プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

雪で覆われ、遊び場が限られる親子が笑顔になれる場所を!

食事、ゆったりお話し、一時保育OKのキッズカフェが北海道三笠市にオープン!

 

初めまして、鈴木環妃と申します。北海道三笠市で、もうすぐ2歳になる女の子を育てています。豪雪地帯である三笠市では、雪が多く、数年前には数日で2m74cm積もって自衛隊が派遣されたこともあります。住宅街は雪かきして山になった雪で2階建ての建物の1階はほぼ埋まってしまうし、国道も、163cmの私がジャンプしても左右を確認できないほどの積雪があります。

 

親子が遊べる場所があまり無く、ママたちは冬の遊び場に大変困ります。そこで、「行き場がないなら自分たちで作ればいいのではないか!?」と思い、キッズカフェCafé Minamina Kamuiをオープンします。古民家風一軒家をリノベーションし、靴を脱ぎお座敷でゆっくりと食事やお話しを楽しむことができ、子供たちはキッズルームで遊べるようにします。また、保育士が常駐しますので、一時保育も可能です。

 

現在、物件を用意し、少しずつ自分たちの手で準備をしている段階ですが、主に安全対策や暗い雰囲気を改善するための壁紙、ペンキ、壊れた照明等、修繕する箇所はたくさんあります。

 

ママたちも子供たちも楽しめるキッズカフェを作るため、皆さまのお力をお借りできないでしょうか。

 

 

 

遊び場がなく、札幌へ車移動!?

三笠市を子育てにやさしい街へ

 

ここ北海道三笠市は、保育園・幼稚園は実質無料、1歳までは紙おむつ引換券が支給されるという素晴らしい助成がありますが、課題もあります。児童館は週に3回の午前中しか利用ができず、困ったママ達は車で1時間かけて札幌市へ向かうという話も耳にします。

 

豪雪地帯のため、車での外出も難しい時があります。

 

子供が歩き出せばあらゆるところにお出かけをしたがるので、雪の中で遊びます。

 

雪が降りしきる中、完全防寒をしスキー場での外遊び。

 

雪遊びはたくさん出来ても、屋内遊び場に困ります。

 

夏は30℃を軽く越え、冬は氷点下20℃にも届き、夏冬の寒暖差が50度以上ある厳しい環境の上、子育てのし難い環境は、何とか変えなければいけません。

これから出産されるママたちにも三笠市での子育てに不安をもってほしくありません。そこで、親子が一緒に集ってこれる三笠市の新しいスポットをつくることにしたのです。

 

近場の買い物にはソリ、けれども雪が体に積もります。

 

 

ママにも子供たちも、思いっきりくつろげるお座敷カフェです。

Café Minamina Kamui 11時から17時まで営業します。

 

今回オープンするキッズカフェは、一般的な住宅をリノベーションし、靴を脱ぎお座敷でゆっくりと親子でくつろいでもらえるカフェになります。基本的には、11時から17時までの営業を予定しております。低料金でグループへの個室貸切や、イベント利用の貸切にも対応をし、暖かくなればプールやバーベキューといった子供たちが喜ぶイベントを季節ごとに開催する予定です。

 

カフェには保育士が常駐し、動物ふれあい担当と保育担当の2名のママがカフェを運営しますので、一時保育も可能です。一般のカフェでは子供が走り回ったりして落ち着いて食事もできないのが小さな子供を持つママの悩みですが、私たちのオープンするカフェでは存分に子供たちにも楽しんでもらえるように一軒家という選択をしました。

 

〇●キッズカフェのご案内●〇

お子様と遊びに「どこ行こう・・?」そんなときは、Café Minamina Kamuiへ♪

 

外観:

カフェ予定の一軒家です。

 

一軒家をリノベーションするので、子供が大きな声を出してはしゃいでも大丈夫です。お座敷で座って食事が出来るので、子供が靴を脱いで汚い床を走ってしまった!ということもなく安心できます。まだ座ることのできない乳児を連れてのご来店も可能で、畳で寝かせたり、ベビーベッドに寝かせることもできます。

 

 

●ポイント1:保育士常駐

保育士資格を持つスタッフが常駐。
ママがご飯を食べている時や急な外出・用事でも一時保育もOK。
・生後3か月~
・1時間500円~
・離乳食や食事は持ち込みか別途300円

 

 

