READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

食べて応援!コロナを乗り越え障がい者の生活と喜びを守りたい

あすなろ学苑

あすなろ学苑

食べて応援!コロナを乗り越え障がい者の生活と喜びを守りたい

支援総額

3,450,000

目標金額 500,000円

支援者
296人
募集終了日
2020年6月30日
296人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
14お気に入り登録
14人がお気に入りしています

終了報告を読む


14お気に入り登録
14人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

【ネクストゴール達成のお礼】

 

皆様の温かいご支援のおかげで、公開からわずか4日でネクストゴールも達成という運びとなりました。これほど多くの方からご支援いただけるとは思っておらず、職員、苑生一同感謝の思いでいっぱいです。本当にありがとうございます。


日々寄せられる温かいご支援とお言葉に、職員も苑生も大変支えられ、またカレーやお菓子を作るお仕事ができること、そして多くの方が商品が届くのを待っていてくださることが、苑生の大きな励みになっています。

 

たくさんの方とのご縁をいただくことができ、苑生にも再び笑顔が戻り、本当にこの挑戦をして良かったと思っています。


4月、5月は売り上げが大幅に落ちたために、苑生に通常よりも少ないお給料しか支払うことができませんでした。特に5月は1人4000円と、大幅な減額となりました。また、緊急事態宣言が解消されたものの、学校は再開しても売店は休業のままなど、現在も販売先については再開できる見込みが立っているところは少ない状況です。


そこで、残り1ヶ月の公開期間で、サードゴール300万を掲げさせていただき、満額支払うことができなかった4月、5月のお給料の補填と、再開の目処が立つまでのお給料に充てさせていただけたらと考えております。


また、引き続きより多くの方に、私たちの商品をお試しいただけたら大変嬉しく思います。


度重なるお願いをさせていただき、大変恐縮ではございますが、苑生の生活、そして働く喜びと誇りをこれからも守っていくために、どうぞ引き続き温かいご支援をいただけましたら幸いです。


2020年5月29日追記
あすなろ学苑施設長
三浦 麻矢

 

コロナで売り先が激減。
このままではお給料を支払えなくなります。

 

はじめまして。「社会福祉法人心の会あすなろ学苑」施設長の三浦 麻矢と申します。私たちは、知的障がいをもつ方25名が働く福祉施設(就労継続支援B型事業所)です。

 

普段、苑生(あすなろ学苑に通う知的障がいをもつ方)さんたちは、パン、焼き菓子、ジャム、お弁当などをつくり、それを市内の企業、病院、高等学校、ホテルなどへ販売しています。販売による利益が苑生さんのお給料となる仕組みです。生産品は全て手作りで、素材にもこだわっています。

 

 

これまで、一般のお店や会社も参加する食品コンテストでの受賞したり、神奈川県立横須賀南高校(以前は横須賀明光高校)の売店、自衛隊基地の食堂の運営委託など、障がい者施設として県内初、全国初の実績を積み上げてきました。おかげさまであすなろ学苑の生産品は美味しいと、地元横須賀で評判をいただいています。

 

あすなろ学苑の苑生さんのお給料の平均は月額3万1000円で、横須賀市内の障がい者福祉施設の中では最も高い金額です。このお給料が、苑生さんたちの生活を支えています。

 

 

しかし、今回の新型コロナウイルスの影響により、販売先であった学校や企業、行政施設などが相次いで閉鎖・外部業者立入禁止となり、売り先の8割を失ってしまいました。その結果、4月の売上は激減。消費期限の限られた食品を作り溜めするわけにもいかず、障がい者の方にお仕事をお渡しすることができない状況にあります。

 

売上が激減している中、4、5月はなんとか、少ない金額にはなってしまいましたがお給料をお支払いしてきました。しかし、これ以上は支払いを続けることができない、限界がきてしまっています。かといって、このまま諦めるわけにはいきません。苑生さんの生活と、自分たちの力で稼ぐという誇り、自分のお金で生活を支えている生きる喜びをなんとしても守りたい。

 

