プロジェクト概要

 

<望まれない命>を止める猫の不妊手術プロジェクト

 

はじめまして、「NPO法人あすねこ」代表の野村です。2007年に「西濃地域猫の会」が発足され今年9月に名称を「NPO法人あすねこ」に変更しました。岐阜県の西濃地域を中心に活動をしておりました。そんな中で「西濃ではないですが相談は大丈夫でしょうか?」と、問い合わせが多くあり、もしかしたら西濃とあるので相談を躊躇されている方が多いのでは?という思いから名称変更をして地域を限定することなく広く活動をしています。わたしたちが活動の軸としているのが不妊手術の推進保健所レスキューです。

 

 

 

不妊手術の推進

猫が増えるのは餌を与えるからではなく、不妊手術を施さないまま餌を与えるから増えるのです。これが猫が悪いように話がすり変わってしまうのです。かわいそうと餌を与えるだけでは猫も嫌われ迷惑です。そういった啓発も含めて飼い主のいない猫に不妊手術を施しています。

 

不妊手術を施したら耳をカットします。<一代限りの命>の証です。
 

 

保健所レスキュー

保健所に持ち込まれる猫の大部分は自活不能な猫です。殺処分の対象となります。わたしたちは殺処分対象の猫を保健所からレスキューしています。

 

自活不能な猫とは?

自力で食べたり排泄をしたりすることができない猫のことです。人間でいうなら<生まれたての赤ちゃん>です。生後2~3日で持ち込まれ目も開いていいない子を3時間毎に授乳します。約2ヶ月間のお世話を経て里親さん募集に至っています。そして猫の出産は一度に4頭~6頭です。

 

保健所からレスキューした子は猫?と見間違えるくらいです。
生後3日の67gの命です。

 

岐阜県 猫の引取りおよび譲渡数

 (出典:環境省 統計資料および岐阜県統計資料

平成29年度 引き取り数 1,138頭 譲渡数 435頭

平成28年度 引き取り数 1,676頭 譲渡数 612頭

平成27年度 引き取り数 2,044頭 譲渡数 701頭

 

平成29年度、全国の猫の殺処分数は、初めて5万匹を下回りましたが、

各動物愛護団体や個人ボランティアが努力を重ねている結果だと思います。

 

わたしたちは保護施設を持たない団体です。各家庭で猫のお世話をし、自宅がシェルターのような状態で、維持費は各個人が負担をしています。今年度は大規模な現場の不妊手術活動と保健所レスキューにより医療費が切迫しているのが現状です。そこで、みなさまのお力をお借りして猫たちを助けたいと思い今回のプロジェクトを立ち上げました。40頭の猫の不妊手術や医療費として100万円が必要です。

 

初めてのクラウドファンディング挑戦で高い目標を掲げたと感じていますが、なんとか達成できるよう全力で活動を行いますので、どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

猫の譲渡活動から不妊手術推進活動へ

 

わたしたちは猫の譲渡から活動の主軸を不妊手術の推進と保健所レスキューへ切り替えました。なぜなら、とめどなく産まれてくる猫たちを止めないと保健所へ持ち込まれる猫が減らないからです。棄てられる命がなくならないからです。

 

わたしたちの活動は<望まれない命>の<入口と出口>対策です。メス猫は年間に2回~4回の出産をします。1年間で12頭~24頭が増え、その間に最初に産まれた猫が発情を迎え出産をします。子猫が産まれた…と言っているうちにネズミ算式に増えていきます。

 

<望まれない命>がどんどんと増えていきます。そして、<棄てられる命>となり野山やゴミに生きたまま捨てられるか、もしくは保健所へと持ち込みをされるます。どちらにしても人が全てすることです。

 

ひとつ屋根の下に集まった子たち。保護地域も事情もみんな違う。でも、もう家族になってる。

 

春先の大規模な不妊手術の現場から3週間の間に13頭の乳呑児の猫が保健所へ持ち込みをされました。現場にはまだ妊婦猫もいて青ざめました。22頭の猫に不妊手術を施したことにより、それ以降、猫が保健所へ持ち込まれることはありません。もちろん頭数管理をし給餌マナーを守ることにより猫たちは地域猫となりました。

 

実際に22頭の猫に不妊手術を施すことにより子猫が産まれることがなく、今いる地域猫たちが一代限りの命を全うすることで現場は終息していきます。

 

今日のにゃんこ。明日のわたし。】 こちらが当時の活動ブログです

 

母猫を捕まえる2年かかりました。その母猫が産んだ最後の子猫たちです。
実に20頭以上の子猫を産み全て保護をしてきました。

 

 

■多頭崩壊が表面化したときは手遅れ

2017年夏には多頭崩壊を他県の団体と協働したことがありました。オスとメスの2頭の猫が最初でした。不妊手術を怠り10年間で100頭まで増えました。家の中に100頭なんて想像できますか?糞尿が堆積しアンモニア臭で目は開けていられず、呼吸が苦しくなります。

