切手を収集している森宗勇は、実は消印のコレクターでもあります。

日本の郵便局でも押してもらえる「風景印」と同じような意味を持つ、特別な消印が、パリの一部の郵便局にはあります。(すべての郵便局にはありません)

これは窓口でお願いをしないと押してくれないものですので、とても珍しい記念品となります。

 

どこの消印が押されて発送されるかはお楽しみ。写真の消印と切手は一例です。

ご興味のある方はぜひご支援をお待ちしております

サンキューレターは3000円からお願いをしています。

 

新着情報一覧へ