プロジェクト概要

台風18号の被害を受けた妊婦の方々の助けに!妊婦の方々に新生児の育児グッツが揃ったマタニティボックスを支援します!

 

こんにちは、初めまして。橋本と申します。現在、マタニティボックスの輸入、製作、販売を行っています。ご存知ない方もいらっしゃると思いますが、マタニティボックスとは、新生児の育児に必要な商品が全て入った箱です。これがあれば、出産を控えるお母さんはストレスを抱えることなく、簡単に準備をすることができるのです。さらに、箱の底にはベビー布団が敷かれており、ベビーベッドとしても使っていただくことができす。

 

今回、私は台風18号で被害を受けた妊婦の方にマタニティボックスを寄付いたします。茨城県や埼玉県で被害を受けた10人の妊婦の方に育児グッツが揃ったマタニティボックス(30万円相当)を贈呈したいと思い、このプロジェクトを考えました。10月中にはマタニティボックスを茨城県、埼玉県の被災者の方に届ける予定です。

 

今回の台風で北関東付近が多くの被害を受けました。新しい命を宿すお母さんと、新しい命のために皆様ご支援をいただけますか?

 

 

 

マタニティボックスとは?新生児のために必要なものが詰まった赤ちゃん育成キットです。

 

マタニティボックスとは?ピンと来ない方が多いかと思います。育児のためのお母さんとお父さんのためのスターターキットだと考えていただければよろしいかと思います。肌着、おしりふき、ベビーバス、体温計、おむつ、お布団、ブランケット等の育児に不可欠なものが入っている箱です。現在これを取り扱った環境に身を置いています。

 

(赤ちゃんのこんな笑顔を作っていくための箱です)

 

 

マタニティ業界に関わっている私が台風18号の被害を見て思ったことは、これから生まれてくる命と、妊婦さんの精神的、肉体的負担のことでした。

 

近日に発生した台風18号の被害を見て、私がまず最初に思ったことは、妊婦している方は、育児グッツが流されて、精神的な負担がかなりかかっているのではないかということです。妊娠している肉体的に負担がかかっているのにも関わらず、洪水で育児グッズが流されることでさらに不安が高まっているのではないかと思いました。精神的な負担は妊娠している方にとって実によろしくないものなのです。お腹の赤ちゃんのためにも、妊娠している方のためにも、少しでもストレスを軽減させることはできないかと考えました。

 

(茨城県の被害状況です)

http://www.47news.jp/CN/201509/CN2015091001000828.htmlより引用

 

 

新生児育成のためのグッツが詰まった、マタニティボックスを支援することができたら、妊娠している方の不安を和らげることができる!

 

そこで、マタニティボックスを送れば、少しでも不安を和らげることができるのではないかと考えました。このようにマタニティボックスを送ることで、妊婦もしくは生後間もない赤ちゃんを育てているお母さんの負担を少しでも減らせるのではないかと考えました。台風によって赤ちゃんのために用意していたベッドやおむつ、お洋服など流されてしまった方がいらっしゃる中で、このマタニティボックス支援は、妊娠している方々にとって、”あたたかい贈り物”になると思います。マタニティボックスは2万円ほどの価格で、新生児の育児に必要な商品が全て入っており、安心して子育てをすることができます。さらに箱はベビーベッドとしても使えるため、新しくベビーベッドを買い足さなくても良くなります。

 

(このように箱がベッドになる優れものです)

 

 

1930年代からフィンランドで始まったマタニティボックスは赤ちゃんに必要なものがぎっしり詰め込まれています。

 

福祉先進国家北欧のフィンランド発祥で、赤ちゃんが生まれる前に政府から提供されます。この箱を選ぶか、現金をもらうかお母さん方に選択権が与えられ、95%の方がこの箱を選ぶのです。フィンランドは、乳児死亡率が世界で最も低い国です。おそらく、この箱には赤ちゃんのお世話をする際に必要なものがぎっしり詰まっているため、お母さんたちがこまめな診察を意識するようになっているからだと主張する方がたくさんいます。マタニティボックスが支給されるようになってからは、乳児死亡率はその後数十年の間に急速に改善されています。

 

(フィンランドのInfant mortality=乳児死亡率はマタニティボックスを利用するようになってから、このように急速に改善されています)
http://gigazine.net/news/20130727-why-finnish-babies-sleep-in-box/より引用

 

 

台風18号で被災した茨城県、埼玉県の妊娠中の方々、生後間もない赤ちゃんを抱えている方々の負担が軽減されます。

 

台風18号で被災した茨城県、埼玉県の妊婦の方、生後間もない赤ちゃんを抱えている方々の精神的負担を軽減することができます。自分の赤ちゃんのための準備ができていない状況にあることは、お母さんたちにとってとても辛いことです。マタニティボックスがお母さんたちのにとっての希望の箱になってほしいと考えています。新しい命のために皆さんご協力お願い致します。仕入れ代、輸送費、その他合わせて、あと30万円不足しています。皆様のご協力をお願い致します。

 

(生まれてくる赤ちゃんのためにご支援お願いします!)

 

 

こちらマタニティボックス専門店のリンクです。

http://maternity-box.com/

https://twitter.com/babybox8

 

 

◆◇◆◇◆◇◆ 引換券について ◇◆◇◆◇◆◇◆
ご支援いただいた皆様にはお礼に下記引換券をお送りします。

 

 

3,000円を支援していただいた方対象

・お礼の手紙

 

10,000円を支援していただいた方対象

・お礼の手紙
・マタニティボックスに名前を掲載(希望者)

・Webに名前を掲載(希望者)
・記念タオル

 

30,000円を支援していただいた方対象

・お礼の手紙

・マタニティボックスに名前を掲載(希望者)
・Webに名前を掲載(希望者)
・マタニティボックス

 

50,000円を支援していただいた方対象

・お礼の手紙
・マタニティボックスに名前を掲載(希望者)
・Webに名前を掲載(希望者)
・記念タオル
・記念Tシャツ

 

 

 


最新の新着情報