READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
寄附型
成立

コロナ禍でも世界はひとつ。途上国の社会起業家にエールを!

コロナ禍でも世界はひとつ。途上国の社会起業家にエールを!

寄附総額

5,520,000

目標金額 3,500,000円

寄附者
281人
募集終了日
2020年8月31日
281人 が寄附しました
プロジェクトは成立しました!
11お気に入り登録
11人がお気に入りしています

11お気に入り登録
11人がお気に入りしています

プロジェクト本文

「あなた」と「途上国の社会起業家」を「ARUN Seed」がつなぐ。

 

 

こんにちは!NPO法人ARUN Seed(アルンシード) 代表理事の功能聡子(こうのさとこ)です。私たちは、社会的投資の研究、普及、発展を目的として、2014年3月に発足し、社会課題に取り組む起業家を、投資の形で支援してきました。


新型コロナウイルスの影響は、世界のあらゆる場所に広がっています。私たちは、身近な人々の健康を気遣うと共に、世界の人々も同じ病気の恐怖と闘っていることを知り、同じ地球上にいるということを、今までになく感じています。

 

写真は、インドのIT産業の最先端を行く都市、バンガロール郊外で撮影しました。酪農家と市場をつなぐIoTサービスを開発したステラップス社の若手スタッフと共に、農村を訪問した時のものです。彼らのような、地域の産業にイノベーションで貢献していく起業家を、コロナ禍においても応援し、コロナ禍で影響を受けやすい、脆弱な地域や立場にいる人々を助けていくには、どうしたらいいか、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。


ぜひ最後までお読みいただき、この社会的投資の取り組みに、ご参加、ご支援いただけましたら幸いです!

 

 

*2020年9月30日更新:

 
6月29日から8月31日にかけて行ったクラウドファンディングは、皆様からの温かいご支援のおかげでネクストゴールを達成し、終了することができました。皆様、本当にありがとうございます。
 
大変ありがたいことに、281人のご寄付者に恵まれ、281の応援コメントに励まされ、552万円のご支援を得ることが出来ました。
 
第一目標金額に思いの外早く到達し、ネクストゴールは最終日に達成するという感動的なフィナーレを迎えることができ、プロジェクトメンバー一同感激しておりました。
 
現在は、皆様からお預かりした「意志あるお金」を途上国の志を持つ起業家に届けるべく、ビジネスコンペティションの実行に移っています。


第3回目のCSIチャレンジでも、素晴らしい途上国の社会起業家との出会いがあると信じています。12月の最終審査会、そしてその後の投資実行まで、ゴールを目指して駆け抜けます。


その結果は、報告書の形式で来年初旬に皆様にお届けします。
 
今後の活動については、ARUNのホームページ、SNSなどで随時ご報告させて頂きたいと思います。ビジネスコンテストの選考過程についても情報発信をして参りますので、どうぞご覧ください。


-------------------

目次

 

01. 皆さまのご寄付と想いを社会起業家に繋ぎ、ビジネスを通じてコロナ禍を生きる途上国の人々を支えます

 

02. 新型コロナウイルスの影響を受けた、途上国のいま

 

03. ビジネスを通じて、途上国の人々の力になりたいと考える起業家がいます

 

04. ビジネスコンペティションを通じ、途上国の有望な社会起業家を発掘し支援します!

 

05. ARUN代表:功能聡子からのメッセージ

-------------------

 

 


皆さまのご寄付と想いを社会起業家に繋ぎ、ビジネスを通じてコロナ禍を生きる途上国の人々を支えます

 

途上国には、貧困、児童労働、女性の地位の低さなど、多くの社会課題が存在していますが、その解決に必要なのは、物資の援助や資金の提供だけではありません。その国で生きる人々が自分たち自身の手で、課題や困難を解決していこうという強い意志。それこそが、彼ら自身の未来を作っていく糧になります。

 

だからこそ、私たちはこれまで、途上国の課題を解決するという情熱を持った現地の社会起業家を、社会的投資という形で支援してきました。ビジネスという、国や地域で循環し、自走していく方法によってこそ、人々が希望を持てる、持続的な社会の発展が可能になると信じているからです。
 

