2024インターハイボクシング競技|高校生たちに最高の舞台を。
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった寄付金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。寄付募集は4月17日(水)午後11:00までです。

寄付総額

725,000

目標金額 1,000,000円

72%
寄付者
37人
残り
65時間 11分
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった寄付金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。寄付募集は4月17日(水)午後11:00までです。

    https://readyfor.jp/projects/boxing2024?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロジェクト本文

高校生たちの一生に一度の特別な大会。
最高の環境を用意したい。

 

高校生たちの夏の祭典、インターハイ。

 

毎年、開催地域が代わり、開催地の自治体様に開催資金の一部をご負担いただき開催してきましたが、昨今の情勢の中で負担が大きくなり、大会環境の保全が難しくなってきました。

 

本プロジェクトは、そんな高校生たちの一生に一度の特別な大会に、皆様からご寄附をいただき最高の環境を用意することで、高校生たちに悔いを一つも残すことなく自身の全てを出し切って欲しい。そして周りの皆様にも、そんな高校生たちの勇姿を見守ってほしい。そんな思いを込めて、始動いたしました。

 

目標金額:100万円

資金使途:高体連ボクシング専門部が、令和6年度全国高等学校総合体育大会ボクシング競技会開催・運営に対する寄附金を集め、大会実行委員会へ寄贈する。

※大会実行委員より寄贈を行うことおよび名称掲載の許諾を取得しております。

 

 

実施の背景、現状の課題

 

ページをご覧いただきありがとうございます。ボクシング競技専門部(高体連)の篠原宏和です。

 

毎年7月〜8月にかけて実施をされているインターハイ。1963年に始まったこの歴史ある大会は、全国の高校生が自身の高校生活をかけて臨む、高校生たちの憧れであり目標の大会となっています。

 

しかし、昨今の新型コロナウイルス感染症の影響や、物価高の影響などにより、開催費用はどんどんと大きくなっております。大会環境も最低限の準備しかできないこともしばしばあり、その結果最も影響を受けるのは高校生たちなのです。

 

このクラウドファンディングでいただいた寄附金は、大会運営資金として使用させていただき、ボクシング競技を最高の環境で開催したいと考えております。

 

私たちは、この一生に一度の特別な舞台を守りたいのです。ぜひ皆様の温かいご寄附ご協力をお願いいたします。

 

 

 

ボクシング競技の魅力

 

令和6年度北部九州総体から、私たちボクシング専門部の悲願であった女子の公開競技が正式に認められ、晴れて開催されることとなりました。これまで、インターハイのボクシング競技は男子生徒のみの競技として、体重別に8階級で競技が行われてきました。

 

女子競技は、平成15年から日本ボクシング連盟主催の全日本女子大会が開催され、競技人口が増え始め、平成25年度からは全国高等学校ボクシング選抜大会で女子の部が開催されるようになりました。

 

これによって高校生の女子競技者が増加し、競技レベルも上がり続けてきました。しかし、女子選手の活躍できる場は少なく、競技から離れていく選手も少なからずおり、大きな可能性の芽を失ってしまったこともありました。

 

 

過去に1度だけインターハイで女子競技が実施されました。第70回全国高等学校ボクシング選手権大会のメモリアル大会として、平成28年中国総体においで特別に開催されたものでした。

 

東京オリンピックで金メダルを獲得した入江聖奈選手、銅メダルを獲得した並木月海選手はこの大会に出場し活躍した選手です。オリンピックのメダリストがいずれも、1度だけ開催されたインターハイに出場していたことは、単なる偶然ではないといえましょう。

 

インターハイという目標が当時高校生だった入江選手や並木選手にとって大きな目標となり、実力を伸ばすきっかけとなったことは確かだと思います。

 

 

令和6年度の公開競技に向け、今年度の北海道総体でエキシビションとして公開競技同様に女子競技を実施し、公開競技開催に向けて問題点や課題を整理し、準備を進めているところです。

 

 

男子においても2012年ロンドンオリンピックにおいて金メダルを獲得した村田諒太選手や銅メダルを獲得した清水聡選手、東京オリンピックで銅メダルを獲得した田中亮明選手、また、プロの世界チャンピオンとして活躍し続けている井上尚弥選手をはじめとする現役の世界チャンピオンの多くは、かつてインターハイを目標とし、努力を重ね活躍した選手たちです。

 

 

今この瞬間も、このような偉大な選手たちと同様にインターハイを目標とし、全国の高校生が努力を重ね続けています。目標に向かって自分自身と戦う日々を過ごして成長しているのです。また、多くの人たちが選手を支え応援しています。インターハイに関わることで育まれる選手の成長、そして周囲に広がる絆は、はかり知れない可能性を持っています。

 

以上のとおり、高校生の大きな可能性を、クラウドファンディングにより多くの皆様に応援していただければ幸いです。

 

 

 

皆様からの寄附金の使い道

 

今回皆様からいただきました寄附金は、大会運営に最低限必要な費用に充てさせていただきます。

 

高体連としては、高校生たちにとって安心安全な大会を責任を持って実施いたしますが、誰もがボクシング競技に集中して臨み、この一生に一度の特別なインターハイで、素晴らしいパフォーマンスを発揮できる環境を整えたいと思います。

 

ー寄附金使い道内訳ー

会場となる施設利用料等の費用:1,000,000円

※今回のプロジェクトで皆様よりいただきましたご寄附は、上記費用に充てさせていただきます。

 

ーーーーー

 

「2024インターハイ」大会概要

 

 

開催期間

2024年(令和6年)7月21日(日)~8月20日(火)

 

開催競技

夏季大会(30競技)

陸上競技、体操、水泳、バスケットボール、バレーボール、卓球、ソフトテニス、ハンドボール、サッカー、バドミントン、ソフトボール、相撲、柔道、ボート、剣道、レスリング、弓道、テニス、登山、自転車競技、ボクシング、ホッケー、ウエイトリフティング、ヨット、フェンシング、空手道、アーチェリー、なぎなた、カヌー、少林寺拳法

 

参加人数

35,961人[令和5年度北海道総体実績]

 

主催等

公益財団法人全国高等学校体育連盟

福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、北海道、福島県、和歌山県、
福岡県教育委員会、佐賀県教育委員会、長崎県教育委員会、大分県教育委員会、北海道教育委員会、福島県教育委員会、和歌山県教育委員会

関係中央競技団体

(競技種目別大会は会場地市町及び同教育委員会を含む)

 

 

「2024インターハイ」大会概要公益財団法人への寄附者の税制上の優遇処置について

 

個人による寄附について

個人が公益財団法人に対して支出した寄附金は、その寄附をした方に特別の利益が及ぶと認められる場合を除き、特定寄附金に該当します。

 

法人による寄附について 

公益財団法人に対する寄附金は、一般の寄附金の損金算入限度額とは別枠で損金算入限度額として算定することができます。

 

◎ 税法上の優遇措置等の取り扱いについては法令等が逐次変更される場合がありますので、詳細については最寄りの税務署へお問い合わせください。

 

詳細はこちら:公益財団法人への寄附者の税制上の優遇処置について

 

 

最新情報

 

Facebookページ

 

 

ご注意事項

 

▽寄附金控除証明書に記載される寄附金の受領日と発行日は、弊団体が資金を受け取る2024年6月10日の日付となります。


▽ストーリーに掲載されている写真は全て全国高体連各専門部取扱部署より許諾を得ております。


▽プロジェクト成立後、天災等やむを得ない事情(緊急事態宣言などコロナウイルスによる影響を含む)によりイベントが開催できなかった場合、いただいたご寄附は延期の際の実施費用に使用させていただきます。

 

▽ギフトの各種企画は、新型コロナウイルス感染症の影響により今年の実施などが難しい場合、期日を遅らせて実施する場合もございます。予めご了承ください。

 

▽達成後に既にご支援いただいたコースから別のコースに変更することはできませんので、ご了承ください。

 

▽支援時にご回答いただく質問項目への回答は支援確定後、変更できません。

 

▽ギフトの性質などに鑑み当団体の判断でご支援をお断りする場合がありますので、あらかじめご了承下さい。なお、この場合、理由に関するお問い合わせには応じかねます。

 

▽お名前掲載のギフトに関する条件の詳細については、リンク先(https://legal.readyfor.jp/guidelines/terms_of_service_index/terms_of_service/#appendix)の「命名権、メッセージの掲載その他これに類するリターン」をご確認ください。

 

▽ご支援に関するご質問は、こちらをご覧ください。

プロジェクト実行責任者:
全国高等学校体育連盟ボクシング専門部(公益財団法人全国高等学校体育連盟)
プロジェクト実施完了日:
2024年8月31日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

高体連ボクシング専門部が、令和6年度全国高等学校総合体育大会ボクシング競技会(北部九州インターハイ)開催・運営に対する支援金を集め、大会実行委員会へ寄贈する。 大会実行委員より寄贈を行うことおよび名称掲載の許諾を取得しております。

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/boxing2024?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロフィール

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/boxing2024?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

ギフト

5,000+システム利用料


alt

純粋応援コース

・お礼のメール
・活動報告レポート
・ご寄附の証として、活動報告レポートに寄附者さまのお名前掲載
・寄附受領証明書

寄付者
9人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年9月

10,000+システム利用料


alt

純粋応援コース2

・お礼のメール
・活動報告レポート
・ご寄附の証として、活動報告レポートに寄附者さまのお名前掲載
・寄附受領証明書

寄付者
16人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年9月

20,000+システム利用料


alt

純粋応援コース3

・お礼のメール
・活動報告レポート
・ご寄附の証として、活動報告レポートに寄附者さまのお名前掲載
・寄附受領証明書
・プログラムへのお名前掲載
・ボクシング専門部HPへのお名前掲載

寄付者
5人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年9月

30,000+システム利用料


alt

純粋応援コース4

・お礼のメール
・活動報告レポート
・ご寄附の証として、活動報告レポートに寄附者さまのお名前掲載
・寄附受領証明書
・プログラムへのお名前掲載
・ボクシング専門部HPへのお名前掲載

寄付者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年9月

50,000+システム利用料


alt

純粋応援コース5

・お礼のメール
・活動報告レポート
・ご寄附の証として、活動報告レポートに寄附者さまのお名前掲載
・寄附受領証明書
・プログラムへのお名前掲載
・ボクシング専門部HPへのお名前掲載

寄付者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年9月

100,000+システム利用料


alt

純粋応援コース6

・お礼のメール
・活動報告レポート
・ご寄附の証として、活動報告レポートに寄附者さまのお名前掲載
・寄附受領証明書
・プログラムへのお名前掲載
・ボクシング専門部HPへのお名前掲載

寄付者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年9月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る