プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

世界で最も美味しい屋台料理の1つ!ベトナムのサンドイッチ「バインミー」を本場の味で提供するお店を下北沢にオープン!

 

初めまして、フォンです。ベトナムのホーチミンシティ(サイゴン)から日本に来て10年になります。

 

突然ですが、皆様はベトナムのサンドイッチ「バインミー( Bánh mì)を召し上がったことはありますか?

 

フランスパンにマヨネーズと一緒に、チャーシューやレバーペーストに、ベトナムポークハムなどの肉類、大根と人参のなますや、きゅうりにパクチー、小ねぎなどたくさんの野菜を挟んだサンドイッチです。

 

とてもヘルシーなファストフードで、世界で最も美味しい屋台料理10選にも選ばれています。

 

クラシックの具材を挟んだバインミー

 

ベトナムフェスティバルなどでもいくつかのお店が販売しており、日本でも食べることができる機会は増えてきました。

 

ですが、そのほとんどが日本向けにアレンジされており、オリジナルのバインミーを食べられるお店はかなり少ないです。


実は義母がホーチミンシティでバインミーの屋台を営んでいました。そのレシピを教わったため、私の一番の得意料理でもあります。

 

そこで、本場ベトナムの味のバインミーを食べたいと思っている方に向けて、東京にバインミー専門店「バインミーバーバー(Bánh mì Bà Ba)」をオープンします。

 

さっばりとした味になるため、大根と人参の漬物そのたの野菜などを使います。
さっばりとした味にするため、大根と人参の漬物などを使います。
 
バインミーチャーシュー
バインミー用チャーシュー

 

 

本場の味にこだわった「バインミーバーバー」のバインミーの特徴

 

こだわり1 義母から引き継いだレシピ

 

ホーチミンシティ(サイゴン)でバインミーの屋台を経営していた義母からレシピを引き継ぎました。

 

秘伝のレシピで作った濃厚なレバーペーストは現地の味を再現できました。濃厚なレバーペーストは、バインミーの具材のベースになります。

 

レバーペースト
自家製のレバーペースト

 

義母
昔は義母がバインミーの屋台を営んでいた写真

 

こだわり2 こだわりのパン

 

日本のフランスパンはバインミー似ているようですが、固く歯ごたえがあります。これは現地のベトナムのバインミーのパンとは違います。

ベトナムのバインミーは衣がカリッとしていて
、中身もふわふわなパンが特徴です。私は今回の挑戦においてバインミーのパンが一番重要だと考えました。

横浜元町のとあるパン屋さんに、バインミー用のパン作りを依頼。衣がカリッとして香ばしく、中身も軽く口に入れると甘味が広がるベトナムの美味しいパンが出来上がりました。

 

パン
大変美味しいパンを再現しました

 

こだわり3 材料

 

本場の味を守るため、本場のほとんどの材料の仕入先を見つけました。

 

例えば、ベトナム料理に欠かせないベトナムの大豆醤油「ヌクトゥン」です。バインミーの味をより濃くするため、最後はバインミーにつけダレとしてかける欠かせない調味料です。

 

他にも、完成までの材料すべてにこだわりを持って仕入れています。

 

ベトナム醤油
ベトナム醤油「ヌクトゥン」

 

またバインミーに欠かせないものはパクチーです。パクチーが好きな人には、バインミーはとてもオススメです。ただ、パクチーが苦手な人はオプションで入れないようにもできます。

 

パクチー
パクチーとの相性抜群です

 

もう一つはベトナムのGiò Thủ(ジョートゥー) というハム(ベトナムゼラチンハム)です。豚耳、豚タン、きくらげ、椎茸などの材料を工夫して再現しました。

 

サクサクした食感で、調味料の粒コショウは口の仲に広がる辛い風味になりバインミーのアクセントになります。

 

特に冬の時は体を温められます。さらに、コラーゲンが沢山あるので、健康はもちろん、美容やお肌に良い食べ物です。

 

ベトナムのジョートゥー(ゼラチンハム)

 

最後は調理の工程です。ヘルシーに召し上がっていただくために、油の利用を最小限に抑えました。

 

バインミーの製造工程では油で揚げるような具材はありませんし、炒める時は油を限りなく少なくしています。マヨネーズも自家製で作っています。


 

こだわり4 スタッフについて

 

スタッフ全員はベトナムからの留学生を考えています。ローカルな雰囲気を楽しんでいただけるお店になります。

 

また、若い人スタッフが増えることで、お店の雰囲気が賑やかで若くなります。お店に来たお客様を明るく活気づけるようにしたいと思います。

 

制服を着ているスタッフ
スタッフはお店の制服を試着した写真です

 

 

下北沢から徒歩2分の場所にある、3種のバインミーが楽しめるお店です!


