チャイルドホープ・エイジア・フィリピンは、長年、マニラ首都圏で継続してストリートエデュケーションを実施してきたNGOです。しかし、近年、フィリピンへの海外援助が減少し、資金不足に見舞われているため、十年前は30人近くいたストリートエデュケーターも、今では16人しか維持できず、苦戦しています。そんななか、なんとかトレーニング費用と給料を確保して、ひとりでも多くのエデュケーターを路上の子どもたちのもとへ送り込もうと、私たちに協力を求めています。

 

ストリートエデュケーターを養成するためのトレーニングは通常、最低でも約1ヶ月かけて行なわれます。11回のセッションに分かれており、理論を学んだうえで、路上で現役のエデュケーターと活動することを通して実践を学び、最後に自分自身が実際に子どもたちを相手に路上でワークショップを行なうことで、完結します。

 

そうして活動が身に付いたと判断された者は、ボランティア・エデュケーターとして活動を始めるか、正式に給金をもらえることが決まった時点で、正式に契約し活動を開始します。

 

私たちが提供すべきは、このトレーニング費用、プラス、できれば給料、ということです。これから少しずつ可能性を見いだしていきたいと思います。

新着情報一覧へ