プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

今年の6月に栃木県黒磯の地産レストラン

“Chusーチャウスー”にゲストハウスをOPENします!

 

 はじめまして!株式会社チャウス代表の宮本吾一と申します。2015年1月より、栃木県は那須高原のお膝元、黒磯(くろいそ)で、地域の生産者さんの野菜や乳製品などの「直売所」とその食材を使った料理を食べられる「レストラン」“Chusーチャウスー”を運営しています。


 日本有数の観光地の那須高原。そこには高原野菜・チーズなどの乳製品・おいしいお肉など豊かな食材とそれを作るおおくの生産者さんがいます。この美味しい食材を多くの人に知ってもらい、「食」を中心に地域の外から来られる方や外国から来られる方、そして地元の人が交流できるゲストハウスがあればどんなに素敵だろうと思い、すでにはじめている1階のダイニング/マルシェに続き、2階、3階部分にゲストハウスをOPENします!

 

Chus外観です。もともとは50年続いた3階建ての家具屋さんでした。

 

 

地元の食材をお客様に提供したいという思いから

始めた小さなマルシェが、“Chusーチャウスー”の原点です

 

最初は10軒程度の農家さんが集まる小さなマルシェでしたが、震災を機に多様な方が運営に関わってくださるようになりました。そして、そのうちに3000人を集めるイベントに育ち、「那須の大きな食卓」というコンセプトのもと、『食』を通してつながるコミュニティへと変わっていきました。
 


回を重ねるにつれ参加者は増えていきましたが、イベント開催の準備に時間をとられるので、年2回開催が限界であるという問題にぶつかりました。でも。生産者さんたちは、収穫の時期に旬な状態で販売したい。お客様は毎週末に新鮮な野菜を買いたい。そういう声から常設店舗をつくる発想になり朝市の運営メンバーから6人を誘ってはじめたのが、僕らのChusというお店です。


 

明るく優しい自然光が気持の良い店内で生産者さんの持ち寄る食材を使用した料理が食べられます

 

 

カフェバーChusレストランOPENから1年!
2階と3階部分を改修しゲストハウスに

 

1階のマルシェと飲食店に続き、2階と3階部分を使って、 2016年6月(予定)よりゲストハウスをオープンします。もともと開業前の計画では、Chusの中に直売所とレストランと一緒にゲストハウスをオープンさせる予定でしたが、資金面の問題から、いったん中止していたものでした。しかし、オープンからちょうど一年となる今、Chusという場所をより皆様の愛される場所にするためにゲストハウス計画を再開しようと思っています。


オープン場所:Chus-チャウス-2、3階
住所:栃木県那須塩原市高砂町6-3
オープン予定日:2016年6月

 

2階:7つの部屋とシャワー室

 

 

 

3階:ゆっくり本を読んだり珈琲を飲んだりできるラウンジ

 

 

資金の使い道

 

今回皆様にお願いしたいのは、ゲストハウスを作るための「内装費」です。 エアコンやベッドシャワーや水面トイレなどの「水回りなどの設備費」までは準備できたのですが、資金が不足し工事が止まっています。 合計 17,148,786円のうち、不足分の3,000,000円の支援をお願いしたいと思っています。(その他は調達済みです)

 

A,仮設工事費 512,800円
B,木工事費 1,929,114円
C,衛生設備工事費 2,533,771円
D,内装工事費 773,190円
E,鋼製・木製建具工事費 1,302,466円
F,塗装・外装補修工事費 2,038,828円
G,電気工事費 5,060,000円
H,左官工事費 193,886円
I,納入・雑工事費 1,245,750円
J,諸経費1,558,981円

 

 

おすすめの過ごし方(1泊2日編)

 

【 1日目 】


朝家を出発して昼過ぎに黒磯/那須に到着。Chusのランチを食べて野菜の新鮮さを楽しんで、食後の珈琲を飲んだりマルシェを見てゆっくりするとチェックインの時間。

 


1階の「Table」でスタッフから説明を聞いて部屋へ荷物を置いて黒磯を散策。Chusの周りには洋服屋や家具屋、素敵なコーヒー屋さんやパン屋さんが軒を連ねているのでそこを見たり、近くの黒磯公園からは雄大な那須山が眺められるので散歩しながら日帰り入浴を楽しめる温泉施設へ。