●ポイント2:おもちゃ充実でお子様も満足☆

屋内は滑り台付きジャングルジムを始め、絵本、お絵かき帳、ぬいぐるみ、音の鳴るおもちゃを多数用意。食事に飽きたお子様はキッズスペースで遊べます。
屋外にはブランコなどの大型遊具も設置予定、砂場遊びにプールなどもあります。

 

 

●ポイント3:安全対策!畳に防音安全マットとベビーゲート

カフェ内部は畳がほとんどですが、安全のために子供用の防音安全マットを敷きます。また各室の仕切りにはベビーゲートを設置します。

 

 

●ポイント4:パパも満足のボリュームメニュー♪デザート、ドリンクも豊富!

メニューはまだ試作段階ですが、お仕事中のパパでも満足できるボリュームのものから、デザート、ドリンクを豊富に用意します。

特にママリフレッシュの意味も込めて、デザート類には力を入れる予定です。

 

 

●ポイント5:ミミズクもスタッフとして出勤!

来春からはベンガルワシミミズクもふれあいスタッフとして出勤します。

庭に小屋を設置して放つ予定ですが、エサやり、ふれあい体験が可能です。

また、フクロウグッズや生体購入の紹介もいたします。

 

 

●ポイント6:裏庭には大型遊具、砂場遊びもできます☆

裏庭(改修後イメージ):

裏では夏はプール遊び、砂場遊び、滑り台やブランコなどの大型遊具も設置予定です。庭がなく土いじりなどが出来る環境にないお子様に楽しんでいただけるように、砂場グッズも貸し出します。

 

 

●ポイント7:自家栽培と三笠市の農家さんのお野菜をご提供!

畑が利用できる時期は、自家栽培の野菜を提供します。

また、年間を通じて出来るだけ市内の農家さんが心を込めて作ったお野菜を仕入れて、三笠市の「美味しい」をお届けします。

※画像は現在カフェの畑で栽培中のにんにくです。

 

 

●ポイント8:ハンドメイドアクセサリーの販売♪

ピアスやブレスレット、髪留め、シュシュなど親子でもおそろいでつけることが出来るハンドメイドのアクセサリーを販売します。登園バッグやスタイなど、子供用品も充実させていく予定です。

 

 

●ポイント9:イベント企画☆

夏はBBQなどのイベントも開催します。

ママリフレッシュを兼ねてネイルやハンドマッサージなど、子供がいてはなかなか出来ないイベントも検討しています。


 

 

ママたちの声をかたちに。

三笠市初のキッズカフェから、暮らしの改善への一歩を踏み出します。

 

今回このプロジェクトが成功すれば、三笠市において初めてのキッズカフェができることになります。将来的には、食事をひとりで摂らなければならない子供のために、子供がひとりでも入店し、バランスの取れた食事が出来る環境へと整えていきたいと思っています。

 

このプロジェクトを成功させることで、子供たちが真冬の豪雪や天候を気にすることがなく遊べる施設が、私たちママの声を聞いて徐々に増えていくきっかけとなっていけばと考えています。家に閉じこもりがちになってしまう環境が、キッズカフェを通じて少しでも改善され、助成が充実していても施設がなければ…とためらう移住者へのアピールにもなると私たちは信じています。

 

キッズカフェづくりの仲間に加わって頂けませんか。ぜひ皆さまのご協力をお待ちしております!

 

雪解け間近の公園をようやく楽しめるようになりました。

 

 

☆ご支援金の使途について☆

・リノベーション費用
・安全対策費用(ガード等) 
・カフェ備品
・リターン
・その他諸経費 など

 

 

★リターンについて★

【3,000円】

サンクスメール&三笠ジオパーク缶バッチ

 

【10,000円】

三笠メロン1個!遠くから買いに来る方もいるくらい美味しいです。

【10,000円】

オープン記念☆親子ランチご招待(3食分)

【10,000円】

ポストカードと鶏醤

【10,000円】

全額キッズカフェ開業に使用


【30,000円】

三笠ジオパーク認定ワイン

【30,000円】

全額キッズカフェ開業に使用

 

【50,000円】

三笠メロン

【50,000円】

全額キッズカフェ開業に使用

 

【100,000円】

三笠メロン&夏の女神(黒皮スイカ)

【100,000円】

全額キッズカフェ開業に使用

 


最新の新着情報