READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

会議の悩みや課題を解決して会社を元気にするための初めの一歩

会議の悩みや課題を解決して会社を元気にするための初めの一歩

支援総額

0

目標金額 20,000円

支援者
0人
募集終了日
2019年10月31日
募集は終了しました
0お気に入り登録0人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

0お気に入り登録0人がお気に入りしています
2019年09月20日 19:12

企業の生産性向上のためには従業員に焦点を当てるべき理由

【要約】

JIJICOの専門家コラムサイトに私の寄稿「企業の生産性向上のためには従業員に焦点を当てるべき理由」が掲載された。本稿のポイントは下記の3点。

  • 顧客体験に加えて従業員体験(従業員が働くことを通じて得られる体験)を向上している企業は生産性が向上している
  • 従業員体験の向上には「類人猿性格分類」が役立つ
  • 会議やワークショップのファシリテーションを活用することは従業員体験を向上させる

 

【本文】

JIJICOというサイトの専門家コラムに、私が寄稿したものが掲載されました。(2019年9月20日)

企業の生産性向上のためには従業員に焦点を当てるべき理由」というものです。
コラムの内容は、https://asqmii.com/jijico/2019/08/30/articles31709.html でお読みいただけます。

 

【補足】

類人猿性格分類を2軸で表現すると下図になります。

 

「オレは人間なんだぞ。類人猿じゃない」と言う方、3分30秒このYouTube動画を見ていただけますか?

いかがでしょう?私は従業員体験向上に寄与する可能性があると思います。例えば、下図のような感じです。

 

ソーシャル・スタイル (Social Style) に似ているな、と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。ソーシャル・スタイルを2軸で表現すると下図になります。

 

 

 

 

 

【キーポイント】

類人猿性格分類とソーシャル・スタイルの肝は、多様性を受け入れる、ということだと私は思います。
自分とは違うことを感じる人がいる、違う行動をする人がいる、組織はそういう人の集まりであるべきだし、だから多様性を受け入れないと職場(職業として働く場所)が仕事(創造性があり前向きにやる気が出て働くこと)をする場にならない、と私は思うのです。

 

私が類人猿性格分類をコラムに書いた理由は、ソーシャル・スタイルの英語のドライビング、アナリティカル、エミアブル、エクスプレッシブと言う言葉が多くの読者の方々にとって取っ付きにくいと思ったからです。

 

このブログが、企業の生産性向上を考えておられる方の何かのご参考になったら幸いです。

一覧に戻る

リターン

5,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

セミナー「会議を変革して会社を元気にしよう〜ファシリテーターが入る会議やワークショップの効果のご紹介〜」参加チケット

【内容】
ファシリテーターが会議に入るとどんな効果が期待できるのかをご理解いただき、組織・企業を「変える・元気にする」ために有効であることをご理解いただくことを目標とするセミナー

【参加者が獲得するもの】
会議に対する悩みや課題を解決する選択肢の候補に出会うこと、そういう選択肢があることを知ること

【開催日時・場所】
11月5日(火) 14:00〜16:00 千葉市生涯学習センター・小会議室
11月7日(木) 14:00〜16:00 すみだ産業会館・会議室3
11月12日(火) 10:00〜12:00 すみだ産業会館・会議室5
11月14日(木) 10:00〜12:00 千葉市生涯学習センター・研修室1
11月19日(火) 17:00-19:00 千葉市生涯学習センター・工芸研修室
2019年11月20日(水) 17:00〜19:00 すみだ産業会館・会議室1
※ 会場URL
千葉市生涯学習センター: http://www.chiba-gakushu.jp/index.html
すみだ産業会館: https://www.sumidasangyoukaikan.jp

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年11月

プロジェクトの相談をする