プロジェクト概要

10月13日 都内屈指のパンイベント「世田谷パン祭り2014」に、

池袋の元ホームレスの人たちが仲間のために始めたパン屋さん

「あさやけベーカリー」が出店!

 

みなさん、こんにちは。世界の医療団・東京プロジェクトコーディネーターの中村あずさです。昨年のREADYFORのプロジェクトで、パン作りを通じたホームレスの人たちの社会復帰を目的とした「池袋あさやけベーカリー」の運営に、皆さんにあたたかいご協力をいただきました。おかげさまで、試行錯誤を続けながら今日もこの場所に集まる皆でパンを作ることができています。

 

そして今回、2014年10月13日(月・祝)開催の、都内を中心としたパン屋さんが集まる一大イベント「世田谷パン祭り2014」に出店させていただけることになりました!期待に胸ふくらませる一方で、まだ歩き始めたばかりの小さなパン屋が、こんなに規模の大きいイベントは初めてですし、思いがけない出店に急きょ準備を進めていますが、気持ちが焦る一方で、使い込んできたパン作りの機械が不調を起こすなどあり・・・通常の運営に関する予算も厳しい状況です。

 

出店のための諸経費(当日交通費、材料費、商品包装用品代、配布チラシの作成費用など)が不足しています。イベントまであと少し、急なお願いですが、準備に励む店主の山田さんとパンづくりに打ち込むメンバーの頑張りに、今年も皆さんのご協力をいただけないでしょうか。

 

(皆で心を込めて焼いたパン)

 

 

「池袋あさやけベーカリー」誕生秘話

 

 ここであらためてあさやけベーカリー

 の成り立ちをお伝えしたいと思います。
 私たちの東京プロジェクト(池袋での

 ホームレスの人々への支援活動)のた

 めに、パンを分けてくださっていた地

 域のパン屋さんがありました。しかし、

 そのパン屋のおかみさんがご病気で突

 然天国に旅立たれてしまいました。そ

 れから、しばらくは夫である山田さん

 がパン焼きを引き継いでくださってい

 ましたが、おひとりの孤独感や疲れか

 らすっかり元気をなくしてしまわれ、

 ついにお店は閉店、私たちとも連絡が

      (皆大好き山田さん)   とれなくなってしまいました。

 

そんな時、路上生活をしている仲間のため、そして山田さんに元気になってもらいたい気持ちから、元ホームレスの仲間たちが「一緒にパンを焼きませんか」と山田さんに伝えました。そこから少しずつ、山田さんとのパンづくりが始まりました。最初は交わす言葉も少なく緊張感みなぎるパンづくりも、次第に笑顔と話が止まらない明るく生き生きとした場へと変化しました。失敗もたくさんしましたが、毎週欠かすことなく、一生懸命パン作りに取り組む様子に感動した山田さんは、これをみんなの仕事にしたいと考え、「池袋あさやけベーカリー」というパン屋さんを立ち上げることにしました。

 

(「山田さん、一緒にパンを焼きませんか?」の言葉から始まった

元ホームレスの仲間のためのパン屋さん)

(池袋あさやけベーカリー)

 


以前にも増してパン作りに打ち込んでいるメンバーと、

店主の山田さんが中心となって、READYFORで再チャレンジをします。

 

次のステップは、「世田谷パン祭り」に出て私たちのパンを広めるということ。私たちは、2014年10月13日(月・祝)開催の、都内屈指のパンイベント「世田谷パン祭り2014」に出店が決定したのです!このイベントは、パン好きの間では、憧れのイベントでもあります。パンづくりのプロのみなさんやパン好きのみなさんに出会える素晴らしいチャンスです。 パン作りのメンバーに出店のお誘いがあったことを伝えると、驚きと喜びの声が上がりました。

 

「世田谷なんだからオシャレなパンがいいのかな」とか、「かっこつけても仕方ないんだから、定番の焼きそばパンやコロッケパンは?」など不安と期待の入り混じった掛け合いがここのところのパンづくりのあいだ続いています。 山田さんも「次の目標ができた」とニコニコ笑顔で、会うたびにどんなパンを出そうか、と話しています。

 

(どんなパンを皆に食べてもらおう?)

 

 

池袋あさやけベーカリーのみんなの挑戦を、

できるだけたくさんの人たちに、知ってほしい。

 

私たちは歩きはじめの小さな小さなパン屋です。多くの人に、池袋あさやけベーカリーのみんなの挑戦を知ってほしいと思っています。どうかイベント前のパンを作るところから、私たちと一緒に活動してください。そして、世田谷パン祭り当日は会場でちょっと背伸びかもしれないけど頑張る皆の姿をご披露できればと思います。そしてパン祭りをご一緒に楽しみましょう!応援をどうぞよろしくお願いします。

 

<<世田谷パン祭り2014のご案内>>

開催日:2014年10月13日(月・祝) 11:00~17:00

会場:世田谷公園、池尻小学校ほか
※「池袋あさやけベーカリー」は世田谷公園にて、

 11:00~16:30までの出店予定です。

公式ホームページ:http://setagaya-panmatsuri.com/
フェイスブック:https://ja-jp.facebook.com/panmatsuri

 

(応援よろしくお願いします!)

 

 

池袋あさやけベーカリーについて 

〜「あさやけ」の名前の由来 〜


「池袋あさやけベーカリー」という名前も、みんなで考え、話し合って決めました。「あさやけ」は、夜が終わって、これから朝が始まる時に赤く空が色づくこと。これまで闇夜のような色んな苦労を通り抜けてきた山田さんとメンバーですが、みんなで一緒に歩き始めて、明るい方へ向かっていく。何かがはじまりそうな、そんな希望が込められています。

 

そして、今のベーカリーの担い手のみんなと山田さんと私たちが出会った場である「池袋」のなまえも出発地点のしるしとして付けました。今現在テキパキ生き生きと働く山田さんのみんなの姿は、かつての落ち込み切った姿を思わせないほど輝いています。「池袋あさやけベーカリー」は、人とのつながりから生まれた、"仲間による世のため仲間のためのパン屋"です。これからも、もっともっと多くの人とつながりたい、そう願っています。

 

 

(皆さんに美味しいパンを食べてもらいたい!)

 

 

引換券について

 

◆ あさやけベーカリーのパン(ご支援額に応じてセット内容が異なります)

 ※原則世田谷パン祭り会場でお渡しします。どうしてもご来場が難しい場合には、プロジェクト成立後にメールでご相談させていただきます。

 

◆ あさやけベーカリーオリジナルグッズ
 自慢のパンのポストカード等です。

 

◆ 世田谷パン大学入場券(あさやけベーカリー講演会) 

 

◆ 世界の医療団オリジナルランチバッグ

 

◆ 世田谷パン祭りオリジナルバッグ&公式パンフレット 

 

◆ お礼状 & 報告書 

 

 

 

世界の医療団「東京プロジェクト」について

http://www.mdm.or.jp/activity/domestic/tokyo.html

 

東京プロジェクト("ホームレス"状態の人々の精神と生活向上プロジェクト) は、「医療・福祉支援が必要な生活困難者が地域で生きていける仕組みづくり・地域づくりに参加する」をプロジェクト理念とし、池袋周辺と他の地域でホームレス状態にある方々に向け、医療・保健・福祉へのアクセスの改善、そして精神状態と生活状況の底上げ、地域生活の安定を目的とし活動しています。

 

 

路上での声かけや炊き出し、リハビリや仮の住まいの案内など、多岐にわたる支援活動をしています。「池袋あさやけベーカリー」は、当初東京プロジェクトのリハビリプログラムの一環でした。今後もこのような取り組みが生まれるよう、みんなが自分らしく生き活躍できる場をつくりたいと思っています。東京プロジェクトにも、関心をお寄せいただければ幸いです。

 


最新の新着情報