プロジェクト概要

秋田から世界へ!「カール&アラン・マグワイアサマーツアー2015in秋田」が成功するように皆さん手伝ってください!

 

はじめまして、こんにちは!カール&アラン・マグワイアと申します。

兄のカール・征太郎・マグワイア(Carl Maguire)がドラム担当で、弟のアラン・秀太郎・マグワイア(Alan Maguire)がベース担当の一卵性の双子、略してABCD兄弟です。アメリカ人の父と、秋田県出身の日本人の母のもとに東京で生まれ、香港で3歳から15歳まで育ち、現在、アメリカ、音楽の都テネシー州メンフィスにあるテネシー州立大音楽部でジャズを勉強する19歳の大学2年生です。

 

そして、私たちは今年の夏、母親の故郷である秋田に行き、秋田在住の25人が結成してくれたABCD委員会の力をお借りして、7月9日から8月2日までの間、念願の「カール&アラン・マグワイアサマーツアー2015in秋田」を開催することになりました!

 

私たち、そしてご協力いただいている皆さんの夢を実現するツアーを本当に成功に導けるよう、皆さんご協力お願いします!

 

(実行委員会の人たちがつくってくれたポスター)

 

 

秋田で始まった夢を実現するプロジェクト

 

香港でインターナショナルスクールに通って育った私たちは、小中学校の9年間、夏休みには母の故郷、秋田県北秋田市内の小中学校に体験入学して日本の文化や習慣にふれて育ったので、秋田が大切なふるさとの一つになりました。

 

音大受験オーディション準備時期の17歳の冬、秋田の祖母に会いに行ったと時、秋田でも楽器練習ができるように、母の友人たちが楽器を借りてくれて演奏するチャンスを与えてくれ、大館能代空港など、数カ所で演奏しました。この自分たちの音楽を多くの人に届けることができた経験は、深く思い出に残りました。

 

(秋田の人たちへおみやげに準備した「浜辺の歌」を演奏しました)

 

 

(「浜辺の歌」の作曲家、成田為三の地元、秋田新聞にとりあげられました)

 

 

「浜辺の歌」をレコーディングして秋田に届ける

 

演奏後、たくさんの人から、あたたかい声をかけてもらい、私たちは、いつかCDをレコーディングしてみたいと思っていましたが、アメリカに帰って、強く「やってみたい!」と、思うようになりました。

 

そして、母がヘソクリからレコーディング費用を出してくれることになり、秋田からは、「やってみなさい!」という応援の声が届きました。ドナルド・ブラウン先生にプロデュースと演奏をお願いしたところ、快く引き受けてくれて、それから半年間、私たちは、ブラウン先生のもとにレッスンに通って猛練習をしました。先生のレッスンは大変でしたが、だんだん上達し、半年後には、先生からレコーディングオーケーがでました。積極的に修行を積み、日米協会ベントなどで「浜辺の歌」や他の日本の古い歌をジャズにして演奏し、日米親善をはじめたのもこの頃です。

 

(ブラウン先生と厳しい練習)

 

私たちのはじめてのCD「サウンド・オブ・ミュージック」では、数曲収録予定だったのが途中で先生が私たちの将来を考えてくれてフルCDレコーディングプロジェクトになり、「浜辺の歌」や表題の「サウンド・オブ・ミュージック」など9曲を収録しました。

 

ゲストアーティストには、私たちが、メンフィスの本格的音楽教育で有名なスタックス・ミュージック・アカデミーの門をたたいて以来見守ってくれていたグラミー賞受賞者カーク・ウェーラムさんが、サックスで特別参加してくれました。

 

「浜辺の歌」は、メンフィス出身のこのすばらしい二人のアーティストと私たちの4人のカルテット演奏で収録され、CDは、自分たちの「サウンド・オブ・ミュージック〜音楽の音色」を世の中に広めるようにと、みんなの願いを込めて命名されました。自主制作とはいえ本格的なものが出来上がりました。

 

(初めてだした念願のCD)

 

 

私たちの「サウンド・オブ・ミュージック〜音楽の音色」

 

そして、私たちは、昨年の夏、できたてのCDをもって、秋田のみなさんに演奏を届けに行きました。3週間で17カ所をまわる秋田縦断ツアーでした。

 

ツアーでは多くの事を学び、たくさんの人々に出会いました。

 

CDは作る時も大変でしたが、プロモーションはもっと大変なことが身をもってわかりました。有名な人たちとレコーディングしても無名な私たちは、やっぱり一歩ずつ進んでいくしかありません。

 

(こちらは、秋田の人たちが手作りしてくれた昨年のポスターです)

 

 

秋田からの応援、25人で発足したABCD実行委員会

 

今年は、私たちの活動を見守って来てくれた人たち25人が秋田県でABCD委員会をたちあげてくれました。私たちは、その人たちがいる秋田県に行って、私たちの今の「サウンド・オブ・ミュージック」を届けます。

 

秋田から世界に羽ばたたけるようにと、みんなの力が集ったツアーです。現在、秋田県内10カ所での演奏会が予定されています。ドナルド・ブラウン先生は、編曲というすばらしいリターンで協力してくれることになりました。

 

多くの人に応援してもらっている私たちは、ジャズというすばらしい音楽を、盛り上げ、これから、国境や年齢の壁を乗り越えて、世界へ広く届けていきたいと思います。

 

もちろん、グラミー賞もねらいます!

 

(カール&アラン演奏の「浜辺の歌」で綴る2014秋田ツアー)

 

 

私たちのツアーを成功させるお手伝いをしてください!

 

秋田ではたくさんのボランティアの方たちが応援してくれています。しかし、私たちがアメリカから秋田に行ってツアーをするには、アメリカからの渡航費、日本国内での移動費、1ヶ月間の宿泊・飲食費、音楽機材費、ライブ会場費、宣伝広告費、スタッフ人件費などの資金約500万円が必要です。そのうちの一部を皆さんにご協力いただければ大変うれしく思います。

 

秋田から世界へ!私たちの夢を広げて行けるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

 

(ABCD委員会のみなさん)

 

(アラン作曲、カール&アラン演奏'The Taimi" ビデオをご覧下さい)

 

 

引換券について

 

■ カール&アラン直筆サイン入り生写真
■ サンキューレター(日英)
■ ニュースレター(日英)
■ カール&アラン直筆サイン入りCD
■ ロゴ入りTシャツ
■ ニュースレター1年間お名前記載
■ プライベート生演奏動画1曲(リクエスト受け付けます)
■ プライベート生演奏動画3曲(リクエスト受け付けます)
■ カール&アランのサイトにお名前
■ ジャズ作曲編曲の天才ドナルド・ブラウンによる編曲1曲
   カール&アランが動画で演奏します。
■ ドナルド・ブラウン、カール&アラン直筆サインいりCD1枚


最新の新着情報