バブルが崩壊してしまわないように・・・

こんにちは。東京大学バブルサッカークラブ初代代表の久宗です。

 

みなさん、「バブルサッカー」ってご存知でしょうか?

「バブルサッカー」とは、バンパーと呼ばれる大きな風船のような道具を被ってサッカーをするという競技です。

大きな風船を被っているので、サッカーの技術を披露するのは難しく、直接の接触がないことから、老若男女一緒に楽しめるスポーツです。

 

先日行われた五月祭で「バブルサッカー体験会」を開催したのですが、お子様からその御両親まで多くのお客様にバブルサッカーを楽しんでもらいました!

小さな子でも楽しめる♪

 

さて、バブルサッカーはこんなにも魅力的なスポーツですが、競技として続けていくためには、大会等を運営する土台が必要になってきます。バブルサッカーが日本に上陸した2014年~2015年には月1回のペースで大会が開かれていましたが、昨年度は関東で開かれたしっかりとした大会はたった1回となっております。このままでは、いつバブルサッカーが日本から消えてもおかしくありません。

 

この状況を打破するために、私たちはバブルサッカー団体の設立を支援し、バブルサッカー大会を継続的に行っていく組織、「学生バブルサッカー連盟」の設立を目指します。

そのために、バブルサッカー団体に中長期的に貸しだすための「バンパー」が20個、向こう2年間は大会を続けていけるための資金が必要となってきます。

 

バブルサッカーの「バブルを崩壊させないために...

皆様のご支援、ご協力で「バブルサッカー」という競技を救えます!

ご支援、ご協力よろしくお願いいたします。

 

東京大学バブルサッカークラブ

初代代表 久宗 英稔

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)