*社会的投資は、ビジネスを通じて貧困、雇用、環境などといった社会の様々な問題を解決していけるという社会的リターン、そして、投資した資金がビジネスの成功により大きな資金になる経済的リターン、そのどちらも追い求めるという、日本ではまだ例が少ない新しい仕組みです。

 

具体的には、社会的投資の実践の一つとして、社会起業家を発掘する「ビジネスコンペティション」と、日本で寄付を呼びかけながら社会的投資を促進するためのプラットフォームづくりを目指す「クラウドファンディング」の両輪で構成される「CSIチャレンジ」を、過去2回、行いました。私たちは、CSIチャレンジを通して、日本を含むアジアの社会起業家の方々と日本の皆さんを繋ぐ役割を果たしたいと考えています。

 

 

今、新型コロナウイルス感染症の脅威は、途上国により大きな影響をもたらしています。特に、社会的に弱い立場におかれている女性・子ども・難民が深刻な問題に直面しています。


途上国の様々な課題に直面している人々を、現地で助けることのできる起業家を発掘し、彼らのビジネスを投資の形で支援できないか。同時に、日々の困難に向き合っている彼らへの共感の想いを、クラウドファンディングという形で可視化し、繋ぐことで、ウイズコロナ・アフターコロナの時代における国を越えた新しい市民社会の連帯を生み出せないか。


そう考えた私たちは今回、持っている知識・経験を最大限活かすべく、第3回目のCSIチャレンジ(CSIチャレンジ3)のプロジェクトを立ち上げることとしました。さらに、新型コロナウイルス感染症の影響は国境を超えると考え、対象地域をアジアから世界に広げることとしました。
 
皆さまから頂くご寄付が、社会起業家への支援(社会的投資)に活用され、新型コロナウイルス感染拡大によって影響を受ける途上国の人々を支えます。ARUN Seedは、その想いの乗ったお金を、責任をもって、現地の課題をビジネスで解決しようと奮闘する起業家に託します。

 

 

 


新型コロナウイルスの影響を受けた、途上国のいま

 

途上国には、深刻な環境汚染や、トイレも水道もないスラム、電気も通っていない農村といった劣悪な居住環境など、安全な暮らしを脅かす課題が数多くあります。


さらに、新型コロナウイルス感染症の流行は、貧困層の増加を急激に加速させつつあります。例えば、感染拡大により収入が減少することで、1日5.5ドル以下で暮らさなければならない人が新たに5億人増えると予測*されています。

*出所:国連

 

途上国の中でも、特に弱い立場にいる女性・子ども・難民が置かれている状況について、ご紹介します。

 

 

インドでは、家政婦は貴重な働き口です。約400万人*が家事労働者として働いており、その大部分はスラム出身や農村部から出稼ぎにきた女性です。しかし、新型コロナウイルス感染症によるロックダウンで、家政婦を雇えない家庭が増えています。このことにより女性は経済的な自立の手段を失ってしまいます。インドの新型コロナウイルスヘルプラインには、「仕事を失ってお金がない」、「子どもをどうやって食べさせれば良いのか」といった相談が多く寄せられています。

*出典:BBC

 

 

 

途上国では、政府による外出規制や経済活動の制限により、家族の大黒柱である父親が職を失った結果、僅かな貯金が1〜2ヶ月程度で底をつき、家賃が払えず家を追い出される家族が増えています。パレスチナ人・シリア人の女性達を社員として雇っているメイさんは、「家族内の雰囲気が悪くなり、家庭内暴力により女性が被害を受けるケースが目立ってきている」と危機感を募らせています。国連は、新型コロナウイルスによる社会の規制・制限が6ヶ月間続いた場合、暴力を受ける女性が3,100万人、望まれずに生まれてくる子どもが、700万人増える*と推計しています。
 

*出典:UNFPA

 

BBC Review

 

 

 

新型コロナウイルスの影響で学校が休校となり、世界で約3億7,000万人の子どもたちが給食を食べられなくなっています*。これらの子どもの多くは貧しい家庭の子どもたちで、食事を毎日の給食に頼っています。給食がなければ、必要不可欠なビタミンや栄養素の摂取ができません。貧しい家族にとって学校給食一食分の価値は、世帯月収の約10%**に相当するため、休校期間中に同じ栄養を子どもに与えることは、家庭にとっても大きな打撃になります。

