プロジェクトをご覧の皆さま、ありがとうございます!

 

おかげ様で、支援金が10%を越えるところまで到達致しました。
またプロジェクトのfacebookページも600を越えるいいねを頂き、大変嬉しく思っております。本当にありがとうございます!

 

本日の更新はこのプロジェクトを企画した背景について、新たな物語をご紹介したいと思います。


「アンケート調査結果」
昨年度、島内の観光施設や飲食店等の協力を頂き、約400枚のアンケート調査を実施しました。

回答頂きましたのは関西圏の家族層の方々が大半を締めておりました。
「淡路島の魅力は何ですか?」という質問項目に対し、「食べ物」「自然」という回答が多くを締めました。これらは、成功しているポイントと言えます。

 

しかしながら、回答の中に「淡路島の魅力は特にない」という記述があったことも印象的です。

 

加えて閑散期と繁忙期の交流人口の差や、電車が通っておらず車を持たない人々には交通アクセスが不便であるといった課題もたくさん見えて来ました。

 

そして最大の課題は、「どこに行けばいいか教えてくれる人がいて欲しい」と回答を頂いたことでした。

 

現状、恒常的に島をガイドするコンシェルジュがいない、ということです。


私たちは島をガイドするコンシェルジュとなり、淡路島にもっと若い世代に来て頂けるような観光サービスを作り上げられないかどうか、思案しております。そのためにもアンケートを実施しました。


しかしながら、それだけでは足りない部分がありました。そうです、実際にゲストの方々と交流し、対話を通して声をお聞きしたいのです。


私たち島民が魅力と気付いていないような観光資源が、淡路島に眠っているのかも知れません。
そこを掘り起こすお手伝いを、支援者の皆さんと共にして行ければと考えています。

 

どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

 


(今までにもたくさんの友人・知人をお迎えし、淡路島をご案内しました)

 

 

新着情報一覧へ