READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

世界で活躍するインド古典舞踊家・小野雅子らによる東京公演の実現へ!

Border Line in TOKYO 巡礼 実行委員会

Border Line in TOKYO 巡礼 実行委員会

世界で活躍するインド古典舞踊家・小野雅子らによる東京公演の実現へ!

支援総額

3,165,000

目標金額 3,000,000円

支援者
71人
募集終了日
2021年4月30日
プロジェクトは成立しました!
4人がお気に入りしています

4人がお気に入りしています

プロジェクト本文

インドを拠点に世界各地でパフォーマンスをおこなう舞踊家・小野雅子。
2021年夏、古典舞踊を超えた舞踊×衣装の新作舞台公演を開催!

 

インド八大古典舞踊のひとつで、かつてはヒンドゥー教の神殿内だけで神々のために踊られていたオディッシーというダンスがあります。

 

その優美で力強いダンスは「生きた彫刻」と呼ばれ、その魅力に触れたマイケル・ジャクソンやマドンナもMVにオディッシーダンスを登場させました。

 

そんなインドが世界に誇るオディッシーダンス界で、一人の日本人ダンサーが活躍していることをご存じでしょうか?

 

 

東京で生まれ育ち、大学卒業後に単身インドへ渡って修行を積み、現在はインド政府公認のオディッシーダンサーとして活動する小野雅子がその人です。

 

インドを拠点に世界各地でパフォーマンスをおこなう舞踊家・小野雅子が、2021年夏に古典舞踊の枠を超えた、舞踊とファッションショーが融合した新作舞台公演「Border Line in TOKYO」を東京で創り上げることになりました。この舞台は、ジェンダーや国籍などさまざまなBoderを超えて、新しさと伝統が融合する、そんな舞台です。

 

この公演の実現に向けて、広くご支援を募るためクラウドファンディングをおこないます。

皆様、ご支援のほどお願いいたします。

 

 

一般社団法人ムドラー・ジャパン Border Line in TOKYO 巡礼 実行委員会

 

Border Line Project:

 

Border Line Projectとは、小野雅子がこれまでインド古典舞踊に捧げてきたキャリアの集大成とする一方で、コラボレーションによる新たな表現の創出に取り組むプロジェクトです。

世界中が暗いムードに包まれている今だからこそ、踊りの力によって “境界線=Border Line” を乗り越える光をもたらしたい。そんな想いの込められたこれまでにないステージです。

 

インド古典舞踊家|小野雅子

 

今回の公演のメインアーティストである小野雅子は、東京に生まれ育ち、現在はインドを拠点に活動する舞踊家です。

 

 

幼少の頃からモダンダンスを学んだ彼女は、東京外国語大学卒業後に単身インドへ渡り、世界レベルのインド舞踊家を多数輩出する舞踊学校「ヌリッティアグラム」でオディッシーダンスを学びました。以来、インドや日本を中心に、アジア各国のほか、アメリカ、フランス、スウェーデン、ペルーなど世界各地の公演に出演。

 

2007年にインド政府公認オディッシーダンサーに認定されると、NHK BS1の『ファースト・ジャパニーズ』で取り上げられ、『Newsweek』誌の「世界が尊敬する日本人100人」の一人にも選ばれました。

 

 

 

また、オディッシーの古典はもとより、コンテンポラリーダンスや創作ダンスなど、自身もジャンルレスに活動する一方、さまざまなジャンルのアーティストとのコラボレーションやインド文化を発信する活動も積極的におこなっています。

 

2009年には、インドで 「MUDRA foundation」を設立し、インド国内外の気鋭アーティストを招聘するパフォーマンス・フェスティバル「オディシャ・ビエンナーレ(ODISHA BIENNALE)」をスタート。

 

同フェスティバルでは、最先端芸術の公演をおこなうだけでなく、オディッシーダンスや伝統工芸といった地域の文化資源の価値発信、参加アーティストによる地域の若者や子どもなどを対象としたワークショップの開催など、アートやデザインを通じた社会の文化力の底上げにも取り組んできました。

 

 

 

インド古典舞踊|オディッシーダンス

 

|オディッシーダンスの歴史

 

小野雅子が拠点を置くオディシャ州はインド東部に位置し、世界遺産のスーリヤ(太陽)寺院をはじめとする壮麗な寺院や彫刻で知られる地域です。

 

オディシャ州の町並み

 

この地で古くから踊られてきたオディッシーダンスは、美しくも力強い動きが特徴で、その歴史は2000年以上さかのぼれるとも言われています。

 

かつてヒンドゥー教の神殿内だけで神々のために踊られていたオディッシーダンスは、20世紀前半に登場した4人のグル(指導者)によって再興され、芸術的な価値を認められるものになりました。これにより、かつて神々に捧げられていた幻の巫女舞は、オディッシーダンスとして私たちの眼前に姿を現すこととなったのです。

 

 

|地域産業と密接に関わるオディッシーダンス

 

また、オディッシーダンスが生まれたオディシャ州は、芸術性の高い伝統工芸の根ざした地域でもあります。

 

5000年以上前のインダス文明まで起源をさかのぼることができる「ドクラ(dhokla)」という金属加工技法や日本の「絣」の源流である「イカット(ikat)」、繊細な銀細工「フィリグリー(filigree)」など、さまざまな工芸品が昔ながらのライフスタイルのなかで職人たちの手によって作り続けられています。

 

 

こうした伝統工芸とオディッシーダンスは切っても切れない関係にあります。

 

職人たちによって織られたサリーから作られる鮮やかな衣装や銀細工の繊細な装飾品。これらを身にまとったダンサーは、優美な踊りや音楽とあいまってあたかも寺院の彫刻が動き出したような神秘的な印象を観る者に与えます。

 

今回の公演にも、こうした芸術的な工芸品の数々が舞台衣装などで登場します。

 

 

 

小野雅子の新プロジェクト|「Border Line Project」始動

 

2021年にソロダンサーデビュー20周年を迎えた小野雅子は、数年間の構想期間を経て、新プロジェクト「Border Line Project」をスタートさせました。

 

|Border Line Projectとは

 

Border Line Projectは、日本で生まれ人生の約半分をインド(印度)で暮らしてきた小野雅子が、これまでの古典舞踊に捧げてきたキャリアの集大成とする一方で、コラボレーションによる新たな表現の創出に取り組むプロジェクトです。

 

日印の踊りや光にまつわる女神(特にアメノウズメとウシャス)の神話から着想を得て、舞踊とファッションショー、音楽、現代のテクノロジーを駆使した舞台演出などが組み合わさった、これまでにないステージを同時代の表現者たちと共に創り上げます。

 

 

|”Border Line”に込められた思い

 

ところで、プロジェクト名はなぜ “境界線=Border Line” なのでしょう。

 

世の中にはさまざまな境界線が存在しており、その線上でさまざまな苦しみや悲しみ、葛藤などが生まれています。一方で、踊りにはさまざまな境界線を越境し、人々に光をもたらす力があると神話の昔から考えられてきました。

 

2010年代後半からの数年で、私たちはそれまで以上にさまざまな境界線を強く意識することになりました。人種やジェンダーなどによる境界線。政治信条や所得格差による境界線。そして新型コロナウイルス感染症がさらなる亀裂をもたらした人と人、国と国との境界線。

 

人間自身が作り出し、とらわれている境界線の存在をいったん受け止め、それらを乗り超えていくことが、今こそ必要とされているのではないでしょうか。  

 

世界中が暗いムードに包まれている今だからこそ、踊りの力によって “境界線=Border Line” を乗り越える光をもたらしたい。

 

そんな思いから、プロジェクトを「Border Line Project」と名付けました。

 

そして、小野雅子のルーツである東京の地で、第一弾公演となる「Border Line in TOKYO」を2021年7月に開催します。

 

日本での小野雅子による本格的な公演は、2019年5月に伝統芸能の聖地・国立劇場でおこなったオディッシーダンス公演『神々の残照―伝統と創造のあわいに舞う―』以来のものとなります。 

 

 

公演|「Border Line in TOKYO」

 

 

「Border Line in TOKYO」は、インド古典舞踊であるオディッシーダンスとコンテンポラリーダンス、ファッションショー、ライブで奏でられる音楽、そして現代のテクノロジーを活用した演出が融合する新しい形式の舞台です。

 

ダンサーなどの出演者には、国籍や世代、ジェンダー、障がいの有無、プロとアマなどの境界線を超えてさまざまな属性の方が参加する予定です。

 

また、踊りと対をなすもうひとつの見どころが衣装です。

 

インドの伝統織物「イカット」などを活用し、東京のファッションデザイナーによってデザインされる衣装が舞台を彩ります。

 

現在制作中のプロのデザイナーによる新作衣装、そしてインドでも喝采を浴びた日本のファッション教育の最高峰・文化服装学院の学生たちによってデザインされた神々の衣装など、そのいずれもが日本とインド、伝統と革新、プロとアマチュア(学生)など、さまざまな属性を越境することで生まれた衣装です。(※文化服装学院の学生たちがデザインした衣装について、こちらのコラムで詳しく紹介しています)

 

このような多様な文脈を織り込んだ衣装をまとった多様な個性をもつ出演者たちがステージで競演する様は、まさに「Border Line in TOKYO」のメッセージを象徴するものとなるでしょう。

 

 

【 Border Line in TOKYO 公演概要】

 

公演名: Border Line in TOKYO

公演日:2021年7月18日(日) 

会場:東京芸術劇場シアターイースト 

チケット料金:一般前売5,500円・当日6,000円(予定)*学割有り 
*発売日、購入方法、公演時間など詳細は後日発表いたします。

出演:小野雅子 ほか
振付:小野雅子、橋本真奈 ほか

 

企画/プロデュース:小野雅子、小山奈々子   

舞台演出:谷岡万城男  

ダンス演出:橋本真奈(from NY)、 

Narendra Kumar Lakshmipathy(from India) 

舞台監督:原口佳子   

音楽監督:Pete Lockett(from UK)   

ゲストシンガー:Mahesh Vinayakram Page(from India) 

音楽:西原健一郎、永見行崇、古賀小由実  ほか

衣装:文化服装学院、ウルトラタマ、服部あゆみ   

映像演出:力石友弥、小笠原たけし、まるやまもえる ほか

ドラマトゥルク:井本由紀

 

主催・制作:一般社団法人ムドラー・ジャパン Border Line in TOKYO 巡礼 実行委員会

制作協力・運営:株式会社ホットスタッフ・プロモーション

協力:東京芸術劇場、文化服装学院 ほか 

助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京

 

※社会情勢などやむを得ない事情で万が一開催ができなかった場合には、公演を延期させていただきます。その場合でもいただいたご支援金のご返金はいたしかねますので、予めご了承ください。

※公演チケットは5月中旬頃販売を開始予定です。本リターンには公演チケットが含まれませんのでご注意ください。

 

 

ご支援の使いみち


皆様からのご支援は公演「Border Line in TOKYO」の開催資金の一部として大切に使わせていただきます。

 

そもそもこの公演は、2020年夏に東京芸術劇場で開催する予定でした。それが新型コロナウイルス感染症の拡大によって延期となり、予定していた大口のスポンサーがなくなるという、もうひとつの想定外の事態にも見舞われることになりました。

 

公演を開催するためには、会場使用料、舞台衣装や舞台美術の制作、出演者や音楽家、音響や照明をはじめとするスタッフへの報酬、配信映像制作にかかる費用など、さまざまな経費が必要となります。

 

そこで開催費用をご支援いただける方を、クラウドファンディングで募ることとしました。

 

・第一目標金額:300万円

・資金使途:2021年公演開催にかかる費用の一部へ充当

 

※本プロジェクトは2021年7月18日(日)に「Border Line in TOKYO」公演を開催したことを以て、プロジェクト終了といたします。

 

 

皆様からのご支援と共に実現したいこと

 

Border Line Projectにとって、今回の東京公演「Border Line in TOKYO」は最初の一歩だと考えています。

 

「Border Line in TOKYO」で創り上げた舞台表現とメッセージを土台に、将来的にインドやアメリカ、スウェーデンなど、海外でも現地の表現者たちと共に創作・公演を実施することも視野に入れています。(新型コロナウイルス感染症の流行状況や社会情勢をみながらとなるため、実施時期は未定です)

 

このプロジェクトを通じて、日本とインドの文化的な魅力を海外にプレゼンテーションすることはもとより、出演者、公演を支える参加クリエイター、そして観客の皆様、それぞれが自身をとりまく境界線に向き合い、乗り越えるきっかけを作っていきたいと考えています。

 

今回の東京公演は、そのための大事な第一歩です。公演を実現させるため、皆様、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

メンバーからのご挨拶

 

振付・出演:小野雅子(舞踊家・アーティスト)

 

インドに拠点を移して早25年、思えばインド古典舞踊のオディッシーダンスに惹かれて大学卒業後にインドに来てから今日まで、何とインドに暖かく見守られてきた事でしょう。

 

大きな大地を持つおおらかで雄大なインドと繊細でこだわり気質の美しい日本はとても学び合えるものの多い組み合わせだと感じて参りました。

 

今回、古代の日印のストーリーを元にダンスを作りつつ、そんな日本とインドのつながりとご縁を皆様に広げて行ければと思っております。

 

インドのアーティストさん達が日本で一緒に公演できたり、インドの職人さん達によるグッズを日本で展示したり、またその他諸国でインドのアートや文化を牽引する素晴らしいアーティスト達などの参加を皆様に是非ご支援いただけたら幸いです。

 

今回のプロジェクトは、日本神話とインド神話、そしてインド舞踊アーティストと日本の現代アーティスト、私たちはその境界線を超えて行けるのか、私にとっての挑戦でもあります。

 

どうか、皆様のインドへの愛と、新たな光へのプロジェクトへご支援をお願いいたします。

 

 

企画・プロデュース:小山奈々子(クリエイティブディレクター)

 

小野雅子さんのオディッシーダンスに魅了され、彼女が身にまとう美しい衣装や伝統工芸品と共にオディシャの文化を伝える大規模な展覧会、『オリッサオディッシー展』を東京で開催したのが2010年。インド政府公認の古典舞踊家として世界の舞台で活躍し続けている小野雅子さん。

 

2021年、この東京で10年ぶりにオディシャの文化と舞踊に再び光をあてさまざまな境界を超え、人やコト、文化とアートで新しい作品を生み出します。コロナ禍での大変な時期ですが、だからこその豪華コラボレーションも実現しそうです。日印の架け橋となる小野雅子の活動に希望を感じてくれた多くの素晴らしいアーティストやスタッフが集結しました。

 

「Border Line」が紡ぐ過去と未来、インドと日本、そしてアートで世界がつながる奇跡の舞台を是非みなさんと共有できたら嬉しい限りです。実現に向けご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

舞台演出:谷岡万城男(演出家・ファッションショーディレクター)

 

今回のプロジェクトは、本来であれば直接会ってコミュニケーションを図りつくっていく作業することができない為、リモートやデータのキャッチボールで進めていきます。
NY LONDON ODISHA TOKYOと国を超えそれぞれのクリエーターが力を集結し表現して作り上げる舞台を私自身とても楽しみにしています。出演者もダンサーだけでは無く、人種や性別も、いろいろな方が登場します。インドと日本のファッション美意識の融合もお観せできると思います。

 

ドラマトゥルク:井本由紀(文化人類学者)

 

インドでの偶然の出会い以来、小野雅子さんのオディッシー・ダンスに魅了され続けてきました。そして彼女を中心としながら展開される、多様で越境的な芸術活動に共鳴し、人類学者としてそれを追い続けるうちに、「ボーダーライン」にたどり着きました。


「ボーダーライン」の魅力は、それがまさにあらゆるボーダー(枠)を超えていくようなプロジェクトであるというところに、感じられます。インドの混沌と破壊のエネルギーに支えられている、壮大な構想です。国境を越え、時空を超え、性別や身体的特徴やあらゆる固定化されたアイデンティティを超えて。音楽的ジャンルは融合され、伝統舞踊とコンテンポラリーダンスが融合され、ファッションショーと演劇舞台が融合され、作り手と受け手が融合され、神と人間と動物が融合され、魂と地球と宇宙が融合されていくような、混沌たる壮大さなのです。これは、体験してこそ理解できる規模感と圧倒的なエネルギーです。

 

2021年、世界が大きく変容しているこの転換期に、「ボーダーライン」という儀礼的祭宴を、ぜひ心と身体で存分に味わい、境界線が溶けてゆく世界を、ともに体現して行きませんか?

 

音楽監督:Pete Lockett(ピート・ロケット)(マルチ・パーカッショニスト)

 

多文化ダンスコラボレーションの最先端を走っている小野雅子が、インドの神聖な芸術形式の1つであるインド古典舞踊のパフォーマーとしてインドで受け入れられるのみならず、インドの芸術分野の専門家達から非常に多くの称賛を受けていることは確実に大きな成果である。

 

彼女はインド古典舞踊であらゆる点で優れている上、今ではその境界をも打ち破り、未来のための芸術的なビジョンを作成しています。私たちの古代の人間の遺産と絶えず変化し急速に発展する未来との間に敬意を持ってリンクと結びつきを作り出す彼女の現代的なBORDERLINEプロジェクト・イン・東京は、可能性に満ちた非常にエキサイティングなビジョンです。

 

私はその素晴らしいプロジェクトに少しでも関われることを嬉しく思い、光栄に思います。未来、テクノロジー、現代性に溢れていてエキサイティングなだけではなく、伝統芸術の完全性と深みを反映して成長する多様な音響サウンドスケープを作成および構成することに深く刺激を受けています。

 

小野雅子と並んで、 コラボレーター、プロデューサー、アーティスト、技術者の熟練したチームが、BORDERLINEプロジェクト の栄光を形作っていきます。これは素晴らしいイベントであり、2021年に日本で開催されるオリンピックの精神にぴったりです。

 

Masako Ono has been at the cutting edge of multi cultural dance collaboration for some years now. To be accepted in India as a performer in one of their sacred art forms is a mighty achievement indeed, let alone going on to receive so many accolades from exponents and masters of those arts. She has excelled in every way with the traditional forms and now goes ahead to break boundaries and create artistic visions for the future. Respectfully creating links and ties between our ancient human heritage and our ever changing and rapidly developing future, her contemporary BORDERLINE project, Japan 2021, is a very exciting vision of that potential. I am thrilled and honoured to be a small part of that incredible project and am deeply inspired to create and compose a diverse sonic soundscape that looks excitingly to the future, technology and modernity but also reflects and grows from the integrity and depth of the traditional arts. Alongside Masako, a skilled team of collaborators, producers, artists and technicians will go on to shape the BORDERLINE project in all it’s glory. It will be an incredible event and a perfect fit for the ethos of the Olympics that take place in Japan in 2021.

 

ゴングパフォーマー:水谷 翔(THE KOKONOE 代表)

 

 

小野雅子さんのオディッシーダンスは時間・空間を超えた普遍性と、人間本来の輝きと魅力を発現させるエネルギーに溢れ、2020年の国立劇場でのパフォーマンスに私自身大変感動いたしました。本場インド・オリッサ州で20年以上にわたる修練のもと展開される演舞は哲学的かつ神話的であり、神人合一を体現する鮮烈なパワーが放出されます。混迷と不確実性が高まる時代に生命の本源に迫るアプローチとパフォーマンスの意義は非常に大きいと思われ、参画させて頂き光栄に存じます。7/18「Border Line in TOKYO」が火付け役となり、魂を覚醒させていく方が増えることを願ってやみません。

 

音楽:古賀小由実(音楽家)

 

 

小野雅子さんのオディッシーダンサーとして最前線で活躍しながら、アートのジャンルを超えたコラボレーションに積極的に取り組まれる姿勢には感銘を受けるとともに、この国境・ジャンル・時代をも超えた舞台づくりに、音楽家として関わることができることを幸せに思います。

 

共演者のみなさん、そしてこのプロジェクトを見守る皆さんとともに、作品の中でたくさん語り合い、ボーダーラインを越えどこまでも広がり、溶け合い、新しい光を一緒に見据えたいと願っています。

プロフィール

リターン

10,000


alt

公演アーカイブ動画配信

ーーーーー
本リターンには、公演チケットは含まれておりません。別途5月中旬販売予定です。
ーーーーー

・お礼のメッセージ
・オディシャの技術で制作した、パタチトラの小野雅子の名刺
・ボーダーライン小冊子
・ボーダーライン小冊子と公演アーカイブ映像にお名前掲載(希望制)
・7月公演アーカイブ配信チケット

支援者
23人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

15,000


alt

公演アーカイブ動画配信+オンラインレッスン

ーーーーー
本リターンには、公演チケットは含まれておりません。別途5月中旬販売予定です。
ーーーーー

・お礼のメッセージ
・オディシャの技術で制作した、パタチトラの小野雅子の名刺
・ボーダーライン小冊子
・ボーダーライン小冊子と公演アーカイブ映像にお名前掲載(希望制)
・7月公演アーカイブ配信チケット
・小野雅子によるオンラインダンスレッスン(収録動画配信)

