プロジェクト概要

 

【 残り2週間!! 】

『超お買い得なリターンをご用意させていただきました!』

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

藤沢市の長後にオーナーシェフが変わるシェアカフェ長後食堂をオープンして、町の楽しみや交流を増やしたい!

 

初めまして、長後にある植物専門店を営んでいる高見です。その長後にある長後商店街では、シャッター通りになりつつ衰退している傾向がります。その問題に対して、何か更に町の活性化に繋がることが出来ないかと思いシェアカフェ長後食堂のプロジェクトを始めました。

 

シェアカフェ長後食堂のプロジェクトでは、一つの実店舗の中で店長(シェフ)が日替わりで変わることで、たくさんの種類の料理と人との出会いや会話を楽しめる、シェフもお客様も楽しめるカフェを創ります!!

 

カフェの開業に必要な資金を集めています。ご支援お願いいたします。

 

(シェア長後の前で集合写真)

 

 

神奈川県藤沢市長後でシェアカフェをオープンします!!

 

シェアカフェとは.....

一つの実店舗の中で店長(シェフ)が日替わりで変わることで、たくさんの種類の料理と人との出会いや会話を楽しめる、シェフもお客様も楽しめるカフェ形態のことです。

 

シェアカフェがオープンする藤沢市は、「主婦が幸せな市ランキング」で堂々の1位!!その調査では藤沢の人は自分の町が好きな人が多いとのこと。私もそのうちの一人。この長後が好きだからこそ、現状としてシャッター街になりつつある長後を少しでも盛り上げたい。そしてもっと多くの人がこの藤沢・長後を好きになってほしいと思っています。

 

シェアカフェが、藤沢・長後が好きになる一つの要因になれるように、楽しいこと、面白いこと、たくさんの笑顔が溢れる場所にします!

 

 

(シェアカフェ長後食堂の看板)

 

 

長後は、おじいちゃんおばあちゃんが多く遠いところまで行くことが困難なため、いろんなお店に出向くのは出来かねます。

 

しかしながら、近くのお店が日替わりで違うお店になれば、お店が家の近くに来てくれる移動販売のように近くで気軽にたくさんの種類の料理を楽しめることができます。

 

長後食堂に行く楽しみが生まれ、シャッター街になり商店街を歩かなくなってきている長後のおじいちゃんおばあちゃんがまた再び外に出る楽しみ、人と会話する楽しみを感じていただきたいです。

 

もちろん、外部から方が長後の町に踏み入れてもらったり、地元の若い方でも商店街を歩いて楽しめたり毎日気になる店になればと思ってます。

 

 

(〒252-0802 神奈川県藤沢市高倉650−4)

 

 

現在進行中!人の手で作っています。

 

築64年の空き店舗を見つけたので、長後活性化に協力してくれる仲間と一緒に動き始めました。

 

お店の看板も手作りです。近所の子供達が一生懸命、文字の縁取りから塗りつぶしまで行ってくれました。自分一人で作るのではなく、みんなで作ることからシェアしていく、そうすればオープニング時からシェアカフェであるし、オープンする楽しさも共有(シェア)できることは素敵だと考えます。

 

いつか、子供達がオーナーシェフとなって子供店長がいるカフェなんてできたら、嬉しいです。もちろん漁師をやっていたおじいさんが、1日だけオーナーシェフとなって魚をさばいてご馳走を振る舞うってこともできたら素敵だと考えています。

 

いろいろとアイディアは生まれてきますが、仲間とは地元の年配の方がくつろげて楽しめるお店、当然若い方たちも楽しめるお店作りを念頭に気になるお店、楽しみになるようなお店だけでなく年配の方と若い方のコミュニケーションの場、外部の方と長後住民が交われる場を作り活性化に繋がる場所を作ろうとしています。

 

(床も自分たちで塗っています。)

 

(一緒にカフェの看板を作ってくれています。)

 

BEFORE

 

(Before:長後食堂の様子)

 

AFTER

 

(After:長後食堂の様子)

 

 

少しずつオープンに向けて進んでいます!!

 

(カウンターの席も変えてみました。)

 

(ボトルやグラスが揃ってきました。)

 

(炊飯器もセット完了です。)

 

(これらはいろんな方のご協力です。)

 

 

ご支援金の使い道

 

支援していただいたお金は、初めの店舗契約金とグラスやお皿などの食器、店内の内装やオープン後に多くの方に知っていただくための広告費に使わさせていただきます。

 

ぜひとも、支援していただいた方にはどのように使われたのか、どのようなシェアカフェ長後食堂になったのかを確認しに、湘南台の長後に訪れて欲しいです。

 

そのためにも、仲間と商店街の方々と地域の方々と一生懸命カフェを思いを込めて少しずつオープンに向けて進めています。

 

(街のタウン誌にも掲載していただきました!)

 

 

もしもシェアカフェ長後食堂のオーナーシェフになったら

 

もしもシェアカフェ長後食堂のオーナーシェフになったら、基本的に自由に営業をしていただきます。イベント利用でも良いですし、日替りで色んなシェフが入れば、地元の方は毎日気になるお店になりますし、楽しみになり商店街に出て来ます。

 

シェアカフェ長後食堂のオーナーシェフは県外の方でも、外国の方でも構いません。予想ですが、ほとんどは外部からのシェフがくると思うので長後に足を踏み入れてもらえます。そのシェフのお友だちも長後に連れてきてくてたら嬉しいです。

 

今回は空き店舗1つですがシャッター商店街の大家さん達が興味持つようになれば徐々にシェアカフェみたいな店舗がふえると思い大きな活性化の第一歩になればなと思ってます。

 

ご支援よろしくお願いいたします。

 

 

(ことりのおうち)

 

 

ことりのおうちもやっています!!

 

子供の頃から植物や生き物が好きで小中学生の時はインコやハムスターや金魚を飼い家の周りとかに花を植えたり畑を借りて野菜などをつくったりしていました。

 

31才からは総合高校で園芸とガーデンデザインの授業を非常勤で週1日教えながら長後の町に実店舗を作り植物と金魚その他生き物の販売店を始めて更に34才の時に自分の生き物好きを使って長後の地域活性に活かせないかと思い神奈川県初の触れあいインコカフェを始め長後の町で小さな店を2店舗やっています。

 

こちらもお越しください。

 

 

(オウムを手に乗せる高見)