プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

□追記(8/16)

○3Fにデスクが入りました。

 

 

リターンで先行受付をしている3F、固定デスクエリアに机が入りました。

現在、2件の利用も決定しています!!


3Fの固定デスクを利用いただく方は、コワーキングスペースCLIPのカラーを決める存在です。3Fの利用者を中心に2Fにひとが集っていきます。

クラウドファンディングからお申込みしていただくと、固定デスクA, Bがお得に。

 

机の種類は、サイズのちがう2種類。

○固定デスクA 6ヶ月(120cm x 60㎝)

通常¥150,000 → Readyfor価格 ¥120,000

○固定デスクB 6ヶ月(140cm x 70㎝、写真左手、壁向きの配置になります)

通常¥180,000 → Readyfor価格 ¥120,000

 

CLIPで、昭和町で、一緒に仕事をしてくれる方、募集しています!

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

□追記

プレオープン以外のリターンを購入した場合は、プレオープンへの招待はされないのですか?との問い合わせをいただくことが多いので、この件について公式回答。

・コワーキング:ドロップイン(1日)利用券x5枚 6,000円
・コワーキング:MONTHLY/フリーデスク(一ヶ月)利用券x1枚 10,000円

この2つについては、前売的な側面が強いので別途「プレオープンへの招待 3,000円」をご購入いただくか、当日、参加費3000円(予定)の支払いをお願いいたします。

それ以外のプランについてご購入いただいた方は、すべてプレオープンへの無料招待とさせていただきます。

 

引き続き、よろしくおねがいいたします

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

□公式サイト、SNS始めました!

公式サイト

Twitter
Instagram

Facebook

 

 

大阪・阿倍野の中心「昭和町」の駅徒歩10秒の場所に、
街の様々な情報を共有できるカフェ・コワーキングスペースを。

 

はじめまして。有限会社CR-ASSISTの四井(よつい)と申します。

阿倍野区昭和町では、街の文化祭「どっぷり、昭和町。」および、その母体となる街のファンクラブ「あいらぶ、昭和町。」の事務局を担当しています。

 

昭和町周辺は、ここ数年で人口が増え、新しいお店が誕生し、新旧様々なアクターの活躍により、大きな変化の時期を迎えています。

 

そんなこの街で「学び」、「働き」、「地域とふれあう」拠点をつくることで、

さらに、この街の進化を加速できるのでは、ということを考えていました。

 

そんなとき、Osaka Metro御堂筋線「昭和町」から徒歩10秒、築56年の古いビル、かつて「ロワール」というレストランだった地元の人の愛着もあるこのビルが1棟貸しされることを知りました。

 

この立地と建物なら、この街で活躍する方々も、この街で暮らしていない方でも、街とふれあい、個性を活かせる働き方ができるのではないかと思ったのが始まりです。

 

 

築56年の古いビルをリノベーション

 

このビルは【CLIP(クリップ)】と名付けました。
Community Lovers Interest Place
(街が好きな人たちが、街をもっと好きになれる場所)という意味を持ち、それぞれの単語の頭文字を取って、CLIPです。

 

この街のリアルタイムな表情をクリップ(切り取り)して、シェア(共有)できる場所になれるようにとの願いが込められています。

そして、現在、リノベーション工事の真っ最中です。

 

 

 

1階をカフェスペースに。

1Fカフェイメージ
1F Cafe イメージ

 

2階は、一時利用できるコワーキングスペース

2F コワーキング/イベントスペース
2F コワーキングイメージ

3階は、固定デスクを借りられる、セキュリティにも考慮したシェアオフィスに

3F シェアオフィスイメージ
3F シェアオフィス

 

 

1階のカフェは、女性が気軽に入れておしゃべりしたり、阿倍野で働く人の憩いの場として。手軽に食べられるサンドイッチ、ホットドック、サラダ、コーヒーなどのドリンクを提供できるよう準備を進めています。

 

2階、3階のコワーキングスペース、シェアオフィスは、地元で活動する方々やノマドワーカーのオフィス、打ち合わせのスペース、この街を訪れた方が仕事や遊びの合間に作業をする場として活用していただければと思っています。

作業環境を第一に考え、最新のコピー機を使えるようにし、3Fのシェアオフィス空間では有線インターネットで大量のデータ扱う仕事もしやすくしています。

 

◆CLIPのロゴデザイン・コンセプト

これまで脈々と培われて来た昭和町の歴史や流れを大切にしつつ、様々なひとたちが集い、新たなムーブメントを起こす。 「ここが昭和町の新たなスタンダード」となればと願い、ロゴデザインのコンセプトを「昭和町スタンダード」と設定しました。 誰もに普遍的に映るロゴとなるようベーシックな構成としながらも、昭和町にとっての「新たな風」を感じさせるデザインとして組み立て。 クリップ界で最も認知度が高く、スタンダードな形状である「ゼムクリップ」をロゴマークのモチーフとし、今起きている昭和町のリアルを切り取り、共有し、そして新たな創造へと転化させてゆく。 そんな昭和町の「NEWスタンダード」を生み出してゆく拠点となればと願いデザインしています。

 

個人の力を大きな力に。さまざまな職業やスキルを持った人と
空間を共有し、ときに一緒に働くことができる場所として。

 

大阪・阿倍野区内にも多くのデザイナーやクリエイター、エンジニアなど、個人で仕事や活動をしている方がたくさんいます。

 

そういった方同士で、もっとコミュニケーションできる場や、異なる職業を持つ人たちが、一緒に仕事をできる場があれば、きっと相乗効果が生まれ、今まではできなかった大きな仕事などにも挑戦できるようになるはずです。

 

一人で働くよりも、誰かと一緒に働く方が良い結果につながることもあります。
フリーランスはもちろん、さまざまな技術を持った方々との交流を通じ、新しい価値が生まれる場所に育てていきたいと考えています。

 

起業家はもちろん、会社員、士業、研究者、NPO関係の方、クリエイターなど、ジャンルを超えた様々な人たちのつながり、交流ができるような場所として、設備や仕様、サービスなども考えています。さらには子育てしながら働ける場づくりも意識していきたいポイントです。

もちろん、彼らに仕事を依頼する企業・個人の方も大歓迎です。

 

〈コワーキングスペースについて(予定)〉


◆営業時間:
平日10:00~21:00
土日祝 10:00〜19:00

 

◆利用料金:
DROP-IN/2時間まで:¥600/2時間
DROP-IN/1日利用:¥1,500/1日
DROP-IN/夜間利用:¥1,000/1日

 

MONTHLY/フリーデスク 2F:¥12,000/月
MONTHLY/固定デスク3F[A]:¥25,000/月
MONTHLY/固定デスク3F[B]:¥30,000/月

 

◆サービスなど
・電源、Free Wifi
・ウォーターサーバー
・カフェの割引チケット
・印刷、コピー5円〜
・スキャン無料
・会議スペース(500円/要予約)

・キッズスペース(予定・曜日限定)、おむつ交換台。

 

この街をまだ知らない人も、すでに暮らしている人も、
この場所からなら、昭和町を存分に楽しめます。

 

昭和町交差点付近(CLIP屋上より撮影)

この街は、遊びに来る方はもちろん、この街で仕事をするひとにとっても、使い勝手の良い場所になるはずです。かつて旧・住吉区役所が近くにあったため、郵便局や銀行ATMも多く、コンビニ、100円ショップ、スポーツジムも信号を渡ったところにあります。また、1Fのカフェ以外にも、少し歩けば美味しい飲食店が隠れ家のように点在しています。

大阪の大動脈といわれるOsaka Metro御堂筋線。昭和町駅は、天王寺からひと駅、新大阪まで24分、梅田まで18分と、打ち合わせ前の休憩場所に、打ち合わせ後の仕事対応になど、空き時間を無駄にせず効率よく仕事ができる環境です。そして仕事終わりにすぐ呑みにも行けるうれしい環境にもなっています。

一時利用をうまく活用して充実した時間を過ごしていただければと考えています。

 

この街に住む方々の愛着のある場所だからこそ、
やれること、やりたいことも盛りだくさんです。

 

地域イベントのミーティング風景
地域イベントのミーティング風景

 

 

1)まちづくりの活動拠点としての場づくり。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
→阿倍野区には、街の賑わいをつくる「どっぷり、昭和町。/あいらぶ、昭和町。」や、魅力創造団体「あべのって」など、いくつかの地域団体が活動しています。この場所が各団体の情報をスムーズに交換できる場、相談できる場となれば、街の中でおこなわれているさまざまな活動を繋げていくことができます。

