READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

【緊急支援】バングラデシュ洪水被災地に医療・物資支援を届けています

【緊急支援】バングラデシュ洪水被災地に医療・物資支援を届けています
目標金額の達成の有無にかかわらず実行者は支援金を受け取ります(All in 方式)。原則、支援のキャンセルはできません。支援募集は8月27日(土)午後11:00までです。

支援総額

58,000

目標金額 1,000,000円

5%
支援者
11人
残り
8日

応援コメント
Patrick
Patrick18時間前少しばかりですがお役に立てれば幸いです。少しばかりですがお役に立てれば幸いです。
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額の達成の有無にかかわらず実行者は支援金を受け取ります(All in 方式)。原則、支援のキャンセルはできません。支援募集は8月27日(土)午後11:00までです。

プロジェクト本文

バングラデシュ  大規模洪水の被災地にご支援を

 

モンスーンと呼ばれる雨季に入ったバングラデシュで、大雨による洪水や土砂崩れが相次いでいます。特に北東部では大規模な洪水によって、数百万人が家屋の浸水被害などに遭い、死者の数も増え続けています。

 

洪水による被害が深刻なシレット管区内のハビガンジ県で、災害対応管理センターを運営するA-PADバングラデシュは、被害の情報を受けて、すぐに被災した人々に救援物資を届ける活動を開始しました。救援物資のパッケージの中身は食料や浄水タブレット、衛生用品などで、ボートを使って被災者に届けています。

 

また、洪水の被害が拡大するなか、A-PADバングラデシュは救援物資の配付を継続するとともに、医師らが中心となって被災した地域で巡回医療支援を行っています。

 

皆さまのご支援をよろしくお願いいたします。

 

ボートを使って物資を届けるA-PADバングラデシュのスタッフ

 

視覚に障がいがあり、自宅で一人でいる時に洪水被害にあったジャマル・ウディンさん。2日間何も食べられず、飼っていた羊と牛なども流され、水害で家財など一切を失ってしまいました。

 

 

活動内容とご支援金の使いみち

 

モンスーンによる大雨で家屋などの建物が浸水する被害は今に始まったことではありませんが、今回のバングラデシュ北東部の洪水被害は、「過去20年近くで最悪」と言われ、被害は広範囲にわたっています。

 

まだ被害状況が見えていない孤立した村々もあり、A-PADバングラデシュではこれまでの経験と知見を生かして、ニーズ調査を続けるとともに、人々に寄り添った医療支援・物資支援の活動を行っています。

 

被災した村で仮設の診療所を設置して被災者の診察を続ける医師

 

皆さまからいただいたご支援金は、A-PADバングラデシュの被災地支援活動に活用いたします。

 

気候変動による異常気象や洪水被害などが世界各地で相次いでいますが、バングラデシュでは、特に災害に対して脆弱な貧困層の人々や子どもたちも多く含まれています。

 

皆さまのあたたかいご支援をお願いいたします。

 

|支援活動内容

 

・安全な水・食料などの緊急支援物資の配布

 

・医師や看護師による巡回診療

 

・家々を失った人々の生活を取り戻すための支援

 

などニーズにあった支援活動を予定しています。

 

 

|資金使途・支援方法

 

いただいたご支援金は、被災地で活動中のA-PADバングラデシュ支援活動費に充てさせていただきます。

 


※ご支援金は、A-PADバングラデシュの事務局を務めている現地団体CISに送金のうえ、活用させていただきます。送金および団体名掲載の承諾を得ています。

※本プロジェクトは、期日までに集まった支援総額に応じて、実行内容の規模を決定します。

 

支援活動の詳細については、責任を持ってこのページ上を通じて報告いたします。


甚大な被害を前に一刻も早く、多くの被災者に支援を届けられるよう、皆さまのご協力をお願いいたします。 

 

 

A-PAD(アジアパシフィック アライアンス)について

 

一般社団法人アジアパシフィックアライアンス(A-PAD)は、アジア太平洋地域で災害が起きたとき、NGO・企業・政府などが連携し迅速かつ効果的な支援を行うためのプラットフォームです。

 

2013年、自然災害の被害が多いアジア各国の災害支援関係者によって創設され、2022年現在、日本を含む6カ国が加盟しています。

 

現場をよく知る各国の企業・NGO・行政がそれぞれの得意分野を生かしながら最適な支援方法を選び、より効果的・効率的な支援を実践しています。

 

国や組織の壁を越えた連携支援の実績を積み重ねるとともに、各現場の経験を学び合う場づくりや人材育成、国際議員連盟の創設などにも貢献しています。

 

 

2022年1月に起きたトンガ沖大規模噴火被災地へも緊急物資を届け、支援活動を行っています。

 

 

これまでの活動実績

 

アジアパシフィック アライアンスの主な支援実績は以下の通りです。

 