 

 

散策を終えてChusにもどり、3階の宿泊者専用ラウンジで夕食をどこで食べようかと考えて見たり、明日の予定を考えたり。

 

那須山から朝焼け。Chusは那須山の主峰茶臼岳(ちゃうすだけ)から名付けました。


楽しそうなChusの雰囲気でディナーを楽しんでも良いし、お酒を楽しんでも良し。
また歩いて行けるBarやイタリアンの美味しいお店で食事をしてきても良し。
もちろん3階でゆっくり静かな夜も過ごせます。

 

【2日目】


朝いつもより早めに起きて、朝陽が気持が良い屋上で珈琲を飲んだ後は1階のTableで朝ご飯。

 


近所の美味しいパン屋さんに焼いてもらうパンに那須の牧場のミルクから出来たヨーグルトに自家製のグラノーラ。農家さんが届けてくれたあまい苺を食後に。

 


シンプルだが素材ひとつひとつにエネルギーがある朝食を済ませ、これからの予定を考えにまた3階でゆっくり。

 


那須産の野菜達はもちろん、ジャムやチーズがたくさんあるChusのマルシェでお土産をさがして、チェックアウト後は牧場やレジャー施設がたくさんある那須高原へ足を伸ばしても良し。回りきれなかった黒磯の街を散策するのも良いかも。

 

 

 

本来ゲストハウスがなければありえない出会い。
たとえばそんなシーンをイメージしているとわくわくがとまりません!


このゲストハウスがOPENできれば、地域の外から人がさらに集まりやすくなります。もともと魅力的な街ですので、平日には外国人観光客が、週末にはこの街にきている観光客のかたに便利に利用してもらえると思います。

ゲストハウスの利用者のかたには、那須のおいしい食材とそれを使った食べもの、そして、那須ならではのゆたかな時間をたのしんでいただけると想います。「那須の魅力のひとつである食」を旅人に楽しんでもらい、持ち帰ってもらいたい。

『食』をとおしてさらに繋がりそういった循環が ちいさな街に多様性をうみ、 それがやがて文化になれるのではと考えています。  僕らが想うこのプロジェクトが地方においての潜在的な可能性だとおもいます。

 

一緒に夢を見てもらえませんか?ぜひ皆様のご協力をお待ちしております!

 

リターンについて

 

■3,000円

・Chusからのサンクスレター

 

■10,000円
・サンクスレター
・那須高原野菜の詰め合わせセット
・一口オーナーとしてゲストハウス内にお名前掲載

 

■15,000円

・サンクスレター
・Chus宿泊券
・一口オーナーとしてゲストハウス内にお名前掲載

 

■30,000円

・サンクスレター
・Chusご宿泊券(お二人様)
・お土産那須高原野菜の詰め合わせセット
・一口オーナーとしてゲストハウス内にお名前掲載

 

■30,000円

・サンクスレター
・ディナーペアチケット(お二人様)
・一口オーナーとしてゲストハウス内にお名前掲載

 

■50,000円

・サンクスレター
・那須高原野菜の詰め合わせセット
・Chusご宿泊券(お一人様)
・Chusディナーお食事券(お一人様)
・一口オーナーとしてゲストハウス内にお名前掲載

 

■50,000円

・サンクスレター
・那須高原野菜、乳製品、お米(5kg)詰め合わせセット
・一口オーナーとしてゲストハウス内にお名前掲載

 

■100,000円

・サンクスレター
・那須高原野菜、乳製品、お米(5kg)詰め合わせセットを旬にあわせて年2回にわけてお送りいたします。
・一口オーナーとしてゲストハウス内にお名前掲載

 

■100,000円

・サンクスレター
・那須高原野菜の詰め合わせセット
・Chusご宿泊券(お二人様)
・Chusディナーお食事券(お二人様)
・一口オーナーとしてゲストハウス内にお名前掲載

 

■1,000,000円

・Wedding Partyや各種記念パーティーなどにお食事、宿泊すべて貸切できます。

 


最新の新着情報