そこで、より多くの方にあすなろ学苑の商品や取り組みを知っていただき、あすなろ学苑で働く苑生さんたちを、一緒に「食べて」応援していただけないかと思い、今回クラウドファンディングの挑戦を決めました。この挑戦は達成しなければ資金を受け取ることができないため、なんとしても達成させたく、第一目標は苑生さんのお給料として最低限必要になる50万円を目標に募らせていただきたいと考えています。温かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

自分のお給料で、自分の夢や願いを達成すること
苑生さんの喜びと誇りを守りたい。


あすなろ学苑は、障がいを持つ方の働く支援をしているだけではなく、生活に必要な様々なことの支援・介助をしています。そのためコロナウィルスが猛威をふるう状況でも、私たち障がい者福祉施設は休業をすることはできません。

 

大部分の販売先がなくなってしまった状況で、パンやお菓子を作っても腐らせるだけです。苑生さんたちにお仕事をお任せしたくてもできない状況にあります。そして、このままの状況が続けば、苑生さんたちにお給料を払うことができなくなります。

 

4月は何とか平均22000円のお給料を払うことができました。5月は、かろうじて平均4000円のお給料を払えそうです。しかし6月はもう限界です。

 

毎日苑生さんからは「以前のように仕事をしたい」「もっと作りたい」「お客様に美味しい食べ物を届けたい」という思いを受け取りつつも、それに応えることができない。そして苑生さんの仕事を支えるお給料が払えなくなるかもしれないという状況がとても悔しく、申し訳ない思いです。

 

 

あすなろ学苑の苑生さんのお給料は平均3万1000円。皆さんから見れば少ない額だと思いますが、障がい者福祉施設としては高水準であり、このお給料が、苑生さんの生活を支え、生きる喜びにつながっています。

 

障がい者グループホームで暮らしている苑生さんは、ホームの利用料は障害年金と親御さんの支援でまかなっていますが、昼食代も含めた日常生活費は、自分のお給料を使っています。お給料がなくなったらグループホームでの生活が続けられなくなってしまいます。

 

お給料を使って、アイドルのコンサートに行くのが生きがいの苑生さんや毎月お給料で自分が作ったパンや焼き菓子を買って、お母さんにプレゼントしている苑生さんもいます。苑生さんたちにとって、そんなささやかな願いを自分の力で達成することが、大きな喜びと誇りにつながっています。

 

 

 

あすなろ学苑について

 

学苑の名前である「あすなろ」は木の名前で、ひのきの木に見た目は似ているのですが、材質が劣ります。だから「明日ひのきになろう、成長しよう」という願いを込めて命名されています。その名前通り、一歩一歩少しずつでも前進しよう、成長したいという苑生と職員の気持ちがいろいろなことへのチャレンジ精神につながっています。

 

 

コンテストへの参加もその一つです。私たちのような就労継続支援B型事業所は、少しでも工賃を高めて利用者を経済的に自立させることが目的の施設です。その達成のために社会から品質を認めてもらわなくては、自分たちがいくら美味しい、素材にこだわっていると訴えてもリアリティーにかけます。そこで、コンテストやコンクールに積極的に挑戦し、第三者の評価を受けています。

 

これまで、実に11回にわたって食品のコンテストに入賞してきました。

 

例えば、全国の障がい者施設を対象とした「至福のお届けコンテスト」では、焼き菓子、ジャム、生菓子(杏仁豆腐・ムース)のアソートセットで優秀賞を受賞しました。3ジャンルで挑んだのは、商品を同時に出品すれば、その分多くの担当している苑生さんの頑張りの証となり、受賞の喜びを味わい、職人として成長できるのではないかという思いからでした。

 

選考委員会からは、味も材料の良さが出ていて美味しく、本当に良いと講評されました。また、パッケージのお洒落さにも高い評価が集まりました。

 

 

一般のお菓子屋さんや食品メーカーが競うコンテストでも入賞経験があります。例えばファベックス総菜弁当グランプリ2012では、パン・調理パン部門で銀賞に輝きました。これは全国の一般のパン屋さんや飲食店1018件が応募した中から、上位12件の一つに選ばれたものです。

 

受賞したのは安納芋のもっちりロール。手作りのサクサクデニッシュで器を作り、その中に、鹿児島産安納芋をこんがり焼き、滑らかにペーストにしたもの、はんぺん、クリームチーズ、ホースラディッシュを混ぜあげたフィリングを詰め込み、安納芋の蜜煮を可愛くトッピングしました。色彩を意識し、栄養バランスも考えて作成しました。

 

審査員からは、繊細な手作りと、しかもお値打ち(売価200円)であること、そして一生懸命取り組んでいる姿勢が好印象との評価をいただき、東京ビックサイトでの授賞式に臨みました。

 

コンテストに挑む際は職員が計画を練り、苑生さんと共に、通常の作業が終わってから夕方まで毎日2-3時間練習を重ねます。苑生さんにさまざまな体験をして、幸せになってほしい、豊かな社会生活を営んでほしいという熱意が一番の原動力です。

 

 

またご当地グルメで有名な「横須賀の海軍カレー」を、あすなろ学苑でも作っています。「よこすか海軍カレー提督の料理番」というオリジナルレトルトカレーも作っており、毎年約6万人が訪れる横須賀市主催カレーフェスティバルでは毎年のように出店し、1日で5,000食を売り上げたこともあります。

 

日頃の製造現場でも、チャレンジを重ねています。例えばパンをづくりにはさまざまな工程があります。知的障害がある方は、複雑な工程は覚えられないので、仕事を細分化、単純化しています。

 

一つひとつの作業を一人で担うことは難しいので、数の概念がある方は材料の計量、生地を丸める作業は全員、ミキサーは何年も経験し習熟した苑生さんなど、その人の個性や習熟度、本人のやる気等に応じて、ステップバイステップで難しい仕事にチャレンジできるようにしています。

 

 

苑生さんは一つのことを覚えるまでに時間がかかります。やるべきことを単純化した上でチャレンジしていっても、障害の程度、巧緻性の問題もあり、なかなか上手に包めない、塗れない、切れないなど、失敗が続くと、すぐできないと諦めがちです。

 

苑生さんがどうしたら理解できるのか、どうしたら成功できるのか、図を書いたり、器具を作ったり、職員も苑生さんと共に戦いの日々です。苑生さんと職員が日々、互いを信じあい、いいものを完成させようという連帯感は日に日に強くなります。完成した時に、苑生と職員がハイタッチをしたり、がっちり固い握手をする光景を見ると、周囲の苑生さんや職員も、よく頑張ったねともらい泣きです。

 

苑生さんとは20年間、そうやって二人三脚で歩んできました。そんなあすなろ学苑での経験を通して、大きく成長した方はたくさんいます。

 

 

例えばAさんは軽度知的障害をお持ちで、普通高校を卒業し食品製造工場に就職しました。しかし、障害者として就職していなかったため、自閉症特有の独り言や言動が会社から理解されず、働くのが辛くなって退社。障害認定を取得し、20年前に新設した私たちの施設に移動してきました。

 

当初は就労に強いこだわりがあり、学苑で働きながら障害者雇用をしている企業への就職を目指し、私達も履歴書の書き方、面接の仕方に至るまで、サポートをしていました。しかし、来る日も来る日も不採用でした。不採用通知を手にし、肩を落とすAさんの姿は見るに耐えない状態でした。

 

そして、ある時、自衛隊基地にある食堂運営の公募にチャレンジし、ついに採用されました。Aさんは学苑でお弁当製造部に所属していたため、調理や盛り付けは手慣れており、また大の自衛隊マニアでもありました。一般社会で働きたいとの強い希望もあったため、Aさんにはぴったりの職場でした。

 

Aさんは食堂の接客調理担当として、閉店するまでの約5年間、接客、洗い物、食材の盛り付け、清掃とマルチに仕事を頑張り、一皮も二皮も向け職業人として成長しました。真面目な仕事ぶりを自衛隊の皆様からお褒めいただくこともありました。今では苑生の頼れるお兄さん的な存在です。

 

あすなろ学苑のパンやクッキーはこんな苑生さんたちのチャレンジの結晶でもあります。

 

 

 

この危機を乗り越え、これからも苑生さんとチャレンジを重ねていきたい。

 

あすなろ学苑は今年の4月でちょうど創立20周年を迎えました。この間、一般の方から寄付を募ることはなく、企業や行政の補助金と自分たちで作った商品の利益だけで運営を続けてきました。

物を作って、買ってもらうことが苑生さんのお給料になっていること、そして私たちが作る食品は、手作りで、美味しくて、質の高いものだという自信があります。

 

 

しかし新型コロナウィルスの影響により、売り先の多くを失ってしまいました。今回の挑戦が成功すれば、25名の苑生さんに3万円のお給料を支払うことができます。より多くのご支援が集まるほど、苑生さんの生活を守るための資金を確保することができます。また、それだけではなく苑生さんたちに皆様にお届けする商品を作る仕事をお渡しすること、苑生さんたちの働く喜びと誇りを維持することができます。

 

この苦境を打破し、このクラウドファンディングを機会に、あすなろ学苑の商品のファンになってくださる方、一緒に障がい者の方の就労や活躍を応援してくださる方とつながることができれば嬉しい限りです。温かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。


 

 

寄付金控除について

 

*リターンタイトルに「寄付控除対象リターン」と記載されているコースをご支援いただいた方が対象です。

 

本法人は社会福祉法人でありますので、所得税法78条の寄付金控除の対象となります。証明となる寄付金領収証をお送りさせていただきます。※印紙税法により印紙は添付いたしません。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

プロフィール

あすなろ学苑

あすなろ学苑

神奈川県横須賀市にある知的障害者就労支援施設です。 食品を製造し障害をもつ方の職業、経済的自立をサポート。 コンクール・コンテスト受賞歴11回。ご当地グルメよこすか海軍カレーの製造も手がけ、一日最大5,000食の販売実績があります。

リターン

5,000

オリジナルレトルトカレー「よこすか海軍カレー提督の料理番」

オリジナルレトルトカレー「よこすか海軍カレー提督の料理番」

・心を込めて、お礼状をお送りします。
・あすなろ学苑オリジナルのレトルトカレー「よこすか海軍カレー提督の料理番」を2食お送りします。
・私どもの法人の理事長、若山三千彦の著作「看取り犬・文福の奇跡」サイン入りを1冊お送りします。

海上自衛隊サマーフェスタで1日5千食を売り上げた、自信を持ってお届けするレトルトカレーです。

*こちらは寄付控除の対象となりません。

支援者
34人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年10月

5,000

お家で食べてわくわくスイーツセット

お家で食べてわくわくスイーツセット

・心を込めて、お礼状をお送りします。
・コンテストで受賞した焼き菓子を含む焼き菓子10種の詰め合わせをお送りします。


焼き菓子内訳:おさつマドレーヌ、チョコマドレーヌ、レーズンマドレーヌ、エスプレッソマドレーヌ、アーモンド・バスケット、スパイスクッキー(6枚入り)、ミックスナッツのタフィー (50g入り)、チーズクッキー (10個入り)、和三盆のスノーボール(8個入り)、ハートのガトーショコラ 

*こちらは寄付控除の対象となりません。

支援者
124人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年10月

5,000

あすなろ学苑を応援!コース(寄付控除対象リターン)

あすなろ学苑を応援!コース(寄付控除対象リターン)

・心を込めて、お礼状をお送りします。
・寄附金領収書をお送りいたします。

*領収証のお名前は、リターン送付先にご登録いただいたお名前になります


支援者
35人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年10月

10,000

お家で食べてほっこりスイーツセット(16種類)

お家で食べてほっこりスイーツセット(16種類)

・心を込めて、お礼状をお送りします。
・コンテストで受賞した焼き菓子を含む焼き菓子16種の詰め合わせをお送りします。
・私どもの法人の理事長、若山三千彦の著作「看取り犬・文福の奇跡」サイン入りを1冊お送りします。

焼き菓子内訳:おさつマドレーヌ、チョコマドレーヌ、レーズンマドレーヌ、エスプレッソマドレーヌ、アーモンド・バスケット、スパイスクッキー(6枚入り)、ミックスナッツのタフィー、チーズクッキー(10個入り)、和三盆のスノーボール(7個入り)、ハートのガトーショコラ、横須賀海軍カレーラスク(50g)、シュガーラスク(100g)、ディアマン・チョコ(90g 14個前後)、ディアマン・バニラ(90g・約14個前後)、チョコとアーモンドのビスコッティー(2本入り)、黒糖とジンジャーのクグロフ 

*こちらは寄付控除の対象となりません。

支援者
31人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年10月

10,000

あすなろ学苑を応援!コース(寄付控除対象リターン)

あすなろ学苑を応援!コース(寄付控除対象リターン)

・心を込めて、お礼状をお送りします。
・寄附金領収書をお送りいたします。

*領収証のお名前は、リターン送付先にご登録いただいたお名前になります

支援者
19人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年10月

15,000

お家で食べてにっこりグルメセット

お家で食べてにっこりグルメセット

・心を込めて、お礼状をお送りします。
・コンテストで受賞した焼き菓子を含む焼き菓子16種の詰め合わせをお送りします。
・あすなろ学苑オリジナルのレトルトカレー「よこすか海軍カレー提督の料理番」を5食を護衛艦箱に入れてお送りします。
・私どもの法人の理事長、若山三千彦の著作「看取り犬・文福の奇跡」サイン入りを1冊お送りします。

焼き菓子内訳:おさつマドレーヌ、チョコマドレーヌ、レーズンマドレーヌ、エスプレッソマドレーヌ、アーモンド・バスケット、スパイスクッキー(6枚入り)、ミックスナッツのタフィー、チーズクッキー(10個入り)、和三盆のスノーボール(7個入り)、ハートのガトーショコラ、横須賀海軍カレーラスク(50g)、シュガーラスク(100g)、ディアマン・チョコ(90g 14個前後)、ディアマン・バニラ(90g・約14個前後)、チョコとアーモンドのビスコッティー(2本入り)、黒糖とジンジャーのクグロフ 

*こちらは寄付控除の対象となりません。

支援者
43人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年10月

30,000

あすなろ学苑を応援!コース(寄付控除対象リターン)

あすなろ学苑を応援!コース(寄付控除対象リターン)

・心を込めて、お礼状をお送りします。
・寄附金領収書をお送りいたします。

*領収証のお名前は、リターン送付先にご登録いただいたお名前になります

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年10月

50,000

あすなろ学苑を応援!コース(寄付控除対象リターン)

あすなろ学苑を応援!コース(寄付控除対象リターン)

・心を込めて、お礼状をお送りします。
・寄附金領収書をお送りいたします。

*領収証のお名前は、リターン送付先にご登録いただいたお名前になります

支援者
13人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年10月

100,000

あすなろ学苑を応援!コース(寄付控除対象リターン)

あすなろ学苑を応援!コース(寄付控除対象リターン)

・心を込めて、お礼状をお送りします。
・寄附金領収書をお送りいたします。

*領収証のお名前は、リターン送付先にご登録いただいたお名前になります

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年10月

プロフィール

神奈川県横須賀市にある知的障害者就労支援施設です。 食品を製造し障害をもつ方の職業、経済的自立をサポート。 コンクール・コンテスト受賞歴11回。ご当地グルメよこすか海軍カレーの製造も手がけ、一日最大5,000食の販売実績があります。

あなたにおすすめのプロジェクト

山梨大学の挑戦!山梨特有の廃棄物のリサイクルプロジェクト

熊田 伸弘熊田 伸弘

#環境保護

66%
現在
660,000円
寄附者
39人
残り
15日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする
プロジェクトの相談をする