『互いの国、訪ね考えた』現地の若者トゥファン来日!!

のもしゅかーる?

花城です。

 

 

みなさまにご支援いただいたプロジェクトも無事終わり、

9月20日から10月3日まで、現地で一緒に活動していた、

現地若者グループのトゥファンが来日していました!

 

 

 

そのことについての記事が朝日新聞に掲載されました。

 

(2014年10月17日金曜日 朝日新聞)

 

 

 

 

 

帰国する二日前には、

プロジェクトの参加メンバーも集まり、

トゥファンが故郷の料理を私たちにふるまってくれました。

 

魚の素揚げ、カレーなどなど…

 

現地滞在中に食べた懐かしい味がまた食べられました。

 

 

(現地で食べたけのこ料理)

 

 

 

食べながら、

将来のこと、

新しく始める教育支援プロジェクトのこと、

村で感じたこと、などなど、

日本人メンバーと一緒にいろんなことをシェアしました。

 

互いに国の歌を歌いあったり・・・

現地のラブソングを歌ってくれたのですが

すごく、すごく素敵でした。

 

 

 

(夕食の時の一枚)

 

 

 

 

現地メンバーと日本で会えたことは本当にうれしかったです。

 

と同時に、

他国の人に自国の文化を自信をもって教えられるくらいにならなければ

と思いました。

 

現在も、Skypeやメッセージなどで教育支援プロジェクトをはじめとする

様々なことを話し合っています。

 

これからもご支援よろしくお願いします!

 

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています