プロジェクト概要

 

\目標達成のお礼とネクストゴール挑戦のお知らせ/


たくさんの方々のご支援をいただき、おかげさまで目標額50万円を達成することができました。ここに改めてお礼申し上げます。皆様、本当にありがとうございました!

 

クラウドファンディング初めての挑戦で、その他の経験のない開店準備も一人でやっているため、準備不足ではないか、どのようにお願いすれば失礼にならないか、達成できるのかどうか、本当に不安でした。

 

しかし、始めてみると、快く情報をシェアしてくださったり、達成のため、店のためにと、本当にたくさんの方々が快くご協力してくださいました。


そんな皆様のあたたかいサポートや、応援のお声にたくさんのパワーをいただきました!驚きと、感謝の気持ちでいっぱいです!

 

そんな皆様のお気持ちを胸にさらに挑戦することを決意し、今回ネクストゴールとして100万円を設定いたしました。支援金が増えることで、ほぼ中古品で揃えている設備も、より良いものが手に入ったり、運転資金に余裕をつくることもできます。


初めてページをご覧になる皆様、一緒に走り続けてくださっている皆様、夢の実現に向けて、どうぞご支援をよろしくお願いいたします。7月31日(水)23:00までに集まったご支援は、開店準備費用に充てさせていただきます。


また、ご支援をいただくにあたり、会員登録をはじめとしたお手続に、お手間やお時間をいただいていることに大変恐縮しております。どうか引き続きあたたかな応援、ご支援をお願い申し上げます。

 

 

ゼロからオーガニックパン屋を開きたい!

 

ページをご覧いただきありがとうございます、小坂藍です。私は小さい頃から 自然の豊かなところに育ち、動物や草花が大好きでした。そしていつかは、そんな自然に深く関わる仕事に就きたいと思っていました。


大学で環境先進国であるドイツに留学した時、「オーガニック」商品が人々の身近にあること、粉と水と塩でできた生地に、様々な種類の種がついた、素材の味を噛みしめられる「ドイツパン」の美味しさに感動しました。

 

大学を出て、企業で営業職に就いて数年働くうちに、「一生の大部分を過ごす職場では、太陽の光や風の音を聞きながら、自然があることを忘れずに過ごしたい!という思いが強くなり、もう一度ドイツへ行くことを決意しました。

 

「バイオダイナミック農法」の農場内のパン工房と、街のオーガニックのパン屋で3年間のパン修業を終え、いよいよ今回、地元で「オーガニックドイツパン屋」として、小さい頃からの夢だった「自然に関わるものづくり」の実現をスタートさせました。

 

しかし、 できるだけ良い材料と必要最低限の設備を揃えたとしても、パン屋をゼロからオープンするには莫大な費用が必要です。さらに私は一人で開業するので資金が限られているため、少しでも皆さまにご協力いただけないかと思い、クラウドファンディングを立ち上げました。

 

 

ドイツでのパン修行で学んだこと

 

パン作りは夜から朝までの仕事で、昼間に眠るというものでした。夜眠れないことは体力的にとてもきつかったですが、月や星空を見ながら出勤し、朝日が昇るのを迎えて仕事を終えることは素敵だと思えました。

 

特に印象深かったのは、売れ残ったパンを細かくして次の日のパン生地に混ぜると味がよくなり、なにより廃棄のない生産が可能だということです。このように、農場では自然のサイクルになじむような生産・消費を目指していました。農場で採る飼料で牛を育て、排泄物で土を育て、作物を育てる、という大きな一つのサイクルです。パン屋はその中の一部でした。それを忘れずに、私もパン屋としてものを生産するときは、無駄を出さないということを心掛けたいと思います。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

私がドイツパンを選んだ理由

 

砂糖やバター、卵などの副材料が入っていない種類の、ミネラルや栄養価が高いパンが「主食」として親しまれていること、その美味しさや、今まで知らなかった様々な食べ方が気に入ったのも理由です。


しかもこのことは、日本ではまだあまり知られていません。そのような「知られざる魅力」を多くの人に伝えたいと思いました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
自宅で焼いた試作のライ麦パン

 

日本ではまだ難しい…オーガニック材料の仕入れ

 

ドイツから日本に帰ってきて、オーガニックの材料を探すのに大変苦労しました。アレルギーが出にくいといわれる「スペルト小麦」、ライ麦、小麦粉、それらの全粒粉…それらの仕入れ先は多くありませんし、オーガニックになるととたんに選択肢が少なくなり、価格も上がります。このように、ヨーロッパに比べ日本では需要が少ないからか、オーガニック材料をそろえるのも難しいのが現状です。

 

今回オープンする「オーガニックドイツパン屋」

 

今回のプロジェクトでは、皆さまからいただいたご支援は開業資金の一部に充てさせていただきます。

 

\ ドイツパンのラインナップ(予定) /

●ディンケルフォルコーンブロート(スペルト全粒粉のパン。スペルト全粒粉・水・塩を粉と水から起こしたサワー種とイーストを混ぜて20時間近く寝かせて焼きます)

●ヴァイツェンフォルコーンブロート(小麦全粒粉のパンで上記と同じ作り方です)

●ブレッツェル(小麦粉・水・塩・イーストの生地をラウゲン液につけて焼きます)

●ヴァイツェンミッシュブロート(小麦粉・ライ麦粉・水・塩・サワー種)

上記がメインで、その他それぞれの生地にレーズンやナッツを入れたものを作ります。価格はおよそ200~800円の予定です。冬にはシュトレンや焼き菓子も作りたいです。

 

\ 店舗情報 /

住所:石川県能美市松が岡5-29

営業日(予定):月曜定休

営業時間(予定):9:00~18:00

 

\ 資金用途 /

土地代、建築費、オーブン購入費、その他設備費を合わせ2,000万円が必要となります。

※この内の50万円のご支援をよろしくお願いいたします。

※クラウドファンディング以外に、融資・補助金・自己資金で賄っていきます。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

より健康的で自然な暮らしを提供したい

 

オーガニックの商品に触れていただくことで、自らの健康はもちろん、自然について、つまり身近な草花、木々や動物、その生息地について考えるきっかけをつくることができれば嬉しいです。そして、私がドイツパンを初めて食べたときに受けた美味しい!という感動を、皆さまにも感じていただけるよう、精一杯頑張っていきます。

 

皆様、どうか応援をよろしくお願いいたします。 

 

建設地の様子

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)