こんばんは。

最近ちらほらと質問をお受けする「猛禽類の飼育場所」について。

 

普通のペットカフェでは屋内に動物が入る場合はとても厳しい条件があり、飲食スペースと動物のスペースを仕切りで分けたりと工事が必要です。

11月にオープンするカフェでは大幅な改装を予定していないのはなぜ?と聞かれることがあるのですが、私たちのオープンするカフェでは基本的にキッズカフェなので、動物を屋内に入れることはありません。

ですので屋内に大きな仕切りを付けたりといった改装が必要ないのです。

 

私たちがオープンするカフェの庭は、今時期このような状態となっています。

少しずつ暖かくなって、色とりどりの花も咲き始めました。

 

カフェの裏庭です。

 

一軒家という立地を生かし、裏庭にはこのように土地が広がっておりますので、そこに猛禽用の小屋を作る予定です。

 

一番奥の何もない場所に小屋を建てるか、それともキッズスペースから見える造りにするか思考中です。

 

ですが問題もひとつあり、ここは豪雪地帯…

真冬に庭に行くことは困難極まります。

幸いにも玄関横には内部からも外からも入ることが出来る3帖ほどの物置がありますので、冬はそちらのほうに猛禽を移動させようかなとスタッフで知恵を絞りあっています。

 

※換気口があれば問題ないことを保健所に確認済みです。

新着情報一覧へ