プロジェクト概要

 

海外経験はないけれど、アメリカ横断を決断しました。

 

 

はじめまして、矢口彩斗と申します。これまで、小学生中学生時代は野球、高校生の時はアメリカンフットボールと、これまでの人生は部活動を一生懸命やってきました。

 

しかし大学に入り打ち込めるものがなくチャレンジするような出来事もなく、なにか夢中になれることをと思い、アメリカ横断を決断しました。

 

今回は、アメリカ横断をするプロジェクトです。また、そこで経験したことや実際アメリカ横断をするにあたっての費用や通ったルートをまとめたサイトを作成し、これからアメリカ横断を考えている人の参考になれればと思っています。

 

どうかご支援宜しくお願い致します。

 

どうかご支援宜しくお願い致します。

 

 

アメリカ横断に誘われたとき、「これだ」と思った。

 

 

大学に入学し1年が経ちましたがいま大学一年生を振り返ると日々多くのことを経験するようなことはなく刺激のない日々を送っていました。

 

せっかく大学生という多くのことを経験できる時間があるのにこのままではもったいない何かにチャレンジしたいと感じていました。

 

そんな時友達に「アメリカ横断しないか」と誘われ、私は「これだ」と感じアメリカ横断にチャレンジして多くのことを経験したいと思いました。

 

もともと大学入学時に留学に行こうと思っていましたが実行することができないままだったのでした。

 

アメリカ横断をすることで3週間アメリカで過ごし、見て話して聞いて文化を十分に感じていきたいと思います。

 

グランドキャニオンです。この光景を眺めたい。

 

野球やアメリカンフットボールを取り組み仲間の大切さを学んだことはもちろんですが、アメリカンフットボールでは1人が輝くために多くの人が協力してくれているということを学びました。

 

アメリカンフットボールでは少しの恐怖心、タックルに行くためらいが大きな致命点になりますそのようなスポーツで一歩踏み出す力を学びました。

 

この原体験が今回の挑戦のきっかけとなっています。

 

アメリカ横断をしたいと思うことは誰でも思えます。しかし実際に横断しようと行動することはなかなかないと思います。自分の中で芽生えた挑戦しようという気持ちを大切にしたいと強く感じました。

 

アメリカンフットボール時代の写真になります。

 

 

あなたは幸せですか?幸福度調査をしつつ横断します

 

 

今回のプロジェクトでは、自分たちでアメリカでレンタカーを借り、寝泊まりする場所を探し、アメリカ横断をします。

 

アメリカ横断達成後、実際にかかった費用や通ったルートなどをまとめ上げそれをサイトにします。

 

また、アメリカ横断の道中に出会ったアメリカ人にアメリカの幸福度をインタビューしたりすることでアメリカ人がどのように自国を評価しているのかを聞きます。

 

直接幸福度調査の内容ですが、

直接的に(あなたは幸せですか?)と聞こうと思っています。

 

たくさんの幸せを聞いて、幸せについても考えてきたいと思います。

 

野球部時代の写真になります!

 

 

サンフランシスコから横断開始し、そこから車で移動し途中ラスベガスやグランドキャニオンに立ち寄り3週間後ニューヨーク入る予定です。

 

アメリカを横断することの理由の一つに、ルート66の存在があります。今回のアメリカ横断ではルート66を通ることになります。ルート66は、アメリカ文化発祥の地と言われています。そこでこの目で古き良きアメリカ文化を見て体験したいという気持ちがあります。

 

また世界中からルート66を横断しにくる人々と積極的に交流することで多くの知識や教訓を手に入れ人生の糧にしたいです。

 

アメリカ横断は長く壮大な旅であるのでそこでの経験は自分の人生を作り上げる上で多くのエピソードを作り上げることになると思います。

 

 

アメリカ横断で通る『ルート66』

 

 

私は、海外経験がありません。それでも参考サイトは必ず制作します!

 

 

また、アメリカ横断を通し学んだことや実際にかかった費用などをまとめたサイトを作成することによりこれからアメリカ横断をしようとしている人たちにとって参考になり役に立つ存在になることができると思っています。

 

私は、海外経験がありません。海外旅行すらありません。正直そんな海外で3週間過ごすことができるかとても不安です。

 

しかしアメリカ横断の費用を具体的に掲載し、これからアメリカ横断に挑戦している人を対象にしたサイトを作り上げます。最終的に、アメリカ横断するならこのサイトを参考にしようとなるサイトにしたいと思っています。

 

 

どうかご支援よろしくお願い致します。

 

みなさまからの資金使途

 

❏ 旅費

❏ その他諸費用