・2013年:インドネシア・ジャカルタ 洪水

・2013年:フィリピン台風ハイエン 

・2014年:フィリピン 台風ハグピート 

・2015年:日本 関東大雨災害

・2015年:ネパール地震 

・2016年:台湾南部地震

・2016年:日本 熊本地震

・2017年:ロヒンギャ難民への医療支援

・2018年2月:台湾地震

・2018年8月:インドネシア ロンボク島地震

・2019年8月:九州豪雨

・2019年10月:スリランカ豪雨、フィリピン地震

・2020年1月:各国 COVID-19

・2020年1月:フィリピンタール山噴火

・2020年10月:フィリピン台風ゴニ

・2021年1月:インドネシア 西スラウェシ地震

・2021年3月:バングラデシュ難民キャンプ火災

・2021年7/8月:熱海土石流/佐賀豪雨

・2021年7月:フィリピン台風ゴニ

・2021年11月:スリランカ モンスーン

・2021年11月:ネパール洪水

・2021年12月:インドネシア洪水 

・2021年12月:フィリピン台風  

・2022年1月:トンガ沖 大規模噴火

 

2020年11月に発生し甚大な被害をもたらした台風19号(フィリピン)

 

 

支援コースについて

 

皆さまのお気持ちをできる限り支援活動に活用していきたいと考えております。

 

■支援コース
3,000円/5,000円/10,000円/30,000円/50,000円/100,000円/300,000円/500,000円/1,000,000円


<内容>
・活動報告メールの送付

 

 

Q&A

 

Q1 : 団体が独自で行っている募金活動とはどう違うのですか?

【A1】

 今回のクラウドファンディングは、団体の緊急災害支援活動に対する資金調達、広報活動の一部という位置付けになります。より多くの方から支援をいただけるようにすることが重要になりますので、団体独自の募金活動や広報活動に加えて、READYFORのクラウドファンディングサービスの仕組みを活用させていただいております。

 

Q2 : 支援金は必ず本ページ上の活動のために使われますか?

【A2】

はい。いただいた支援金はプロジェクトページ上にて事前にお伝えした活動資金として充てられます。実際に活動がスタートしてからは、使用用途を含めた活動報告をさせていただきます。


ただ、当初の募集目標金額より多くのご支援をいただいた場合、同じ団体内の、同じ災害に関する別のプロジェクトのために使用させていただくか、あるいは別の緊急災害支援活動を立ち上げる際の資金として蓄えるという判断を行う可能性があります。


もちろん、その場合にも、プロジェクトページ上で団体から支援者の皆さまに対して責任をもって報告させていただきます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

Q3 : 活動報告は、団体の公式HP等での発表内容とは異なりますか?

【A3】

原則、異なりません。基本的には、本ページ上で報告する内容は、団体公式の情報として公式ホームページ、ブログ、SNS公式アカウント等の内容から転載しております。本プロジェクトは、より多くの方々から支援をいただけるようにするための資金調達、広報活動の一部という位置付けになります。

 

Q4: 寄附金控除を受けることはできますか

【A4】

アジアパシフィックアライアンスは一般社団法人であり、税制上の優遇措置を受けることができません。領収書の発行はいたしませんので、ご了承ください。

 

 

プロジェクトに関する留意事項

 

●ご支援確定後の返金やキャンセルは、ご対応致しかねますので、何卒ご了承ください。

 

●支援完了時に「応援コメント」としていただいたメッセージは、本プロジェクトのPRのために利用させていただく場合があります。

 

●銀行振込にてご支援いただく際、返金先口座情報をお伺いいたしますが、All-inのため原則返金はいたしません。ただし万が一ページで約束していたプロジェクトを実施できなかった場合や、振込金額が予約金額より超過している、もしくは不足しており追加で振込まれない場合に返金先口座を利用いたします。お手数ですがご入力をお願いいたします。

プロジェクト実行責任者:
根木佳織(一般社団法人アジアパシフィックアライアンス)
プロジェクト実施完了日:
2024年9月24日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

安全な水・食料などの緊急支援物資の配布/医師や看護師による巡回診療/家々を失った人々の生活を取り戻すための支援などニーズにあった支援活動を予定しています。ご支援金は、被災地で活動中のA-PADバングラデシュ支援活動費に充てさせていただきます。(A-PADバングラデシュの事務局を務めている現地団体CISに送金のうえ、活用させていただきます。)

プロフィール

リターン

3,000+システム利用料


alt

3,000円コース

・活動報告メールをお送りします

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

5,000+システム利用料


alt

5,000円コース

・活動報告メールをお送りします

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

10,000+システム利用料


alt

10,000円コース

・活動報告メールをお送りします

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

30,000+システム利用料


alt

30,000円コース

・活動報告メールをお送りします

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

50,000+システム利用料


alt

50,000円コース

・活動報告メールをお送りします

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

100,000+システム利用料


alt

100,000円コース

・活動報告メールをお送りします

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

300,000+システム利用料


alt

300,000円コース

・活動報告メールをお送りします

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

500,000+システム利用料


alt

500,000円コース

・活動報告メールをお送りします

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

1,000,000+システム利用料


alt

1,000,000円コース

・活動報告メールをお送りします

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

重度の障害者が安心して暮らせるグループホームを建設したい! のトップ画像

重度の障害者が安心して暮らせるグループホームを建設したい!

社会福祉法人あぜくら福祉会 社会福祉法人あぜくら福祉会

#医療・福祉

1%
現在
30,000円
寄付者
5人
残り
53日
全国の身体障がい者に介助犬を届けたい|マンスリーサポーター募集中! のトップ画像

全国の身体障がい者に介助犬を届けたい|マンスリーサポーター募集中!

社福)日本介助犬福祉協会社福)日本介助犬福祉協会

#医療・福祉

継続寄付
総計
53人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする