今日は、公益社団法人日本フィランソロピー協会の髙橋陽子理事長(下)をお訪ねしました。髙橋理事長は、昨年度のチャリティコンサートの際もフィランソロピー協会の職員さんを含めチケット販売にご協力くださり、今年度も広報についてさまざまなアドバイスをして下さっています。

 

 

日本フィランソロピー協会とは、企業の社会貢献活動や社会的責任(CSR)を推進し、個人の寄付活動を応援する、そして企業や行政、NPOの橋渡しをするということをミッションに掲げている公益社団法人です。

 

綾戸智恵さんの大ファンでもおられる髙橋理事長は今日もたくさんのアドバイスを下さいました。髙橋理事長はとっても素敵な方ですが、率直に指摘もして下さいます。チラシ裏面の情報量の多さに対しても、「もっとシンプルにこのコンサートで果たしたいことはこれで、募金がいくら集まると子どもたちの施設の何が作れる、または子どもたちにこういうことをしてあげられる、そういうことを書いた方がいいよ」と助言をもらいました。また、異業種の方との連携や周りを巻き込むことについて、良さとむずかしさがある、ということにも共感して下さいました。

不思議と話をするだけで、私がエンパワーされます。コンサートの準備のなかでこうした素敵な方々に出会えて、お話ができることが、私にとっては大きなギフトになっています。

 

Readyforのプロジェクトへもさまざまな方がアドバイスをくださいます。皆さんからの声に大いに励まされながら、これからまた暑い日が続きますが、都内の端から端までコンサートの告知に出向きたいと思っています。また、Readyforのページもさらに充実させて、このコンサートが子どもたちのために果たしていきたいことも、皆さんにさらにさらにお届けしていきたいです。

 

社会福祉法人二葉保育園チャリティコンサート実行委員会

Readyforチーム 百瀬圭吾

新着情報一覧へ