【ウガンダコーヒー月間報告】ウガンダコーヒーを飲みましょう

◎「ウガンダコーヒー月間」概要

 昨夏、NPO安房文化遺産フォーラム3名でウガンダを訪問し、活動状況の視察と今後の活動の可能性を模索し交流を深めてきました。

 そして自然栽培の良質なウガンダのコーヒー豆をフェアトレードで取り扱うことで、継続的な支援につなげていこうと、新たな取り組みを行いました。自然や体にもやさしいといわれるウガンダコーヒーの魅力を広く知っていただきたいと思い、安房地域内の喫茶店などに呼びかけ、22の店舗の皆さんが賛同してくださいました。

 そして10月を「ウガンダコーヒー月間」と位置付け、各店舗でウガンダコーヒーの提供やコーヒー豆・粉の販売を行いました。

◎「ウガンダコーヒー月間」報告

 多くの方にウガンダコーヒーを味わっていただき、その結果、79,400円の支援金と46,136円の寄付が寄せられました。これらは、今年度の通常支援と夏のウガンダ訪問視察経費に一部に充てさせていただきました。

 協賛店舗およびコーヒーを飲まれたお客様に厚く御礼申し上げます。

 

 NPOフォーラムでは、引き続き希望者にウガンダコーヒーの予約販売をいたします。また、複数の協賛店舗に置きましても、引き続きウガンダコーヒーを提供しているほか、販売(豆・粉)もしております。

 

 コーヒーから生まれる笑顔のために。そしてコーヒーをつくる人、届ける人、飲む人の輪がつながり、広がりますように。

 

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています