プロジェクト概要

 

6月のプロジェクトスタートより、
皆様より多くのご支援と応援のメッセージをいただきました。
そのひとつひとつが、本当に大きな力となりました。
心より感謝しております。


おかげさまで、第一目標である1000万円を突破することができ、多くのスポーツ設備や備品の購入の目処が立ちました。本当に、ありがとうございます。

 

8月31日のプロジェクト終了まで、まだ少しだけ期間が残っています。この度、さらなるスポーツ施設の充実のため、もう少しだけ皆様のお力をお借りできたらと思い、ネクストゴールに挑戦することにいたしました。


これまでご支援いただいた資金は、グラウンドに野球のネット関係や、ピッチングマシンを。体育館には、バスケットやバドミントン、バレーボールなど室内スポーツ用の設備・備品購入の一部に充てさせていただく予定です。

 

そこで、さらなる目標金額として、1200万円を設定させていただき、1000万円を超えた分で、野球場の芝を整備し、新しい土を入れる費用に充てたいと思っています。

これから銚子スポーツタウンを訪れる球児たちが、ふかふかの芝、しっかり土の盛られたマウンドの上で野球をプレーできるように。

 

皆様、どうかもう少しの間、お力をお貸しください。
引き続きのご支援とシェアを、どうぞよろしくお願いいたします。

 

銚子スポーツタウン 代表 小倉和俊
<2017年8月14日追記>

 

**************************************

 

 

廃校となった銚子市立銚子西高校をスポーツ合宿施設として蘇らせる!

 

ページをご覧いただき、ありがとうございます。株式会社銚子スポーツタウン・代表の小倉と申します。スポーツによる銚子市経済活性化のため、NPO法人銚子スポーツコミュニティーを2014年に設立し、理事長として、銚子半島ハーフマラソン、銚子マリーナトライアスロン大会での地域活性化プロジェクトや、犬吠埼から君ヶ浜の海岸線公道を5時間封鎖するサイクリング耐久レースなどの実施に関わってきました。

 

私たちは、銚子を更にスポーツが盛んなまちに成長させ、多くの方に訪れていただき、地域を活性化していきたいと考えています。そのために、廃校となっている銚子市立銚子西高校をスポーツ合宿施設へと生まれ変わらせる計画を進めています。 現在、多くの方のご協力により2018年4月のオープンに向けて、準備や改修資金の目処がついてきています。

 

しかし、グラウンドの整備費や防球ネット・ピッチングマシーン、バスケットゴールや球技用のポールやネットなど、実際に合宿に来ていただく方々に使っていただく施設整備費や備品の部分の資金が足りていません。ぜひ皆さんのお力をお借りまして、このプロジェクトの実現を目指していきたいと思います。応援よろしくお願いいたします!

 

廃校となった銚子市立銚子西高校をスポーツ合宿施設として蘇らせる!

 

 

50年前に比べて約3万人も人口が減ってしまった銚子市、少子高齢化が進む街を元気づけたい。

 

冬は暖かく、夏涼しい 、海や里山、利根川という自然に恵まれた銚子市。6年連続日本一の水揚げを誇る銚子漁港からの新鮮な魚や、春キャベツの一大生産地としても知られています。また海では、イルカウォッチング・SUPなどのマリンスポーツができ、犬吠埼灯台、屏風ヶ浦などの観光地もあります。

 

しかしここ近年では、人口減少によって小学校が4つ、中学校が2つ、高校が2つ、統廃合となってしまいました。50年前の人口が約93,000人、現在は約63,000人。特に直近3年間では年間平均で約1,300人の人口が減少しています。また事業所も同様に減少している状況です。

 

新生児もここ数年は年間で300人を割っています。これによって街は、団塊の世代以上の人口の比重が大きくなってきました。その影響か、2010年には、街にある銚子市立銚子西高校が統廃合され、校舎が廃校となってしまいました。

 

 

 

元プロ野球選手木樽さんとの出会い。スポーツが地域活性化の鍵に!

 

衰退していく市の状況を目の当たりにしながら、豊かな自然や食材、そして廃校になってしまった西高を利活用して、なにか地域を活性化できることはないだろうか、と考え続けていました。そんな時、50年振りに銚子を盛り上げたい!との想いで地元へ戻ってきていた、銚子出身の元プロ野球選手の木樽さんと出会いました。

 

この出会いをきっかけに、スポーツで地域活性化を行えるのではないか、ということを思いつきました。スポーツ大会が開かれると一度の機会で多くの人がまちを訪れます。実際に銚子市では景観や自然環境を活かしたマラソン大会やトライアスロン大会を毎年開いており、非常に多くのひとが訪れていました。

 

しかし、大会等の開催の際に、このまちに多くの人が気軽に泊まれる施設がないことが切実な課題となっていました。 実際に大会参加者に対して行ったアンケートでも、銚子のスポーツ大会に出場するときに、宿泊は近隣市町村のスポーツ合宿施設や民宿に宿泊していることが分かりました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
銚子出身の木樽正明さんは1965年、銚子商業が夏の甲子園で準優勝した当時のエースであり、現役時代はロッテオリンズで活躍、引退後はロッテや読売ジャイアンツのコーチとしても活躍されました。現在は、銚子市行政アドバイザー、銚子商業野球部コーチに就任し、各小学校、中学校、高校で野球を教えてくださっています。

 

 

多くの人が訪れているのに市内の宿泊や観光に繋がっていない、というもったいない状況をなんとかできないか…。

 

そんな考えを抱いているときに、「廃校になった銚子市立銚子西高校」が「スポーツでの地域活性化」に活かせるのではないか、という思いに至りました。

 

廃校になった高校を視察したところ、広々としたグラウンドと非常に大きく立派な体育館、県内外からの交通の便の良さなど、そこにはスポーツをすることに良い条件が揃っていたのです。

 

もし、現在活用されていない銚子西高校を蘇らせ、スポーツ合宿施設をつくることができれば、多くの方がスポーツ大会とともに気軽に宿泊し、この銚子のまちをさらに楽しんでくれるのではないだろうか、そしてスポーツを中心とした地域活性化の新しい拠点が、銚子のファンを増やしてくれるのではないかと考えました。

 

 

 

 

2018年4月オープン!銚子スポーツタウンプロジェクト

 

2010年に廃校となった旧市立銚子西高校を利活用し、スポーツを中心とした銚子市の活性化の新たな拠点をつくります。旧部室棟を宿泊棟にリニューアル、全19室、最大152名を収容します。既存の合宿棟を取り壊し、新しく食堂・浴場棟を建設します。年間では、20,000人の宿泊を計画しています。

 

(グラウンド)野球、ラグビー、サッカー、(体育館)バスケット、バレー、バドミントン、剣道、(屋外)サイクリング、トライアスロンなどの競技での利用が可能です。

 

競技施設は、グラウンドのバックネットなどを修復、野球で利用の場合は両翼95m+サブグラウンドの大きなグラウンドです。体育館は5競技同時利用可能な3階建て3層構造です、雨漏りのひどい屋根を修理し、腐敗してしまった床も全面張り替えします。スポーツを中心とした宿泊施設ですが、文化系の合宿なども対応します。

 

 

 

▶資金使途

・グラウンドの整備

・防球ネット

・ピッチングマシーン

・バスケットゴール

・球技用のポールやネット

・その他スポーツ関連の備品購入費

 

今回のご支援は、スポーツ関連の設備の改修、必要備品を購入するための費用の一部として充てさせていただきます。

 

▶団体概要

 

株式会社銚子スポーツタウンは、スポーツによる地域経済の活性化を目的とし、旧銚子西高校をリノベーションしたスポーツ合宿者向け宿泊施設を運営する、銚子市の第三セクターの民間企業です。同じ志を持って2014年に設立したNPO法人銚子スポーツコミュニティーの役員から株主を募り、銚子市が大株主となっています。

 

▶銚子スポーツタウンHP

 

 

 

 

 

スポーツ×農業、漁業、、、

この施設を通して、もっともっと銚子の魅力を伝えていきたい!

 

スポーツ大会への参加だけではなく、この合宿施設ができることで、訪れる方が宿泊を通して銚子で過ごして頂く時間が増え、銚子の豊かな自然から生み出される農産物や海産物を味わっていただける機会を増やしていけると考えています。これにより、もっともっと銚子を好きになって、銚子のファンになっていただき、何度でも「また銚子に来たい!」と思っていただけるようなまちにしていきたいと思います。

 

ゆくゆくは春に種まきをし、秋にその野菜を収穫して料理をする定期体験型の宿泊プログラムなども提供していきたいと考えています。さらに、銚子産の野菜を活用した商品開発や、魚料理の教室、施設を活かしたヨガなどの運動教室、里山探検など、訪れる方々だけではなく、地域の方々にも楽しんでいただけるような体験を提供していきたいと思います。

 

スポーツを通して、銚子の素晴らしさをいろいろなかたちで伝えていき、地域全体を活性化させていければと思います。地元の方々と手を取り、協力しながら、銚子の魅力を全国にスポーツを通して、お伝えしていければと思います。その一歩となるこの施設のスタートに、皆さんのお力をぜひお貸しください。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
豊かな自然と食材に恵まれた銚子をもっともっと好きになってもらえるように。

 

 

リターン

 

完成した施設への宿泊や銚子産の名産物をリターンとして、お届けいたします。

 

■大漁旗コースター

漁師のまち・銚子ならではの伝統工芸品。萬祝式大漁旗の製法でつくられた「おめで鯛」コースターです。

 

■ミニミニ大漁旗・名入り大漁旗や萬祝着

漁師のまち・銚子ならではの伝統工芸品。萬祝式大漁旗の製法でつくられたかわいらしいミニミニ大漁旗、そして大漁旗と萬祝着は、熟練の職人が、名入りのオリジナルのものを制作します。

 

■醤油セット

銚子は醤油産業もさかんです!伝統の天然製法で作られたお醤油のセットです。

 

■銚子半島クルーズ

名勝・屏風ヶ浦をながめる銚子半島クルーズにご招待します。

 

■施設にお名前 

施設に使われる予定のレンガにお名前を刻印します。訪れた際にぜひ探してみてください。※写真はイメージです。

 

■植樹 

敷地内に植樹をし、樹木にお名前を記します。※植物や樹木の種類・植樹の量に関しては、それぞれのご支援額によって決定させていただきます。予めご了承ください。写真はイメージです。

 

■各種ネーミングライツ(お部屋、体育館、グラウンド)

お部屋ネームプレート:宿泊棟の一室に、お好きな名前をつけていただきます。

体育館ネームプレート:体育館の①2階メインアリーナ②1階の多目的室③MB1階の野球室内練習場にお好きな名前をつけていただきます。

グラウンドネームプレート:大きなグラウンドにお好きな名前をつけていただきます。

 

 

■サンクスレター

心のこもったサンクスレターをお送りします。

 

■オープニングパーティー

銚子スポーツタウンのオープニングパーティにご招待します。日程については、後日ご支援頂いた皆様に向けて、詳細をお知らせします。

 

■宿泊割引券

各割引金額以上の宿泊金額の際に、その分のご利用金額を引かせて頂くものです。

 

■食堂の椅子にお名前 

食堂に使われる椅子にお名前を刻印します。訪れた際にぜひ探してみてください。


最新の新着情報