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

30,000


alt

【7/17(土) 夕方or 7/18(日) お昼】ゲネプロへご招待(VIP席)

ーーーーー
本リターンには、公演チケットは含まれておりません。別途5月中旬販売予定です。
ーーーーー

・お礼のメッセージ
・オディシャの技術で制作した、パタチトラの小野雅子の名刺
・ボーダーライン小冊子
・ボーダーライン小冊子と公演アーカイブ映像にお名前掲載(希望制)
・7/17(土) 夕方or 7/18(日) お昼に予定しているゲネプロ(公演リハーサル)1名ご招待(VIP席)
※ご招待の詳細は5月中旬にご連絡いたします。
※現地までの交通費等はご自身でご負担となります。
・7月公演アーカイブ配信チケット
※ご希望の方にはDVDもお届けします。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

30,000


alt

インドグッズお届けコースA

ーーーーー
本リターンには、公演チケットは含まれておりません。別途5月中旬販売予定です。
ーーーーー

・お礼のメッセージ
・オディシャの技術で制作した、パタチトラの小野雅子の名刺
・ボーダーライン小冊子
・ボーダーライン小冊子と公演アーカイブ映像にお名前掲載(希望制)
・7月公演アーカイブ配信チケット
※ご希望の方にはDVDもお届けします。
・伝統的な布「イカット」で作られたマスク
・インド食品セット(スパイス・お茶など)
※こちらは、必要な許認可・資格をすでに取得しているアンビカショップより発送いたします。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

50,000


alt

オディッシーダンスレッスン(リアル)初級コース

ーーーーー
本リターンには、公演チケットは含まれておりません。別途5月中旬販売予定です。
ーーーーー

・お礼のメッセージ
・オディシャの技術で制作した、パタチトラの小野雅子の名刺
・ボーダーライン小冊子
・ボーダーライン小冊子と公演アーカイブ映像にお名前掲載(希望制)
・7月公演アーカイブ配信チケット
※ご希望の方にはDVDもお届けします。
・小野雅子による対面オディッシーダンスレッスン(初心者向け)
※開催場所:東京都文京区ザザズースタジオ
※詳しい日時やご予約については別途こちらから5月頃にご連絡いたします。

支援者
0人
在庫数
8
発送完了予定月
2021年9月

50,000


alt

オディッシーダンスレッスン(リアル)上級コース

ーーーーー
本リターンには、公演チケットは含まれておりません。別途5月中旬販売予定です。
ーーーーー

・お礼のメッセージ
・オディシャの技術で制作した、パタチトラの小野雅子の名刺
・ボーダーライン小冊子
・ボーダーライン小冊子と公演アーカイブ映像にお名前掲載(希望制)
・7月公演アーカイブ配信チケット
※ご希望の方にはDVDもお届けします。
・小野雅子による対面オディッシーダンスレッスン(上級者向け)
※開催場所:東京都文京区ザザズースタジオ
※詳しい日時やご予約については別途こちらから5月頃にご連絡いたします。

支援者
0人
在庫数
8
発送完了予定月
2021年9月

50,000


alt

7月公演アーカイブ配信+インドグッズお届けコースB

ーーーーー
本リターンには、公演チケットは含まれておりません。別途5月中旬販売予定です。
ーーーーー

・お礼のメッセージ
・オディシャの技術で制作した、パタチトラの小野雅子の名刺
・ボーダーライン小冊子
・ボーダーライン小冊子と公演アーカイブ映像にお名前掲載(希望制)
・7月公演アーカイブ配信チケット
※ご希望の方にはDVDもお届けします。
・伝統的な布「イカット」で作られたマスク
・インドの伝統工芸品「ドクラ」

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

300,000


alt

自宅訪問プライベートショー

ーーーーー
本リターンには、公演チケットは含まれておりません。別途5月中旬販売予定です。
ーーーーー

・お礼のメッセージ
・オディシャの技術で制作した、パタチトラの小野雅子の名刺
・ボーダーライン小冊子
・ボーダーライン小冊子と公演アーカイブ映像にお名前掲載(希望制)
・7月公演アーカイブ配信チケット
※ご希望の方にはDVDもお届けします。
・自宅訪問プライベートショー20分(衣装・音源付き)
※2021年8月〜2022年11月まで有効。
※2名分の交通費、宿泊費等は別途ご負担いただきます。日程等は別途ご相談となります。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

