プロジェクト概要

子どもたちに心が思いきり解放される楽しいひとときを

 

はじめまして。ARTS for HOPE 代表の高橋雅子と申します。

わたし達は震災直後からアートで被災地を応援する活動を続けています。岩手・宮城・福島の沿岸地域を中心に、幼稚園や保育園、小学校、児童クラブ、仮設住宅などを訪問し、開催したプログラムは200件を超えました。その活動の1つとして、原発に近い福島県南相馬市で行われる南相馬復興応援イベント「Happy Dream in 雲雀ヶ原」に参加いたします。これは、会場を子ども達の作ったお花で一杯にするイベントで、昨年の大盛況を受け今年もたくさんの子どもたちを笑顔にするため第二回目を開催。私たちは、その中で「Happy Flower Project」というイベントを実施いたします。現在、地元の方々の協力のもと動いているのですがどのイベントも無料で提供するため、開催費集めに苦労している現状です。今回、皆さまにはこのイベントの実施費用をご支援していただきたいと考えております。

 

屋外の解放された空間で 会場中お花一杯にして子どもたちを笑顔にするイベントの開催にご協力いただけないでしょうか。

(昨年の会場の様子 当会場内で開催されている「のまおい夢気球プロジェクト」)

 

イベントをはじめたきっかけ

突然襲った震災、津波、そして原発事故、南相馬市を中心とした相双地区の子どもたちは、遊び場と友人を失い、いつも線量計を携帯した不自由な生活をしています。徐々に戻ってきてはいるものの、未だ閉鎖された学校、幼稚園も数多くあります。震災時の恐怖と同時にこれから長く続く見えない敵との戦いの不安は計り知れません。出会った小学4年生の女の子がガン保険に入っているという事実に衝撃を受けました。子どもたちの笑顔はかけがえのないものです。明るく振舞う子どもたちですが、居場所を失い、たらい回しにされて、悲しみと我慢を溜め込んでいます。そんな相双地区の子どもたちの心が開放され、楽しみ、笑顔が生まれ、押さえ込んでいるストレスを発散できるために何か出来る事がないかと考えていた時、南相馬市の地元の方々からお話をいただき、「南相馬復興応援イベント」プロジェクトを始める事になりました。

(まだまだ入れない警戒地域がすぐ隣接している。)

 

第一回「南相馬復興応援イベント」を開催して

「わぁ、お花のじゅうたんみたい!」

「ここにどんなお花を描いてもいいの?」

会場は野馬追いで有名な雲雀ヶ原。青空に色鮮やかな気球が舞い上がり、広い原っぱには全国から寄せられたお花が見渡す限り並んでいる。子どもも大人も解放感でいっぱいでした。大きなキャンパスに楽しそうに一生懸命絵を描く子どもたち、きらきらした目で見つめる子どもたち、喜ぶ子どもたちの笑顔を見て、家族や地域の大人たちも心にたまった疲れを忘れ、少しでも元気になれたのではないかと思います。

(夢中で絵を描く子ども、と大人)
 

イベント開催への障害

今年も地元の人々に協力をお願いされて、この第2回南相馬復興応援イベント「HappyDream in 雲雀ヶ原」に参加することになりました。今年は、更なる充実を図り、地域活性化をはかりたいと考えており、地元商店主と共に、資金集め、人材集め、材料調達、PR活動を積極的にしています。しかし、震災から2年経ち、全国の方々の関心度は格段と下がっている為、寄付金もままならず、財政的危機を向かえています。準備には当日どのプログラムも無料の為負担経費が多くかかります。現在、地元精肉店店主が孤軍奮闘している状況です。このイベントをぜひ開催し、南相馬市の子どもたちを笑顔にし、厳しい状況で頑張っている地元の方々を元気づけたいとの思いで、地元商店街の方々、当NPO共に、積極的に動いているのですが、現状資金集めは厳しい状態にあります。厳しい環境で悲しみや我慢を抱え込みながらも一生懸命前を向いて進もうとしている人達の笑顔のため、ぜひご協力いただけないでしょうか。
(子どもたちの笑顔は、未来への宝物)
 

「Happy Flower Project」への思い

みなさん、震災は過去の歴史の一部ではありません。まだ、終わってないのです。そして何も始まっていない状況なのです。居場所がないことの辛さを想像してみてください。未来に不安を抱えての生活を想像してみてください。
何かに夢中になる。自分で作ったものに達成感を感じる。それが生きる希望となると私たちは信じて、この活動を続けています。
このイベントを通して、震災の影響で遊び場と友人を失い、屋外滞在時間を制限されている南相馬の子どもたちは、心が開放され、楽しみ、笑顔が生まれ、押さえ込んでいるストレスを発散できるでしょう。その子どもたちの笑顔に、家族や地域の大人たちは癒され、元気をもらえると思います。津波で壊れ、原発事故で立ち入り禁止地域もあり、人口が減り、活気が無くなった地元の人々にとっての貴重な交流の場となり、地域の活性化促進の一助となるだろうことは間違いないと確信しています。皆さまに是非支援していただき、プロジェクトを成功させたいと思っています。
ご支援をどうかよろしくお願い致します。
(参加者の笑顔)
 
 

 

イベント詳細

開催日時:2013年3月30日

 

開催場所: 福島県南相馬市原町区雲雀ケ原祭場地
プログラム:  6:30 開場
9:00~プログラム開始
 
プログラム詳細


①「Happy Painting~夢を描こう!未来を塗ろう!~」
会場に設営した巨大屋外キャンバスに、来場した子どもたちと、のびのび楽しいお絵かきを行います。
②「Happy Flower Project~希望の花を咲かせましょう!~」
これまで訪問を重ねた地元幼稚園・小学校・児童クラブなどの子どもたちに、あらかじめ「Happy Flower」を制作してもらい 会場にみんなの希望の花をインスタレーションし、当日、展示を楽しむ。当日も制作コーナーを設け、できた作品を加えていきます。
③「のまおいLIVE!希望の花を咲かせましょう!」  
心震わす歌と踊りを楽しむライブ。各地から駆けつけるアーティストたちに加え、地元の若者や子どもたちの歌や踊りも コラボレーションさせたライブの実施。ここでは子どもたちに限らず、地元の方々が年代を超えてみんなで楽しめる時間を過ごします。

④プレゼントコーナー
オリジナル缶バッジ、文房具、画材、地元野菜、コロッケなど、それぞれ先着で無料配布させていただきます。
⑤フードコーナー      等企画
 

引換券について

・お礼状

 

・当日の様子のポストカード

 

・HP,FBにお名前記載

 

・オリジナル缶バッチ

 

・当NPOのHappy Doll Projectの記録本(1200円相当)

 

・南相馬の美味しい焼き鳥セット(1万円相当)

 


最新の新着情報