READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

竹ストローでSDGsを広め熊本県に寄付したい!

竹ストローでSDGsを広め熊本県に寄付したい!
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は6月7日(月)午後11:00までです。

支援総額

16,000

目標金額 200,000円

8%
支援者
8人
残り
54日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
3お気に入り登録
3人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は6月7日(月)午後11:00までです。

3お気に入り登録
3人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼自己紹介

 初めまして!目白大学社会学部 柳田ゼミナールです。

私たちは3年生15人で活動しており、学生主体のプロジェクトを企画・実行しています。

今回、私たちは再利用可能な「竹ストロー」を用いて、SDGsを促進し若者の環境への意識を向上させるとともに、度重なる災害に見舞われた熊本県に義援金を贈る企画を実行したいと考えています。

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 目白大学では全学的にSDGsに取り組んでいます。SDGsを学ぶ中で、私たちと同世代の若者がSDGsに対しての認知度が低いことに問題意識を抱きました。とりわけ新型コロナウイルスの影響により、さまざまな活動が厳しく制限された状況において、どのように若者にSDGsを認知できるのかを考えました。

 

 毎週オンラインミーティングを行い、プロジェクトを進めていた中で令和2年7月豪雨、令和2年台風10号と立て続けに災害が九州を襲いました。九州出身のメンバーが所属しているため、熊本県PRキャラクター「くまモン」を使用させていただき、被災した九州地域の復興に尽力したいと考えました。

 

 そこで「マイストロー」に着目しました。プラスチック製ストローは海洋汚染の原因となっているため、材質の変化が進んでいます。その多くは紙製のストローですが、実際に利用すると溶けてしまうなどの不具合も多く、携帯用ストローの需要が高くなりました。

 

 間伐材として伐採した天然の竹のみを使用し、燃やしても有害物質が発生せず、3か月から半年で自然に還る性質を持つのが「竹ストロー」です。

 

▼プロジェクトの内容

 「くまモン」と「#eco friendly」を刻印したオリジナルストローを製作し、販売します。ストローのサイズは7.5×200mmとなっており、製作数は3000個を予定しています。

 

 都内の若者が利用する飲食店(主にカフェ)に竹ストローを置いてもらい、

売上金を「FOR KUMAMOTO PROJECT くまモン募金箱」に全額寄付いたします。

現在協力していただける飲食店様を募集中です。

また、新型コロナウイルスの影響により飲食店での店頭販売が困難となった場合、販売方法の変更を行う可能性があります。現在、リターンとして竹ストローを贈らせていただく(リターンの追加)、またはフリーマーケットサイトによるネット販売を検討中です。

 

 ご購入いただいた皆様には、ぜひストローを使用している写真をInstagramやTwitter等のSNSに掲載していただきたいと考えています。「#eco friendly」はInstagramで約1100万投稿を誇り、世界中の人が環境に対する取り組みを載せています。このハッシュタグを通してマイストロー・竹ストローの認知度向上と世界の環境に対する取り組みを知ることが目的です。

 

 

▼プロジェクトの詳細

 オリジナルストロー製作依頼企業は「株式会社ひろせプロダクト」様です。

株式会社ひろせプロダクトは地球環境を考慮し次世代を見据えた商品開発を行っています。

 

 竹ストローには多くの可能性があります。

 

 竹の伐採は森林の保全につながります。竹は非常に生育が早く、日本では西日本を中心に竹林の放置と拡大現象が問題となっています。2019年には農林水産省が竹の利活用を促していることを踏まえ、今回のプロジェクトにおいて最も望ましい原材料であると考えました。

 

 竹ストローの製造工程で防カビ防腐剤の使用は一切なく、食品衛生法の基準をクリアしていますので、安心してご利用いただけます。

https://hirose-products.jp/bamboostraw

 

 熊本を支援する理由は災害復興だけではありません。柳田ゼミナールでは昨年、熊本の天草にあるオリーブ園の商品を全国に広めることを目的とした産学連携プロジェクトを実施していましたが、新型コロナの影響により活動が中止となってしまったため、もう一度、九州地域の活性化に貢献したい(九州から日本を元気にしたい)という想いがあります。

 

また、くまモンを使用させていただいた理由も、私たちの活動と大きく関係しています。私たちのゼミには聴覚障がいのメンバーが所属しており、新型コロナで実際に会うことができない中、さまざまなツールを駆使して遠隔コミュニケーションをとりながら活動を進めてきました。聴覚障がいのメンバーと健聴者が一つの目的に向けて遠隔によるプロジェクトを実施しているケースは全国でも稀であり、このユニバーサルデザインともいえるゼミ活動を通じて「全国の聴覚障がいの大学生を勇気づけたい」という想いもあります。くまモンは他のキャラクターと異なり、言葉を発することなくジェスチャーでコミュニケーションをとります。くまモンはまさにユニバーサルデザインであり、言語を持たないくまモンは国境を越えて親しみやすい存在です。よって地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」というSDGsの理念との親和性が高いと判断しました。

 

▼プロジェクトのビジョン

 私たちはSDGsの17ある国際目標のうち、5つの目標に絞りました。

竹ストローはこの5つの目標達成に向けた取り組みを兼ね備えています。

目標10に対してはユニバーサルデザインであるくまモン。

目標12では持続可能な消費形態を確保することが目的のため、竹を原材料とすることで天然資源の持続可能な管理と効率的利用を支援します。

目標13では竹林問題を解決することが気候変動に対する具体的な対策となります。

目標14の海洋汚染問題は日本における最大の課題であり、これからも様々な対策を施して取り組み続ける必要があります。

これらの目標を達成に向けて行動していくことで目標15である陸の豊かさを守ることにつながります。

 

製品化のための資金を集めることを目的としてクラウドファンディングを行います。

余剰金は売上金と一緒に全額「FOR KUMAMOTO PROJECT くまモン募金箱」に寄付いたします。

 

身近で気軽に始めやすいとされるエシカル消費が浸透しつつあります。しかし食品ロス削減ばかりが取り上げられ、天然資源や有価物は取り上げられることが少なく、再利用可能なストローの普及は進んでいません。

私たち大学生が竹を使ってマイストローを普及させることで、世界的に広がる環境問題対策に目を向けるきっかけとし、一人でも多くの若者がSDGsの目標達成に向けて行動することを目指しています。

▼リターンに関して

 ご支援いただいた皆様にA.B.D.Eプランにてリターンとしてお贈りする竹歯ブラシは、竹ストロー同様地球環境を考慮した「株式会社ひろせプロダクト」様の商品となっています。

 

 歯ブラシの持ち手部分には竹100%を使用し、ブラシは植物由来のナイロン1010が使用されており、海洋汚染の問題解決につながります。持ち手部分の竹には化学薬品が一切使用されていません。

 

 竹は成長過程でCO2を吸収し、炭素を貯蓄するため、地球温暖化問題のCO2削減に貢献すると考えられています。

 

 株式会社ひろせプロダクトでは「EVERGREENプログラム」として、竹歯ブラシを1本販売する毎に3円を地球環境をよりよくする活動を行っており、発展途上国(後発開発途上国)の貧困状態にある子供たちの教育支援や公衆衛生に関する活動を行っています。また、国内外の植林活動にも使用されます。

 ぜひ、竹ストローと合わせてご利用ください。

 

 Bコース以上のご支援をいただいた皆様にリターンとして贈らせていただくみやび鯛 鯛めしは「株式会社坂田水産 みやび鯛グループ」様の商品となっています。

※みやび鯛 鯛めしは品質保持のため、株式会社坂田水産様より直接発送させていただきます。竹ストローと竹歯ブラシは別での郵送となります。ご了承のほどお願いいたします。

 

 

 みやび鯛グループは天草を中心に、熊本支店、長崎支店の3社からなるグループです。養殖業、水産加工品の企画・加工・販売から、広告企画・制作・セールスプロモーションなどを行っています。

 

 また、熊本市ではみやび鯛・みやび鮪をはじめ、全国各地の旬を味わうことができる本格日本料理店「雅々音」を運営しています。

 

 熊本にお越しの際はどうぞお立ち寄りください。

 

 

株式会社ひろせプロダクト 様 ホームページ

https://hirose-products.jp/

 

株式会社坂田水産 様 ホームページ

https://sakatasuisan.com/

 

株式会社坂田水産 みやび鯛グループ 様 ホームページ

https://miyabidai.com/

 


【プロジェクト終了要項】

●製作物    
竹ストロー

●製作完了予定日    
2021年6月1日

●製作個数    
3000本

 


プロフィール

目白大学社会学部社会情報学科柳田ゼミナールの3年生メンバーです。

リターン

1,000

Aコース(竹ストロー1本・竹歯ブラシ1本)

Aコース(竹ストロー1本・竹歯ブラシ1本)

▼竹ストロー
本プロジェクトで製作した竹ストローを贈らせていただきます。

▼竹歯ブラシ
「株式会社ひろせプロダクト」様より竹ストロー同様環境に配慮し、海洋汚染問題の解決に貢献する「竹歯ブラシ」をお礼として贈らせていただきます。

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年7月
このリターンを購入する

3,000

Bコース(竹ストロー1本・竹歯ブラシ1本・坂田水産:鯛めし)

Bコース(竹ストロー1本・竹歯ブラシ1本・坂田水産:鯛めし)

▼竹ストロー
本プロジェクトで製作した竹ストローを贈らせていただきます。

▼竹歯ブラシ
「株式会社ひろせプロダクト」様より竹ストロー同様環境に配慮し、海洋汚染問題の解決に貢献する「竹歯ブラシ」をお礼として贈らせていただきます。

▼みやび鯛 鯛めし
「株式会社坂田水産(みやび鯛グループ)」様よりみやび鯛「鯛めし」を贈らせていただきます。
(鯛の切り身、調味液 各1パック入り 2合用です)
※みやび鯛 鯛めしは品質保持のため、株式会社坂田水産様より直接発送させていただきます。竹ストローと竹歯ブラシは別での郵送となります。ご了承のほどお願いいたします。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年7月
このリターンを購入する

5,000

Cコース(坂田水産:鯛めし2パック)

Cコース(坂田水産:鯛めし2パック)

▼みやび鯛 鯛めし
「株式会社坂田水産(みやび鯛グループ)」様よりみやび鯛「鯛めし」を贈らせていただきます。
(鯛の切り身、調味液 各1パック入り 2合用です)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年7月
このリターンを購入する

10,000

Dコース(竹ストロー2本・竹歯ブラシ2本・坂田水産:鯛めし2パック)

Dコース(竹ストロー2本・竹歯ブラシ2本・坂田水産:鯛めし2パック)

▼竹ストロー
本プロジェクトで製作した竹ストローを贈らせていただきます。

▼竹歯ブラシ
「株式会社ひろせプロダクト」様より竹ストロー同様環境に配慮し、海洋汚染問題の解決に貢献する「竹歯ブラシ」をお礼として贈らせていただきます。

▼みやび鯛 鯛めし
「株式会社坂田水産(みやび鯛グループ)」様よりみやび鯛「鯛めし」を贈らせていただきます。
(鯛の切り身、調味液 各1パック入り 2合用です)
※みやび鯛 鯛めしは品質保持のため、株式会社坂田水産様より直接発送させていただきます。竹ストローと竹歯ブラシは別での郵送となります。ご了承のほどお願いいたします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年7月
このリターンを購入する

30,000

Eコース(竹ストロー4本・竹歯ブラシ4本・坂田水産:鯛めし4パック)

Eコース(竹ストロー4本・竹歯ブラシ4本・坂田水産:鯛めし4パック)

▼竹ストロー
本プロジェクトで製作した竹ストローを贈らせていただきます。

▼竹歯ブラシ
「株式会社ひろせプロダクト」様より竹ストロー同様環境に配慮し、海洋汚染問題の解決に貢献する「竹歯ブラシ」をお礼として贈らせていただきます。

▼みやび鯛 鯛めし
「株式会社坂田水産(みやび鯛グループ)」様よりみやび鯛「鯛めし」を贈らせていただきます。
(鯛の切り身、調味液 各1パック入り 2合用です)
※みやび鯛 鯛めしは品質保持のため、株式会社坂田水産様より直接発送させていただきます。竹ストローと竹歯ブラシは別での郵送となります。ご了承のほどお願いいたします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年7月
このリターンを購入する

プロフィール

目白大学社会学部社会情報学科柳田ゼミナールの3年生メンバーです。

あなたにおすすめのプロジェクト

野外スポーツ公園 あきちぱーく

原田 彦原田 彦

#子ども・教育

24%
現在
731,500円
支援者
29人
残り
47日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする