READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

備北バス|昭和の路線バス 2350号と2511号 の延命にご支援を

備北バス株式会社 

備北バス株式会社 

備北バス|昭和の路線バス 2350号と2511号 の延命にご支援を

支援総額

6,541,000

目標金額 4,000,000円

支援者
328人
募集終了日
2022年4月28日
プロジェクトは成立しました!

プロジェクト本文

100期続く岡山県のローカルバス“備北バス”の大切な仲間を救いたい

 

ページをご覧いただきありがとうございます。岡山県内でローカルバス、高速バス、貸切バス、福祉バス等の運行業務を行う、備北バス株式会社です。

 

備北バスは、昭和18年2月20日に岡山県北西部の乗合バス事業者が合併して誕生しました。前身の備北自動車から数えると、2021年度で事業年度101期を迎える路線バス事業者です。

 

これまで、公共交通の基盤企業として岡山県内の地域に根付いて活動してまいりました。

 

備北バス50年史より

 

岡山県というと『晴れの国』というイメージをお持ちではないでしょうか。確かに岡山市や倉敷市、瀬戸内海沿いの県南部は『ぼっけえ晴れて暑いんじゃ!』です。ただ、我が県は北と南で見せる顔が全く異なり、北部は優良なスキー場がある豪雪地帯です。

 

弊社営業エリアでも冬季はスタッドレスタイヤとチェーンは欠かせません。県北部は『ぼっけえ雪が降りよって道がシミよんじゃ!』です。(※注:道がシミる → 道路が凍結するの意。県北部では通じるが県南部では通じないので岡山県のニュース番組でも字幕がでます。)

 

この雪と凍結が、弊社の大切なバスたちをジワジワと痛めつけており、特に2台(2350号・2511号)の車両が危機的な状況にあり、クラウドファンディングに挑戦することにいたしました。

 

必須部品が手に入らず、同型の兄弟車の部品とりとなってしまった車体。今回助けたい車輌の系統車であり、エンジンはまだ生きている大切な車体です。

 

コロナ禍でバス業界への大打撃が広がる一方、
備北バスの大切な車両 2350号・2511号が危機に......

 

冬の間は、道路の凍結対策として融雪剤が撒かれます。岡山県北部や中国道周囲のエリアは“日本一、融雪剤を撒いているエリア”という俗説があるほどです。

 

このような地域では車両の洗浄や特殊な被膜を使った塗装などをしても、車両の腐食は確実に進んでしまいます。そして弊社の営業エリアは日本有数の山間狭隘(さんかんきょうあい)路線、普段からシャーシや変速系には大きな負荷がかかります。

 

全国の他の地方路線バス事業者もそうですが、弊社も経営は苦しく新規車両で更新していくことは簡単にできることではありません。これまでも、歴代の腕利き技術者と協力企業の皆様のおかげで、なんとか現有車両を生き残らせながら営業をつづけてきました。

 

しかしながら、このコロナ禍で、弊社の観光バス部門・高速バス部門は大打撃を受け、観光・高速バスで利益をあげて路線バスの維持修繕を行うサイクルが回らない状況です。

 

平時なら車輌維持のために絶対に行うはずの大修理も、自力では躊躇せざるを得ない危機的状況に陥ってしまいました。それでも、バスは今日も確実に傷んでいきます。

 

 

皆様からのご支援で修繕する2台のバスについて

 

 

今、懸案となっているバスは2台。昭和生まれ、同型式2台で御年30歳越えのベテランです。写真中央の2台、写真左:岡22か2350号(昭和61年製造)写真右:岡22か2511号(昭和62年製造です。
 

※一番左の「下電バス2300号」は昭和60年製造、本州で営業運転する同型では最古級。右端の「ボンネットバス1132号」は昭和42年製造、高梁市所有で弊社が管理させていただいているバスです。

 

この2台は高梁市を中心に、主要路線を転々としながら今も元気に地域の皆様の生活や通学の足として活躍してくれています。

 

2350号は、他のバスたちが車検や修理でお休みのときに代走する、しょっちゅう動く予備車です。この姿で岡山駅のバスターミナルにもお邪魔したりします。

 

2511号は、下記写真にある高梁市川上町高山市(こうやまいち)線を運行するバスです。いずれの車輌も地域の皆様にとって欠かせない存在です。

 

高梁市吹屋の街並みの中を
高梁市川上町『高山市』にて。2511号の受け持つ路線です
本社洗車場での2511号。日々の洗車点検は欠かせません

 

毎日地域のために、岡山県北西部特有の気象・道路条件のなかで頑張ってくれている2台ですが、年齢でいえば、36歳と35歳のバスです。当然車体の傷みは日を追うごとに激しくなり、2350号は修理工場に入院しています。

 

2350号車体下部の傷み。つぎはぎ修理をしても、かさぶたのように新たな腐食が進みます。

 

さらに、この2台は日産ディーゼル製・富士重工伊勢崎工場で生まれたバスで、新たな製造が出来ず、補修部品調達も中古部品再生(リビルト)以外、間もなく不可能になります。「部品取り」の車体が走れなくなったように、必須部品が無くなればこの2台も廃車せざるを得ません。

 

2350号と2511号の証票。この子たちの生まれ故郷は、もう無くなってしまいます

 

|目標金額:400万円

 

|資金の内訳:

2350号・2511号の2台のバスの修繕費用 / クラウドファンディング利用手数料 / リターン経費

 

※2350号に関しては、腐食がひどく進んでおり、修繕を早急に対応する必要があったためすでに修繕に入っております。皆様からいただくご支援は、後日2350号の修繕費用の資金にあてていく予定です。
※このプロジェクトはAll-in形式での実施になります。万が一目標金額に届かなかった場合も自己資金で補填するなどして実施いたします。
 

|修繕のスケジュール:

2022年2月〜:2350号の修繕開始

2022年3月後半:2350号の腐食修繕完成
2022年5月後半:部品が調達できれば、2511号エンジン・ミッション等の修繕開始(※)
2022年6月中:部品が調達できれば、2511号修理完了(※)
(※)部品の調達スケジュールによって、修繕のスケジュールが変更になる可能性もございます。

- - - - - - - - - - - - - - - - 

とくに、2350号は備北バスにとって必要なバスですので見切り発車で修理を始めております。見積もりでは車体下部修理で150万円程度が必要です。状況次第では増額もありえます。2511号は、車体の状況は比較的良いのですが、エンジンが不調気味です。エンジンを部品とりの兄弟車から移植できれば(そのための部品を探索しています)もしくはフルオーバーホールをかけられれば(これも部品が必要で探索しています)かなりの延命が期待できます。
 

 

皆様からのご支援で2台の命をつなぎ、
岡山地域の皆様の日常にもう一度、安心と安全を。

 

今、きちんと治すことができれば、この2台の寿命を相当伸ばすことができます。幸いにも同系統の車輌が部品再生の素体として手元にありエンジンもあるので、車体の骨格さえしっかりと治せれば、かなりの日数を元気に走ることができるでしょう。

 

この2台、この地域に生まれた皆様に子どものころから乗っていただき、送り出してきたバスです。ほかのバスたちもそうです、道が動脈ならバスは血液です。

 

何もかも無くなってしまえば、地域が、帰ってくる場所が、なくなってしまいます。

 

皆様のご助力をいただければ、この2台のバスのみならず、この地域で暮らす人たちへの大きな助けにもなります。どうか、よろしくお願いいたします。

 

 

備北バス 代表者からのメッセージ

 

 

弊社備北バスの営業地域でもある高梁川沿線は平成30年に大水害にみまわれました。
そして、なんとか復興への手ごたえを得つつあったところに、2年以上に及ぶコロナ禍に巻き込まれ,

この岡山県北部地域は苦難の真っ只中にあります。


この地域に生きる皆様ひとりひとりが必死に日々を生き抜いておられる、その手助けとなるために弊社も公共交通の守り手として頑張っております。

 

しかしながら、日本のみならず世界的にも厳しい経済社会環境の中、弊社も大きな打撃を受け、岡山県北の地方中山間の公共交通の命運は、まさに風前の灯のような状況です。


ここにも、地域の人々の生活があります。合併し遠方の学校へ通う子どもたち、病院へ受診に向かうお年寄り、そして交通弱者とされる方々の生活、それを守り支える使命を果たさねばなりません。
 
今回のクラウドファンディングは弊社のみならず地域に生きる人々の生活の支えにもなります。
どうか、皆様の御支援、御協力をいただきますよう御願い申し上げます。

 

備北バス株式会社

代表取締役 政森 毅

 



 

プロジェクト実行責任者:
政森 毅(備北バス株式会社)
プロジェクト実施完了日:
2022年8月31日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

弊社定期路線バス2350号と2511号の延命修理を行います。

リスク&チャレンジ

プロジェクトを実施する上でのリスクについて
2511号のエンジンとミッションの修理に必要な部品を手に入れられない場合、計画の日程がずれ込む可能性がある

プロフィール

リターン

3,000


alt

お礼のメールをお届けします

■お礼のメール

支援者
62人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

8,000


alt

備北バス オリジナルグッズセットをお届け

■お礼のメール

■備北バスピンバッジ

■新見らくるっとチョロQ

支援者
63人
在庫数
85
発送完了予定月
2022年8月

12,000


alt

【支援者限定グッズ】オリジナル記念コースター・写真集1冊をお届け

■お礼のメール

■2350号・2511号 記念コースター

■2350号・2511号 記念写真集1冊

支援者
70人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

30,000


alt

【支援者限定グッズ】復刻版!備北バス50周年記念社史・社史にお名前掲載

■お礼のメール

■2350号・2511号 記念コースター

■2350号・2511号 記念写真集1冊

■備北バス50周年記念社史(復刻版)

■備北バス50周年記念社史にお名前を掲載

支援者
69人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

100,000


alt

備北バス協定プレート+支援者限定グッズ

■お礼のメール

■2350号・2511号 記念コースター

■2350号・2511号 記念写真集1冊

■備北バス50周年記念社史(復刻版)

■備北バス50周年記念社史にお名前を掲載

■備北バス協定プレート

支援者
6人
在庫数
13
発送完了予定月
2022年8月

5,000


alt

2350号・2511号の修復を全力応援コース(5千円)*4/22追加

■お礼のメール

*いただいたご支援のほとんどは、2350号・2511号の修繕費用として大切に使用させていただきます。

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

10,000


alt

2350号・2511号の修復を全力応援コース(1万円)

■お礼のメール

*いただいたご支援のほとんどは、2350号・2511号の修繕費用として大切に使用させていただきます。

支援者
48人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

30,000


alt

2350号・2511号の修復を全力応援コース(3万円)

■お礼のメール

*いただいたご支援のほとんどは、2350号・2511号の修繕費用として大切に使用させていただきます。

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

50,000


alt

2350号・2511号の修復を全力応援コース(5万円)

■お礼のメール

*いただいたご支援のほとんどは、2350号・2511号の修繕費用として大切に使用させていただきます。

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

100,000


alt

2350号・2511号の修復を全力応援コース(10万円)

■お礼のメール

*いただいたご支援のほとんどは、2350号・2511号の修繕費用として大切に使用させていただきます。

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

200,000


alt

2350号・2511号の修復を全力応援コース(20万円)

■お礼のメール

*いただいたご支援のほとんどは、2350号・2511号の修繕費用として大切に使用させていただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

500,000


alt

2350号・2511号の修復を全力応援コース(50万円)

■お礼のメール

*いただいたご支援のほとんどは、2350号・2511号の修繕費用として大切に使用させていただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

干し柿の仕上げもみ機械を開発したい のトップ画像

干し柿の仕上げもみ機械を開発したい

佐藤京子佐藤京子

#フード

15%
現在
235,000円
支援者
22人
残り
28日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの実施相談をする
プロジェクトの相談をする