若者が集まる場所にお店を開きたいと思います。小田急・京王線 下北沢駅に出店を決めたいと思っています。

 

6坪の持ち帰りファストフードのお店です。手頃な価格を保つため、狭い店舗ですが、忙しい方はテイクアウトも可能。ベンチや椅子を用意してその場でも食べられます。

 

ベトナムのバインミー屋台で食べているみたいな雰囲気を目指し、現地の屋台をイメージとした内装にします。

 

友達と、家族と、おじいちゃんおばあちゃん、誰とでも立ち寄れて、誰にでも愛されるスポットにしたいです。

 

■オープン日:2018年6月中旬までにはオープン予定

 

■交通アクセス

小田急線・京王井の頭線下北沢駅西口より徒歩2分

 

■営業時間 AM 11:00 – PM 9:00 ※予定

 

■座席数:オープンテラスで4席

 

■場所:〒155-0031 東京都世田谷区北沢2丁目27-8

 

■料金:300円から650円(税込)※予定

 

バインミーは3種類あります。各種類のバインミーの基本具材は、マヨネーズ、レバーペースト、なます、パクチー、小ねぎ、赤唐辛子です。

 

種類によりメイン具材が違います。特別の種類のBánh mì Thập Cẩm(バインミートァップキャム)にはゼラチンハム、チャーシュー、チキンフレークが入っていますが、Bánh mì Giò Thủ(バインミージョートゥー)の場合はゼラチンハムのみ、Bánh mì Xá Xíu(バインミーチャーシュー)の場合はチャーシューのみが入っています。お客様のお好みの味でお選びください。

 

バインミーバーバー(チャーシューとゼラチンハム)
Bánh mì Thập Cẩm(バインミートァップキャム)600円(税込)※予定

 

Bánh mì Giò Thủ(バインミージョートゥー)550円(税込)※予定

 

Bánh mì Xá Xíu(バインミーチャーシュー)500円(税込)※予定

ドリンクセットの場合、50円プラス※予定です。

 

また、チェーというベトナムスイーツも、種類により250円〜400円(税込)で販売する予定です。

 

フェイスブックページはこちら

https://www.facebook.com/banhmibabaJapan/

 

皆で一緒に食べるのにもぴったりです!

 

 

カレーやハンバーガーなど外国から来た食べ物が日本で一般的になったように、バインミーも日本人の日常食にしたい!

 

今回のプロジェクトを通して本場のバインミーを日本人に広げたいです。カレーやハンバーガーなどの外国の食べ物が定着したように、バインミーは日本人に人気のある一般的な料理になることがこのプロジェクトのビジョンです。

 

フランス人はバインミーをベトナムへ持って来ました。バインミーバーバーは本場のバインミーを日本へ持って来ます。

 

ベトナム屋台の雰囲気のお店で、本番の味のバインミーを楽しんでいただくことで、「ベトナムの料理は美味しいね」と思っていただけたら、幸いです。

 

みなさまの温かいご支援、どうぞよろしくお願いいたします。

 

フォンバインミー紹介

 

 

お得なリターンをご紹介します!

 

野菜とバインミー


★★★★★「バインミーバーバー」応援

「バインミーバーバ」を応援しながら、バインミーバーバーを味わましょう。

 

 

 

バインミー具材の色々な
上と左から順番はマヨネーズ、ジョートゥー(ゼラチンハム)、レバーペースト、バインミーチャーシューの
バインミーの具材です。


 

★★★★★購入時毎回デザート無料パスポート

ベトナムのスイーツの代表といえば、チェー(Chè)です。甘く煮た豆類、寒天やタピオカなど複数の具材を合わせて食べる伝統的なデザートで、寒い時も暑い時も食べられるように工夫して作りました。

※「デザート無料パスポート」という記載があるリターンに限ります。

パスポートの有効期限はオープンから1年間となります。

 

カラフルなチェー
Chè Xí Xọn(チェー シー ション)とChè thập cẩm(カラフルなチェー)

 

「バインミーバーバー」応援コース 
店内にお名前掲載&ドリンク付きバインミー10個&デザート無料パスポート

お店で販売するチェーが全て無料となります。

 


最新の新着情報