ご支援いただいた116名の大勢のみなさま、誠にありがとうございました。ご支援の総額も目標を超える620万となりました。今後は桟橋の設置の早期実現とコンクリートの補修や防水工事などを進めていきます。
 
また、来年にはパリのセーヌ川に浮かアジールフロッタンの内部に皆様のお名前の名盤を設置します。桟橋が設置されアジールフロッタンが復活・公開され、皆様がここを訪問されることを願っています。
 
アジール・フロッタン号は100年程が経過しています、まだまだ修復をする箇所が多くあります。引き続き皆様の支援が必要です、20世紀から引き継いだ浮かぶ避難所を、21世紀に引き渡せるようよろしくお願いします。

またこの船は、ル・コルビュジエ事務所の担当として従事した日本人建築家前川國男氏から我々への遺産でもあります。感謝とともに今後も持続的に日仏の交流と建築文化の発信を続けていきます。
 
なお、返礼品は1月末までに順次皆様のもとに発送して行きます。ホンマ・タカシ氏のカットプリントは2月末までとなります。
 
重ねてになりますが、皆さま、この度はご支援をありがとうございました。


 
2017年11月吉日
ル・コルビュジエの船再生委員会
委員長  遠藤秀平