1,000,000


alt

【企業向け】出張公演40分

ーーーーー
本リターンには、公演チケットは含まれておりません。別途5月中旬販売予定です。
ーーーーー

・お礼のメッセージ
・オディシャの技術で制作した、パタチトラの小野雅子の名刺
・ボーダーライン小冊子
・ボーダーライン小冊子と公演アーカイブ映像にお名前掲載(希望制)
・7月公演の会場内にお名前掲載
・7月公演アーカイブ配信チケット
※ご希望の方にはDVDもお届けします。
・訪問ショーケース40分(衣装・音源付き)
※※2021年8月〜2022年11月まで有効。
※2名分の交通費、宿泊費等は別途ご負担いただきます。ご用意いただいた会場へお伺いします。日程等は別途ご相談となります。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

2,000,000


alt

【企業向け】出張公演60分

ーーーーー
本リターンには、公演チケットは含まれておりません。別途5月中旬販売予定です。
ーーーーー

・お礼のメッセージ
・オディシャの技術で制作した、パタチトラの小野雅子の名刺
・ボーダーライン小冊子
・ボーダーライン小冊子と公演アーカイブ映像にお名前掲載(希望制)
・7月公演の会場内にお名前掲載
・7月公演アーカイブ配信チケット
※ご希望の方にはDVDもお届けします。
・訪問ショーケース40分(衣装・音源付き)
※※2021年8月〜2022年11月まで有効。
※2名分の交通費、宿泊費等は別途ご負担いただきます。ご用意いただいた会場へお伺いします。日程等は別途ご相談となります。



支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

3,000


alt

お気持ちコース

ーーーーー
多くのリターンをお返ししないかわりに、いただくご支援をできるだけ多くプロジェクト実施のために活用させていただくコースです。
ーーーーー

・お礼のメッセージ

支援者
14人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年7月

10,000


alt

純粋応援コース10,000円

ーーーーー
多くのリターンをお返ししないかわりに、いただくご支援をできるだけ多くプロジェクト実施のために活用させていただくコースです。
ーーーーー

・お礼のメッセージ

支援者
11人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年7月

20,000


alt

純粋応援コース20,000円

ーーーーー
多くのリターンをお返ししないかわりに、いただくご支援をできるだけ多くプロジェクト実施のために活用させていただくコースです。
ーーーーー

・お礼のメッセージ

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年7月

30,000


alt

純粋応援コース30,000円

ーーーーー
多くのリターンをお返ししないかわりに、いただくご支援をできるだけ多くプロジェクト実施のために活用させていただくコースです。
ーーーーー

・お礼のメッセージ
・オディシャの技術で制作した、パタチトラの小野雅子の名刺
・7月公演アーカイブ配信チケット
※ご希望の方にはDVDもお届けします。

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

50,000


alt

純粋応援コース50,000円

ーーーーー
多くのリターンをお返ししないかわりに、いただくご支援をできるだけ多くプロジェクト実施のために活用させていただくコースです。
ーーーーー

・お礼のメッセージ
・オディシャの技術で制作した、パタチトラの小野雅子の名刺
・7月公演アーカイブ配信チケット
※ご希望の方にはDVDもお届けします。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

100,000


alt

純粋応援コース100,000円

ーーーーー
多くのリターンをお返ししないかわりに、いただくご支援をできるだけ多くプロジェクト実施のために活用させていただくコースです。
ーーーーー

・お礼のメッセージ
・オディシャの技術で制作した、パタチトラの小野雅子の名刺
・7月公演アーカイブ配信チケット
※ご希望の方にはDVDもお届けします。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

300,000


alt

純粋応援コース300,000円

ーーーーー
多くのリターンをお返ししないかわりに、いただくご支援をできるだけ多くプロジェクト実施のために活用させていただくコースです。
ーーーーー

・お礼のメッセージ
・オディシャの技術で制作した、パタチトラの小野雅子の名刺
・7月公演アーカイブ配信チケット
※ご希望の方にはDVDもお届けします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

NEXT GOAL挑戦中

放浪の画家宇野マサシ、その生の軌跡を画集として残したい!

宇野マサシ(事務局:株式会社皓星社)宇野マサシ(事務局:株式会社皓星社)

#本・漫画・写真

114%
現在
1,145,000円
支援者
34人
残り
5日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする
プロジェクトの相談をする