 

結果として保健所・自治会で問題となり、当事者は地域で孤立してしまっていました。最初の2頭のときに不妊手術をしておけばこんなことにはならなりませんでした。

 

 

全て氷山の一角にすぎません。庭先で餌をあげていたら翌年には20頭にまで増えていました。空き家に猫が住みつき餌だけをばら撒いてる人がいる、などの相談も多いです。気づいた時には手に負えない状況になりトラブルの原因となったり不妊手術を施したいが経済的に断念する人も少なくありません。猫を増やした人が責任を取るのは当たり前です。ただ、人の都合で翻弄される猫を見捨てることはできません。人のしたことの責任は人が取るべきです。

 

これまで約11年間、1000頭以上の猫を譲渡し、不妊手術を推進してきました。

2017年度は97頭の手術を実施。当初予定していた全頭を手術できたわけではありませんが、もし手術できていなかったら何百もの子猫が生まれ、多くの猫が悲惨な末路を迎えていたかもしれません。もうこれ以上、猫たちに理不尽な思いをさせたくありません。

 

この子たちは、ここしか知らない。ここで生まれて、ここで死んでいく。

 

 

猫の発情期である春を迎える前に不妊手術を実施したい!

 

最近は、「猫に不妊手術を施したいが捕まらない。」、「野良猫の不妊手術をしてくれる病院はないか。」など嬉しい問い合わせがある一方で、「猫がたくさいるから何とかして欲しい。」、「数が多く手術費用が工面できない。」と費用の相談も少なくありません。

 

問い合わせについては最大のサポートをしてきましたが、資金面で不妊手術を断念することが一番悔しく、なんともいえない気持ちになります。

 

 

今回のプロジェクトでは40頭の猫の不妊手術を無料で行いたいと思います。増やした人にも、お金を出さない人にも言いたいことはありますが、その先にいる猫のことを一番に考えたいと思います。猫たちは不妊手術を施すことにより猫は一代限りの命となります。そして、猫同士の喧嘩・生殖器の病気・発情のストレス・出産から解放されます。

 

保護当時はボロボロな仔猫でした。医療を施し兄弟たちも頑張りましたが、シアワセな時間も束の間でした。
兄弟のうち、ひとりがFIPを発症しました。生後三ヶ月のころでしした。

 

概要

猫の発情期は春と秋で出産は年間2~4回です。次の発情期のタイミングである春を迎える前に最低でも40頭の不妊手術を実施したいと考えています。その他、支援金の一部は保健所からレスキューした幼猫(保健所レスキュー)のミルク・餌代、医療費、地域猫の餌代など運営資金にも充てさせていただく予定です。

 

■実施期間

2019年1月1日〜2019年6月30日(予定)

※実施時期は術後の体を考え、主に春の陽射しが射し込む2月を予定しています。

 

■不妊手術のメリット
・子猫が産まれないため猫が増えない
・発情期の鳴き声の軽減
・マーキング・尿臭の軽減
・猫同士のケンカが減る
・発情のストレス軽減

・生殖器の病気の回避

・猫の頭数管理と地域猫活動

 

■資金使途

活動費(猫の医療費用と運営費など):1,300,000円 
手数料(税込):183,600円 
合計:1,483,600円

※クラウドファンディングで集まった資金の一部を利用させていただきます。

※プロジェクト完了後、収支報告書を添付の上、終了報告をさせていただきます。

 

 

 

飼い主のいない猫を増やさない!殺処分ゼロを目指す優しい社会。猫のシアワセ、人のシアワセ

 

今回のプロジェクトを通して猫を取り巻く状況をたくさんの方に知ってもらうことにより猫に対するリテラシーを高めていきたいと思っています。かわいそうだからと猫に餌だけを与えるのではなく、不妊手術を施し給餌マナーを守ることが猫たちを護ることになることを理解してもらい、猫問題の根本的な解決方法であることを知ってもらいたいと考えています。

 

 

不妊手術をすることで、「望まれない命」の蛇口を閉めることが、殺処分ゼロへ繋がると考えています。手術をした猫は地域猫となり一代限りの命を全うします。地域猫活動により猫たちがゴミを漁ることもなくなります。猫同士の喧嘩の軽減・糞尿被害の軽減により、きれいな街づくりへ貢献ができます。

 

そしてなにより、次世代を担う子どもたちに<命の尊さ>を示すことができます。“排除するのではなく共生していく”。今回のプロジェクトが猫を助けたい人、猫を護りたい人、猫で困っている人、猫が嫌いな人・・・そんな人たちの解決の糸口になればと思います。

 

みなさま、どうか応援・ご支援よろしくお願いいたします。

 


 

 

お問い合わせ

HP:https://www.asuneco.com/

facebook:https://www.facebook.com/asuneco7/

instagram:https://www.instagram.com/asuneco_7/

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)