福井のアートシーンを私たちと盛り上げましょう!

 

 

ギフトのご紹介

 

今回、ご寄附いただいた方には、金額に応じて、ギフトを送らせていただきます。スタッフTシャツやマグカップなどはクラウドファンディング限定のプレミアグッズでございます。また、メッセージ入りDVDはご寄附いただいた方のために作らせていただいたオリジナルのものになります。

 

<グッズ詳細>

■ポストカード(小鶴乃哩子のサイン入り)

■玉響CD(玉響のサイン入り)

■Tシャツ(小鶴乃哩子、玉響のサイン入り)

 

温かいご寄附をお待ちしております。

 

 

本プロジェクトにおける寄附の流れ

 

本プロジェクトは、福井県が新たに創設した「ふるさと納税による新事業創出支援事業」の対象事業として認定されています。

 

そのため、このプロジェクトに対する個人による寄附はふるさと納税の対象となり、ご寄附頂いた額に応じて、個人住民税等から一部が控除されます。(企業版ふるさと納税の対象ではないため、法人による寄附はふるさと納税の対象となりません。)

 

寄附金は福井県がふるさと納税として領収し、その寄附金から寄附代行手数料を除いた額を、奨励金として事業者に支給します。

 

その他、ふるさと納税の詳しい内容や注意点については、福井県のHPをご参照ください。

 

 

個人情報の取り扱いについて

 

本プロジェクトは福井県の「ふるさと納税を活用した新事業創出支援事業」に認定されたプロジェクトであり、ご寄附者様の個人情報は、福井県に提供されるほか、福井県を通じて本事業者にも提供されます。この点をご了解頂いたうえで、ご寄附をお願いいたします。

 

 


最新の新着情報

このプロジェクトに寄附する
(※ログインが必要です)