READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

ガーナ120人の子どもに学用品を届け、家族100世帯に農業トレーニングを行う!

白木朋子

白木朋子

ガーナ120人の子どもに学用品を届け、家族100世帯に農業トレーニングを行う!

支援総額

2,128,000

目標金額 2,000,000円

支援者
184人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
14お気に入り登録14人がお気に入りしています

14お気に入り登録14人がお気に入りしています
2013年06月20日 11:49

子どもたちの心の叫び

プロジェクトをご応援いただいているみなさん、本当にありがとうございます!

 

今日はみなさんに、ゴッドフレッド君が書いた詩を紹介したいと思います。

2年ほど前に、彼が働いていた時のことを思い出し、気持ちを表現したものです。これまで計り知れない重荷を背負って生きてきたんだな、そう感じます。

彼ははわたしたちのプロジェクトを通じて教育を受け直し、新たな人生を歩みはじめました。

 

今も貧困からぬけだせずに生きている子どもたちが、ゴッドフレッド君のように、夢に向かって人生をやりなおすことができるように、どうかみなさんの力を貸してください!引き続き、応援の呼びかけにご協力をよろしくお願いします!

 

詩は少し長く重たい内容ですが、ぜひ最後まで読んでいただき、この声をひとりでも多くの方に届けていただければうれしいです。

 

 

ものすごく大変な仕事をする小さな手

 

それは家族経営のカカオ農園の手伝いから始まった

家族の面倒をみなければならい母のために

ぼくはカカオ農園で仕事をするようになった

カカオ農園でものすごく大変な仕事をする小さな手

どうして子どもが苦しまなければいけないの?

どうして子どもはカカオ農園で働かなければならないの?

なぜ毎日こんなことをしなくちゃいけないの?

夜明けから日暮れまで、この小さな手で

こんな毎日にうんざりだ

カカオ農園の児童労働をやめさせろ

 

あの人たちは、ぼくたちの気持ちがわからないようだ

子どもは子どもとして見られていないみたいだ

子どもたちは、言葉で表現する以上に、心で苦しんでいる

こんなことをさせるあの人たちは

さいばんにかけられるべきだ

こんな毎日にうんざりしている

毎日味わう痛み、疲れ、苦しみ

でも誰が、ぼくたちの言うことを聞いてくれる?誰が心配してくれる?

ぼくたちの声は、届いてないのだろうか?

児童労働をやめさせろ

 

切り傷、アザ、足の疲れが治ることなどない

毎日やっているのだから

あの人たちは、ぼくたちの気持ちがわかると口ではいうが、本当はわかっていない

誰も僕たちの言うことに耳を貸してくれない

こんな毎日にうんざりだ

児童労働をやめさせろ

 

涙を流し痛みに苦しむのはぼくたち、でも金を手にするのはあの人たち

ぼくたちには、やさしさも、ベッドも与えられない

助けが必要だ、ものすごい大変な仕事をする小さな手

 

お願いだから誰か助けて

ぼくたちの尊厳を取り戻すのを助けて

ぼくたちの権利を守るのを助けて

学校に行って教育を受ける権利

どうか勇気を出して発言して欲しい

どうか勇気を出して助けを求めているひとたちを助けて欲しい

声がかき消されてしまっているひとたちを

泣いて苦しくて息ができなくなっている

こんな毎日にうんざりしている

児童労働をやめさせろ

ぼくたちは、ものすごく大変な仕事をしている、小さな手だ

 

Godfred Oti作(2010年)(ACE仮訳)

 

果てしなく続く農園までの道のり

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

◆お礼カード(子どもたちからのサンクスカード)
◆報告書
をお送りします。

支援者
66人
在庫数
制限なし

10,000

上記2点に加え、
◆支援地域で採れたカカオを使ったチョコレート(1枚)
◆現地の子どもたちに支給しているオリジナルノート(非売品)をお送りします。
※チョコレートのパッケージには、支援者の方のお名前を入れさせていただきます!

支援者
108人
在庫数
制限なし

30,000

上記4点に加え、
◆活動報告会の招待券(1名様)をお送りします。
活動報告会は、2013年11月下旬に、東京のACE事務所で開催予定です。

支援者
9人
在庫数
制限なし

50,000

上記5点に加えて、
◆ガーナのフェアトレードトートバックをお送りします。
(本文中の写真はサンプルです。色や柄が変更になることがあります。)

支援者
4人
在庫数
制限なし

100,000

上記6点に加えて、
◆ガーナの支援地域へのツアーご招待券(1名様)をお送りします。
(現地への渡航費等、必要経費は自己負担していただき、実施時期についてはご相談させていただきます)

支援者
2人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする