プロジェクト概要

CDを制作して、多くの人へ元気になってもらいたい。

 

初めまして。南ゆかりと申します。福井県越前町の山間でこだわりの蕎麦屋を営みながら暮らしています。結婚した1997年、23歳の時から曲をつくるようになり、子供へ歌をプレゼントしたりと、始めは家族内で楽しんでいました。

 

しかし2009年、主人や周りの方々の勧めで、オリジナル曲のCDを出そうということになり、第一集『花のように』を出版。保育所の先生や子育て中のお母さんから共感していただき、その時から人前に出て演奏するようになり、2011年には2枚目の『幸せのクローバー』も出版しました。

 

そして今年2016年には、ついに待望の3枚目を、音楽家の浜口茂外也さんに編曲と演奏をしていただくという、素晴らしい出会いの中、制作することになりました!しかしCDの制作費として一部が足りておりません。皆さまのご協力をどうぞ宜しくお願い致します。

 

蕎麦屋を運営しながらの音楽活動をしています!

 

 

 

始めは、家族に歌を聞かせたいという気持ちから

ピアノと歌をはじめました。

 

結婚したとき、まだ音楽活動はしていませんでした。始めは趣味として、3人の子ども達一人一人へ、生まれた時に歌をつくりました。それ以外にも散歩中に曲をつくり家族の間で歌っていました。

 

地元の風景です。こののどかな雰囲気が曲を育ててくれます。

 

 

 

病気の父へ贈ったCDが、本格的な音楽活動の始まりでした。

 

そんな中、北九州の父が病気で、私も帰郷できず会えなかったので、何か喜ばせたたいと考えました。そして、夫と経営する蕎麦屋のお客様で知り合いになったヴァイオリンの先生、大谷渉さんと私の父へ向けたCDをつくったのが今の音楽活動のきっかけでした。

 

その後、1枚目のCDブック『花のように』の花の絵を描かれている助田茂蔵さんの展覧会の時に、初めてコンサートを依頼されてから、人前で歌うようになりました。

 

一回目のコンサートの時はとても緊張しましたが、沢山の拍手をいただけました。

 

その後は子供にヴァイオリンを教えていただき、夫はチェロを教えていただき、家族で演奏することができるようになりました。ファミリーアンサンブルで24時間テレビに出たり、東京のお台場で、yamahaのファミリーアンサンブルのイベントにも出演させて頂き、多くの方に共感をいただいております。

 

10年続いている地元の保育所でのクリスマスコンサートです。夫はサンタのチェロ弾きです。

 

みんな音楽が好きで、自然と一緒に音楽活動をするようになり、今では地元の小学校の100周年の記念歌を作らせて頂いたり、地元特産のまこもの歌も作らせて頂きました。それ以外にも、支援センターや福祉施設での演奏会、ホールコンサートも3度させていただきました。自宅を開放しての歌う会も開催して、地域の人に笑顔になってもらっています。

 

福祉施設での演奏会。みなさんの元気な声が施設に響きます。

 

地元のお母さん方とあつまり、ちいさな音楽会もひらきます。

 

 

 

CD視聴者から頂いた多くの言葉が、活動の励みに。

 

1枚目のCD「花のように」を出した時、CDを聞かれた方から、嬉しいたくさんの感想をいただきました。その中には、「子供に手を出すのをやめるようになった」とか、「子供をおろそうと思ったけどやめた」、「毎回聞いても必ず涙が出てくる」「保育所のお昼寝の時に流している」という内容の手紙もあり、歌うことで誰かの役に立っているんだと改めて実感しました。

 

自分が歌うことによって、しんどい人が楽になったり、希望が持てる人が出てくることにとてもうれしく思いました。母親、蕎麦屋の女将をしながら、音楽活動をしていくとなると、時間的にもゆとりがなく、時々辛くなることもありますが、きっと世の中には歌を待っている人がいると心から思い、今も音楽活動を続けています。

 

CDを聞いてくださった方々からのお手紙です。

 

 

 

3枚目のCDのコンセプトは、

『いのちある事の喜び。あなたがいてくれてありがとう。』です。

 

沢山の感想や感動を頂く中で、お母さん仲間から新曲のCDが聞きたいとの声を多く頂き、3枚目のCDブック『あなたがいてくれてありがとう』を出そうとなりました。基本はピアノ弾き語りです。浜口茂外也さんが編曲(13曲中6曲)し、ギターやフルート、パーカッションの演奏で参加してくださるという、とても素晴らしい作りになる予定です。

 

浜口茂外也さんは、2作目で笛を演奏してくださった雲龍さんがご縁を結んでくださいました。ギター、フルート、パーカッションなど演奏され、歌も歌われるとっても明るい方です。日本の数多くのミュージシャンとも演奏されている方で、音楽の真髄を知った方にお手伝いいただけることがとてもありがたく、現在、色々な方々のご支援の下にCD制作がちゃくちゃくと進んでいます。

 

 

表紙と中にちりばめられている版画は、友人で能登の雑木山の中で暮らす、版画家 江崎満さんの作品です。元気で限りなく優しい彼の作品もお楽しみいただけるとうれしいです。(下のリンクをクリック頂けると江崎満さんのブログをご覧いただけます。)

 

 

 

いままでのCDの簡単な紹介。

 

1枚目『花のように』は、わが子3人の歌を始め、何気ない日常の喜びや、出産を通してのいのちの喜びなどを収録しました。15曲(インストゥルメンタル含む)になっています。

 

2枚目『幸せのクローバー』は交通事故で亡くした愛猫へのありがとうの歌や、平和への想い、日常の幸せなどを収録13曲しています。これは、なじみある優しい曲、アリア、トロイメライ、愛のあいさつなどなどを収録しており、病気の父に喜んでもらいたいと思い制作しました。(クラシック小品集『音の慈しみ』ヴァイオリン大谷渉、ピアノ伴奏南ゆかり)

 

 

あじさいの歌うた。『花のように』に収録

 

わすれなぐさ 『幸せのクローバー』に収録

 

 

 

CDの制作は自主制作で、音楽活動は自費で活動を続けています。

そしてこれからも活動を続けて、

一人でも多くの方へこころの安心を届けていきたいと

考えています。

 

いま、地元のお母さんとの歌う会を開催し、ゆっくりと親子で一日を過ごせる憩いの場をつくったり、福祉施設での演奏会で呼ばれて出向くこともあります。活動はほぼ自費で行っておりますが、そのため現在新しいCDブック『あなたがいてくれてありがとう』の製作費のために30万円が足りていません。ぜひ皆さまからご支援をいただけないでしょうか。

 

聴いてくださった方々の心が元気に、安らかになることを願って、これからも曲を作り、歌い続けていきます。ご支援いただけるとありがたいです。

 

 

★★★リターン★★★

ご支援頂きました金額に応じて、以下のリターンをお送りさせて頂きます。

 

★お礼のお手紙

 

★CDブック第一集『花のように』1部

★第二集『幸せのクローバー』1部

 

 

★CDブック第三集『あなたがいてくれてありがとう』

 

 

★ 南ゆかり ピアノ伴奏 大谷渉 ヴァイオリンによるクラシック小品集『音の慈しみ~光に満ちて』1部 

 

★越前産玄そばを自家製粉、十割蕎麦で夫が手打ちしました生蕎麦(おろしそば用のお出汁と手削り鰹節、大根付き)

 

 

★まこもたけ1キロとまこもパウダー1袋

第三集に収録されている『まこものうた』に登場する、まこも。まこもは神の草とも呼ばれ、ここ越前町の特産となっています。(まこもは9月下旬~10月上旬のお届けとなります)

 

 

★越前陶芸村 十割蕎麦 だいこん舎のお食事券2000円分

 

 

★第三集の人気曲『おたんじょうびおめでとう』の中で、名前を呼ぶところがあります(曲中はたろうちゃん)。その部分へお好きなお名前を入れて、シングルカットして同封させていただきます。(手書きの歌詞カード付き)

 

 

★越前町産米で仕込んだ 世界の『梵』がつくる純米吟醸酒「かすなもん」

 

 

★CDブック第三集の表紙を飾ってくれた、江崎満氏の木版画 かるたシリーズから額入りで1点http://gorosuke.exblog.jp/

 

 

★お子様やお孫さんなど、大切な方への歌をピアノ弾き語りで作りCDにしてお渡しします。(歌詞に登場する言の葉は、相談しながら決めさせていただきます。手書きの歌詞カード付きです。曲は3か月ほどお時間いただきます。)

 

 

★表紙になっている、江崎満氏のヒマワリの版画額入りで1点


最新の新着情報