*出典:UNICEF
*出典:WFP

 

UNICEF

 

 

 

新型コロナウイルスの影響で日々の生活がどんどん苦しくなる中、家族の判断により学校を退学させられ、代わりに少しでも収入を得るようにと児童労働を強制される子ども達が増えています。イラクやレバノンで活動するラナさんによると「女の子の場合は性的搾取、男の子の場合は路上販売などを強いられている」現状があるのです。

 

 

 

 

難民の人々は、祖国の紛争により故郷を離れ、キャンプで暮らしています。新型コロナウイルスの影響により、彼らもソーシャルディスタンス(社会的な隔離)が必要になりましたが、難民キャンプではお互いが密集して生活しており、ソーシャルディスタンスは著しく困難です。これにより彼らは、新型コロナウイルス感染症の危険にさらされています。

 


New York Times

 

 

 

ヨルダンには、約65万人ものシリア難民が住んでいるといわれています。難民支援を行う国際NGOで働くラフルさんは「新型コロナウイルスの感染を防ぐため都市封鎖が行われた結果、94%の難民家庭が1ヶ月で食糧・貯金などの蓄えをほぼ全て失ってしまった」といいます。難民キャンプ内での感染を防ぐためにキャンプ外への移動が限られているため、最低限の資源だけで毎日やりくりしなければいけないのです。

 

*出典:UNICEF

 

ウガンダなど、アフリカ各国からの難民を多く抱える国の難民キャンプでは、外国人スタッフが各国の要請により緊急帰国したり、各国からの支援金額が減ってしまうなどの理由で、食糧の配給などが間に合っていないケースも見受けられます。

 

africanarguments

 

 


ビジネスを通じて、途上国の人々の力になりたいと考える起業家がいます


これまでARUN Seedは、たくさんの社会起業家に出会ってきました。


「社会的に弱い立場に置かれた人々の力になりたい」、「ビジネスを通じ、農家の収入を安定させたい」、「人々に安全な水を供給したい」、「女性が安全に働ける環境を整えたい」。そんな生活に根差した意思を持った社会起業家へ、ARUN Seedは投資をしてきました。

 

社会起業家の例:ブックマイバイ(インド)

 

家事労働者として働く女性たちが住むスラムを訪問(ブックマイバイ社、ムンバイ、インド)

 

ブックマイバイは、「インドの女性に安全に働ける環境を提供し、収入向上の手助けをしたい」という想いから、家事労働者と利用者を繋ぐマッチングサービスを提供しています。

 

インドでは、女性の社会的地位が低いため、十分な教育を受けることが難しく、仕事を見つけることはとても困難です。その中で、インドの女性にとって、家事労働は大きな働き口です。一方で、家事労働者として働く女性も課題を抱えています。例えば、カーストや宗教、人種による差別を受けたり、給与が支払われない、長時間労働を強要される、などです。また、暴力や性的虐待、人身取引、14歳未満の児童労働などの犠牲になる人もいます。
 

ブックマイバイは、インドの女性を取り巻くこのような課題を解決することを目指しています。


同社は、家事労働者を雇いたい人と家事労働者として働きたい女性をマッチングさせるオンラインのサービスを提供しています。効率的で安全なマッチングを通じて、女性が働く機会をつくることで、収入向上と社会進出を後押ししているのです。

 

また、雇用主の身元確認、契約時のスタッフの介在、24時間ヘルプラインの設置などにより、弱い立場に置かれやすい女性の労働環境の改善・身体的安全の確保を実現しています。

 

新型コロナウイルスの影響で仕事をなくす家事労働者も増えており、ブックマイバイの利用者も例外ではありません。

 

新型コロナウイルスの打撃は同社にも広がっていますが、このように大変な環境下でも、社会的に弱い立場におかれた人々を支え、社会課題を解決することを目指す彼らは、今日という日も、情熱を胸にビジネスを営んでいます。
 

家事労働者として働く女性 (ブックマイバイ社、ムンバイ、インド)

 

 

 


ビジネスコンペティションを通じ、途上国の有望な社会起業家を発掘し支援します!

 

冒頭でご説明したように、皆さまからのご寄付を募る「クラウドファンディング」と、社会起業家から募集を募る、ビジネスコンペティションの両輪で構成される「CSIチャレンジ3」を実施します。ビジネスコンペティションの優勝企業には、ARUN Seedが社会的投資を行います。皆様にいただいたご寄付を投資として活用し、さらなるビジネスの発展やそこから生まれるリターンを再投資に回すという、経済的な循環への一歩を踏み出すことで、現地の人々の生活向上を実現するためのプロジェクトです。

 

*認定NPO法人ARUN Seedでは、既存投資先企業のビジネスが発展することで利益が得られた場合は、その全額を新規企業に対する投資に充てていきます。

 

なお、今回のビジネスコンペティションは、新型コロナウイルス感染症が流行する状況を踏まえ、オンラインを中心とした開催とします。また、今まで行っていた応募企業の現地調査は、現地のパートナーやプロボノメンバーとも連携しながら、日本から遠隔で行っていく予定です。

 

 

 

CSIチャレンジ3には、財団・企業などの皆さまからも多大なるご支援をいただいております。

 

公益財団法人 笹川平和財団 様

MS&ADゆにぞんスマイルクラブ 様  

後援

国際協力機構 様

 

 

CSIチャレンジ3の詳細

 

▼応募〜選考スケジュール
2020年

6月~8月:クラウドファンディング
7月~8月:ビジネスコンペティション募集受付(オンライン)
9月:ビジネスコンペティション書類審査(オンライン)
10月:ファイナリスト(数社)選定
11月:ファイナリストによるプレゼンテーション(オンライン)
12月:優勝企業決定&寄付者の皆さまへご報告


2021年
1月~:デューデリジェンス、投資交渉
4月~:モニタリング
※新型コロナウイルスの影響により、スケジュールおよび内容に変更のある場合があります。

 

 

▼主な選定基準 (一例) 
・現地の人々に与えるインパクト(特にコロナウイルスによる影響)の大きさ
・ビジネスの持続可能性
・企業の組織体制(オペレーションやガバナンス体制)

 

農村に地下水浄化システムを設置、村の事業者とフィールドスタッフ(ドリンクウエル社、バングラデシュ)

 

 

▼過去のCSIチャレンジでの選考・採択実績

 

(左)農家は朝晩、絞った牛のミルクを村の集荷所に持ってきます。並んでいるのは、ステラップスが設置した機器。ミルクの質と量を計測し、データをその場で農家と共有し、さらにクラウドで管理することができます。(ステラップス提供)

 

(右)ゴミのリサイクル事業(ロンボク島、インドネシア)

 

 第1回目のCSIチャレンジでは、“Innovation×Social Challenge For Next Generation”をテーマに、社会課題の解決を目指すアジアの社会的企業を募集しました。


アジア8か国52社からの応募をいただき、書類選考を経て5社がファイナリストとして残りました。優勝企業であるステラップス社は、IoT技術を活用した酪農セクター向けのデバイスを提供する会社です。
 

ステラップス社はARUN Seedに加え、現在では、ビル&メリンダ・ゲイツ財団を始めとした名だたる投資家から資金を調達する、注目のスタートアップです。


 

 

 

(左)家事労働者の女性たち(ブックマイバイ社、ムンバイ、インド)

(右)農家向けのスマホアプリの普及(グリーンイノベーター社、ミャンマー)

 

2回目の実施となるCSIチャレンジ2では、第1回に引き続きクラウドファンディングを活用し、前回を超えるアジア15か国128社からの応募をいただきました。

書類選考を経てファイナリスト6社を選定し、優勝企業には、インドの家政婦マッチングサービスを展開するインドのブックマイバイが選ばれ、クラウドファンディングやスポンサーの皆様からのお金を原資に投資を行いました。

 

 


ARUN Seed 代表:功能聡子からのメッセージ

 

今年の3月初め、私はインド、バングラデシュにいました。当時、日本で新型コロナウイルスは、感染の発生源となった武漢とクルーズ船内の出来事のように感じていたことを覚えています。インドでは、私が入国した翌日から厳しい入国制限が始まり、3月中旬にはロックダウンが始まっていました。日本とは比較にならない厳格なロックダウン。それでも、インド国内の感染者は拡大し続けており、6月10日には、インド第二の大都市ムンバイの新型コロナウイルス感染者数は5万1000人に達し、武漢を上回りました。このニュースは、地元の人にも衝撃を持って受け止められています。

 

新型コロナウイルスによって、私たちの社会は大きなダメージを受けました。身近な人を感染症により亡くした人もいます。感染の恐怖と戦いながら、日々治療やケアに当たる医療従事者も、私たちの日常生活を維持するための様々なサービスに従事してくださっている方々もいます。そうした方々に感謝しつつ、私たちは今、コロナ前の社会システムでは対応できない、変わらなければいけない現実と向き合い始めています。

 

この現実は、世界の中でも貧しい国、途上国と呼ばれる国々にとっては、さらに厳しいものです。パンデミックが広がる以前から深刻であった貧困や感染症の問題は、こうした国の中でも脆弱な地域、脆弱な立場に置かれている人々を直撃し、一気に生活の危機、生命の危機に晒されることになっているからです。

 

今、私たちはそうした人々を助けるために現場に行くことはできません。しかし、現場にいる現地の人々と連帯することはできます。社会起業家は、パンデミック以前から、こうした社会の問題の解決に、長期的な視点で取り組んていた人たちです。今、社会システムそのものが変化している、ウイズコロナの時代だからこそ、起業家の持つ視点、例えば、目先の変化にとらわれず、問題の本質、変化を見極め、仲間を募り、アイディアを実行に移していく、起業家のスタイルが必要とされています。私たちは、彼らを、社会的投資で応援することで、厳しい状況にある、途上国の人々の問題の解決に向けて、連帯していくことができます。

 

最近、新聞紙上でも、SDGs、ESG投資といった言葉を目にすることが増えてきました。だからこそ、単に、経済的リターンも社会的リターンも得られる、と言うだけでなく、経済的リターンも社会的リターンも、今までよりもさらに長期で見ていくことが、求められていると思います。

 

私たちは、これまでのARUN Seedの活動を通して、どんな社会にも、どんな国にも、志を持つ起業家がいることを確信しています。違うのは、彼らを取り巻く環境、政府、政策、制度、様々な専門知識を持った助言者や助け手の存在です。途上国は、そうした社会全体の環境整備(エコシステムとも呼ばれます)の点で、ハンディキャップを負っていることが多いのです。これは、一方で、大きな成長のポテンシャルを持っていることに他なりません。ないない尽くしの中で奮闘する起業家の持つ志やエネルギー、発想力、現場力は、私たちを刺激し、魅了します。彼らと協力することで、困難に見える課題の解決に、彼方でも此方でも一歩づつ近づくことができると思います。

 

このクラウドファンディングが、遠く離れた地域、顔も知らなかった人と、出会う機会となり、彼らと共に、コロナ後の新しい社会を作っていく、一歩となりましたら幸いです。どうぞご支援をよろしくお願いいたします。

 

 

HP

Facebook

Twitter

 

 

税額控除について


ARUN Seedは、2017年7月28日に認定NPO法人として東京都に認められました。確定申告を行うことにより所得税・住民税合わせて最大で約50%の税額控除が受けられます。領収証のお名前はギフト送付先のお名前になります。

 

*READYFORから寄附金の引渡しを受けた日を寄附日とします。(2020年10月9日)

 

 

プロジェクトメンバー紹介

 

NPO法人ARUN Seed
功能 聡子(ARUN合同会社代表/NPO法人ARUN Seed 代表理事)
大杉 健一(NPO法人ARUN Seed 監事)
石川 博紳(NPO法人ARUN Seed プロボノメンバー)
大久保 明日奈(NPO法人ARUN Seed プロボノメンバー)
志賀 裕文(NPO法人ARUN Seed プロボノメンバー)
今井 絢 (NPO法人ARUN Seed プロボノメンバー)
倉嶋 麻里(NPO法人ARUN Seed プロボノメンバー)

陸 逸庭 (NPO法人ARUN Seed インターン)

石田 稀子(NPO法人ARUN Seed     インターン)
豊嶋 有希(NPO法人ARUN Seed     インターン)

 

 

 

写真

石川 洋平(ARUN合同会社パートナー/フォトグラファー)

 

 

クリエイティブディレクション
澁田 翼(Grand Slam)

 


ブランディングアドバイザー・テキスト監修
小野田 峻(小野田髙砂法律事務所 代表弁護士/ソーシャルスタートアップ向けシェアオフィス『social hive HONGO』運営)

 

 

プロジェクトページ   テキストサポート

木村 公洋(構成作家)

 

 

※本プロジェクトのリターンのうち、【お名前掲載】に関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

プロフィール

認定NPO法人ARUN Seed

認定NPO法人ARUN Seed

NPO法人ARUN Seed(アルンシード)は、社会的投資の普及・発展・研究を目的として発足したNPO法人です。 ARUN Seedでは、途上国への社会的投資を実践しながら、社会的投資の調査研究、情報発信を行い、インパクトインベストメントやソーシャルビジネスを推進する他団体とのネットワークを通して社会的投資を広め、日本から世界へ情報発信を進めています。

ギフト

5,000

alt

【感謝の気持ちを込めて】

■ サンクスメール

■ CSIチャレンジ報告レポート

■ 寄付金領収書

※複数口でのご寄付も可能です。ご自由にご寄付金額をご調整いただければと思います。        

寄附者
100人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月

10,000

alt

【途上国の社会起業家とつながる】オンライン報告会

■ オンライン報告会へご招待
*日時は追ってご連絡いたします。

+
----------
■ サンクスメール

■ CSIチャレンジ報告レポート

■ 寄付金領収書

※複数口でのご寄付も可能です。ご自由にご寄付金額をご調整いただければと思います。        

寄附者
114人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月

30,000

alt

【ARUN Seedを通して、社会起業家に託す!】

■ 途上国の社会起業家との対談動画(URL)

+
----------
■ サンクスメール

■ CSIチャレンジ報告レポート

■ オンライン報告会へご招待
*日時は追ってご連絡いたします。

■ 寄付金領収書

※複数口でのご寄付も可能です。ご自由にご寄付金額をご調整いただければと思います。        

寄附者
31人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月

50,000

alt

【ARUN Seedを通して、社会起業家に託す!】

■ ARUN Seed HPに、寄付者さまのお名前または、企業名を掲載いたします。(希望制)

+
----------
■ サンクスメール

■ CSIチャレンジ報告レポート

■ 途上国の社会起業家との対談動画(URL)

■ オンライン報告会へご招待
*日時は追ってご連絡いたします。

■ 寄付金領収書

※複数口でのご寄付も可能です。ご自由にご寄付金額をご調整いただければと思います。        

寄附者
22人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月

100,000

alt

【ARUN Seedを通して、社会起業家に託す!】

■ ARUN Seed HPに、寄付者さまのお名前または、企業名を掲載いたします。(希望制)

+
----------
■ サンクスメール

■ CSIチャレンジ報告レポート

■ 途上国の社会起業家との対談動画(URL)

■ オンライン報告会へご招待
*日時は追ってご連絡いたします。

■ 寄付金領収書

※複数口でのご寄付も可能です。ご自由にご寄付金額をご調整いただければと思います。        

寄附者
12人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月

300,000

alt

【起業家を応援!】功能聡子相談会(オンライン)

■ ARUN Seed代表:功能聡子 起業相談会(オンライン)
*1回のメンタリング
*個人のみ対象
*有効期限半年 

+
----------
■ サンクスメール

■ CSIチャレンジ報告レポート

■ 途上国の社会起業家との対談動画(URL)

■ オンライン報告会へご招待
*日時は追ってご連絡いたします。

■ ARUN Seed HPに、寄付者さまのお名前または、企業名を掲載いたします。(希望制)

■ 寄付金領収書

※複数口でのご寄付も可能です。ご自由にご寄付金額をご調整いただければと思います。        

寄附者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月

300,000

alt

【豪華なリターン不要の方へ】

ご支援の大部分をプロジェクトに使用させていただきます。

■ サンクスメール

■ CSIチャレンジ報告レポート

■ 途上国の社会起業家との対談動画(URL)

■ オンライン報告会へご招待
*日時は追ってご連絡いたします。

■ ARUN Seed HPに、寄付者さまのお名前または、企業名を掲載いたします。(希望制)

■ 寄付金領収書

※複数口でのご寄付も可能です。ご自由にご寄付金額をご調整いただければと思います。

寄附者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月

500,000

alt

【起業家を応援!】功能聡子 起業相談会(オンライン)

■ ARUN Seed代表:功能聡子 起業相談会(オンライン)
*1時間を想定
*2回のメンタリング
*チーム応募も可能
*有効期限1年 

+
----------
■ サンクスメール

■ CSIチャレンジ報告レポート

■ 途上国の社会起業家との対談動画(URL)

■ オンライン報告会へご招待
*日時は追ってご連絡いたします。

■ ARUN HPに、寄付者さまのお名前または、企業名を掲載いたします。(希望制)

■ 寄付金領収書

※複数口でのご寄付も可能です。ご自由にご寄付金額をご調整いただければと思います。        

寄附者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月

500,000

alt

【功能聡子 オンライン講演会】

■ ARUN Seed代表:功能聡子 講演会(オンライン:1回)
*有効期限1年
*1時間を想定

+
----------
■ サンクスメール

■ CSIチャレンジ報告レポート

■ 途上国の社会起業家との対談動画(URL)

■ オンライン報告会へご招待
*日時は追ってご連絡いたします。

■ ARUN HPに、寄付者さまのお名前または、企業名を掲載いたします。(希望制)

■ 寄付金領収書

※複数口でのご寄付も可能です。ご自由にご寄付金額をご調整いただければと思います。        

寄附者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月

500,000

alt

【豪華なリターン不要の方へ】

ご支援の大部分をプロジェクトに使用させていただきます。

■ サンクスメール

■ CSIチャレンジ報告レポート

■ 途上国の社会起業家との対談動画(URL)

■ オンライン報告会へご招待
*日時は追ってご連絡いたします。

■ ARUN Seed HPに、寄付者さまのお名前または、企業名を掲載いたします。(希望制)

■ 寄付金領収書

※複数口でのご寄付も可能です。ご自由にご寄付金額をご調整いただければと思います。

寄附者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月

1,000,000

alt

【功能聡子 講演会】ご希望の場所へ伺います

■ ARUN Seed代表:功能聡子 講演会(現地:1回)
*有効期限1年
*1時間を想定
*交通費は別途いただきます。

+
----------
■ サンクスメール

■ CSIチャレンジ報告レポート

■ 途上国の社会起業家との対談動画(URL)

■ オンライン報告会へご招待
*日時は追ってご連絡いたします。

■ ARUN Seed HPに、寄付者さまのお名前または、企業名を掲載いたします。(希望制)

■ 寄付金領収書

※複数口でのご寄付も可能です。ご自由にご寄付金額をご調整いただければと思います。        

寄附者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月

1,000,000

alt

【豪華なリターン不要の方へ】

ご支援の大部分をプロジェクトに使用させていただきます。

■ サンクスメール

■ CSIチャレンジ報告レポート

■ 途上国の社会起業家との対談動画(URL)

■ オンライン報告会へご招待
*日時は追ってご連絡いたします。

■ ARUN Seed HPに、寄付者さまのお名前または、企業名を掲載いたします。(希望制)

■ 寄付金領収書

※複数口でのご寄付も可能です。ご自由にご寄付金額をご調整いただければと思います。

寄附者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月

プロフィール

NPO法人ARUN Seed(アルンシード)は、社会的投資の普及・発展・研究を目的として発足したNPO法人です。 ARUN Seedでは、途上国への社会的投資を実践しながら、社会的投資の調査研究、情報発信を行い、インパクトインベストメントやソーシャルビジネスを推進する他団体とのネットワークを通して社会的投資を広め、日本から世界へ情報発信を進めています。

あなたにおすすめのプロジェクト

NEXT GOAL挑戦中

「屋久島の良さってどんなとこ?」高校生が考える地域貢献活動!

屋久島高校PTA屋久島高校PTA

#子ども・教育

120%
現在
1,200,000円
支援者
63人
残り
5日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする
プロジェクトの相談をする