 

2)子育てをしながら働ける環境の構築と実験、実践。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
→子育てで自由に働けない方々が、のびのびと働ける環境を構築していきたい。社員やパートとしての働き方だけでなく、ここで働くフリーランスの方々などから違う価値観の働き方を学ぶこともできます。地域の方が集まる場所だからこそ、学校、街のことなど様々な情報にふれ、暮らしに役立てることもできます。

2Fのコワーキングスペースでは、まずは曜日限定で、子ども同伴OKでの利用を試したいと思っています。

 

3)まちで働くを実現する。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
→地域で活躍する様々なプロフェッショナルが集うコワーキングスペースだからこそ、つながりが生まれ、ひとりでは受注できない案件もチームで解決することが可能になります。仕事の幅や経験が広がり、個人の成長にも役立てられるようにしていきたい。さらに街中の中小企業からの仕事を請け負えるような仕組みをつくり、CLIPで働く人たちで受注できるようにしていきたいと考えています。

 

4)飲食店経営のスタートアップ応援として、1日、週イチ、月イチの間貸し。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
→阿倍野区や、昭和町に店を持ちたい方がチャレンジできる場所として、1階のカフェを間貸しできるようにしようと考えています。独立したいけど今すぐは無理という方でも、今の仕事をつづけながら週一で店をすることで資金をためるとともに、自信をつけることができます。

また、すでにお店をもっている方が、普段とは違った雰囲気でポップアップストアとしてイベント営業をやるのもひとつの利用方法です。

 

5)地域の情報発信拠点として。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
→Osaka Metro御堂筋線「昭和町」から徒歩10秒という立地を活かし、この街を訪れる方へ、街の魅力を伝える取り組みをしていきます。

この街の魅力をもっといろんな人に知ってほしい、この街に人が回遊するような流れができるように、駅から離れたお店の商品を紹介、展示、販売することも考えています。

 

6)映画上映会、ワークショップ、セミナーなどを不定期開催。
仲間が集い、お互いの趣味や共通な思いを共有していく場をつくる。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
→2階のコワーキングスペースは、机が移動でき、開催するイベントによってレイアウトを変えられる可変の空間に。個人だけでなく、団体の方にも、様々なイベントで活用いただけるようにします。ここでの出会いがこの街の新しい価値を生む可能性も十分あると思っています。

 

カフェ・コワーキングスペース 「CLIP」について

———————————————————————————

□住所:
〒545-0021 大阪市阿倍野区昭和町1-50-3

 

□アクセス:
Osaka Metro御堂筋線「昭和町」駅(4番出入口)から、徒歩10秒

 

□定休日:
不定休

 

□営業時間:

〈1F・カフェ〉
平日 11:00〜19:00(予定)
土日祝 11:00〜19:00(予定)

 

〈コワーキングスペース〉
平日10:00~21:00(予定)
土日祝 10:00〜19:00(予定)
※固定デスクの利用者は、24時間出入り自由
※土日、夜などイベントのあるときは利用時間が変わります。

 

 

何年も、何十年後もこの街の方に愛される場所でありたい。だからこそ、この街のいろんな方と一緒にプロジェクトを立ち上げました。

 

◆プロジェクトリーダー/有限会社CR-ASSIST・代表取締役
四井 恵介(よつい けいすけ)

普段は、大学・研究機関・行政等と調査、データ分析などの仕事を行っています。観光まちづくり、地域福祉にかかわる案件が多く、街をどうしていくかを常に考えています。

まちづくりの会社というからには、地元でなんかやってないと格好つかないねと、「どっぷり、昭和町。」の事務局を引き受けて、早や8年。 ボランタリーにやる限界もみえつつ、新しい取り組みとしてCLIPを始めました。
地方へ行けばいくほど、また障害や困難を抱えた人ほど「働けること」の大切さを痛感しています。この場所の4Fに本社も移し、2F、3Fのコワーキングスペース利用者とも連携しながら、プロジェクトタイトルどおり「まちで遊ぶ、まちで働く」を実現していきたいと考えています。

 

◆CA-RIN WORKS 代表/クリエイティブディレクター 
カツミ

いろんなおやつと珈琲のお店『カリン』/オーナー
大阪デザイナー専門学校/非常勤講師
大阪市立デザイン教育研究所/非常勤講師
どっぷり、昭和町。/実行委員


「つながる笑顔を生み出すモノづくり」を基本コンセプトに掲げ、イラストレーション+デザイン+企画を専門分野としていることから、広告媒体全般のグラフィックデザインやロゴ、WEB、またキャラクターデザインやイラストレーションの制作の他、企画やトータルブランディングまでクリエイティブ力に特化し、幅広い分野で精力的に活動しています。

 

「CLIP」プロジェクトの立ち上げから携わり、ロゴデザインをはじめとするビジュアル面をメインとしたデザインワークを担当。「CLIP」命名にも一役買う影の立役者。「CLIP」が地域のクリエイティブが交差するハブとなり、様々な化学反応が生まれる拠点、昭和町の新たなスタンダードとなればと願っています。

 

◆大森装飾・代表
大森 ひろし

23歳で店舗内装の世界に飛び込み、全国各地の百貨店で数々の有名アパレルブランドの店舗の工事に現場監督として携わりました。独立後は自らも手を動かし、汗をかき、泥臭く地元に密着した仕事にやりがいを見出し、様々なことに挑戦。阿倍野区昭和町に移り住んで2年。もっとこの街に関わりたいと今も模索しています。
 

「CLIP」の工事に関わらせてもらって思ったのが、この建物自体のすばらしさでした。以前のお店の壁を撤去すると昔の豪華な内装が出てきたりして…、昔を想像するとちょっとワクワクしたりもしました。外壁に使われているタイルも海外からわざわざ輸入してきて貼ったそうです。螺旋階段もただの円形ではなく、各階どれも違う形状で4階まで上がっています。お金かけて作ったビルだったんだな~と、毎日螺旋階段を上り下りし「はぁ!はぁ!」と息を上がらせながら思っております。


そんな建物にこの「CLIP」が誕生するのですが、予算も工期も厳しい現場で、胃をキリキリ痛めながら毎日を送っております。「CLIP」のプロジェクトを成功させるためにも、私の胃痛を少しでも和らげるためにもクラウドファンディングの成功を現場の陰から祈っています!


また、多くの方と「CLIP」を作り上げたいという思いから、一部の塗装やタイル貼りを皆さんと一緒にできるようにとの企画も考えています。より多くの方々に手を加えていただき、みんなの愛着が詰まった場所になればと願っています。その際はぜひ皆様、ご協力ください。
 

◆コーディネーター/有限会社CR-ASSIST
末元 花(すえもと はな)

昨年6月より、ひょんなことから生まれ育った地元昭和町で働くことに。
学生時代に専攻していた「まちづくり」や「中心市街地活性化」、演劇や音楽をしていた経験を活かしつつ、毎日電車で人に押しつぶされなくてもよいという解放感と、地元で働くことの息苦しさを感じながら日々の業務にあたっています。

 

プロジェクトチームの中では最年少ですが、一番長くここに住み、まちの移り変わりを見てきました。「地元が好きで残ってるんですか?」と聞かれるとなんか違うし、まちへの愛着って何だろうとよく考えます。どちらかといえば早く出ていきたかった。


でも最近、昭和町ってなんかイイやん、地元での生活も悪くないやんと感じているのは、仕事を通じてたくさんの人と出会えたからかなと思います。職業も年齢も、考えていることもみんな違う。固まった価値観を壊してくれる。それがいいところです。

 

CLIPの立ち上げにはありとあらゆるところで関わっています。常に4階の事務所で仕事をしていますので、ゆっくりお話ししましょう・・・(笑)

CLIPが毎日の生活をちょっとだけでもわくわくさせられる場所になればいいなと願っています。

 

 

◆コピーライター野村監督・代表
野村監督(ノムラカントク)

◯阿倍野区魅力創造事業「あべのって」実行委員

◯大阪港区・イノベーションポート200 広報局長

◯スポーツ機器開発「HANG(ハング)」取締役

 

2年前の独立を機に、自宅のある大阪・阿倍野でまちづくりの活動「あべのって」に参加させていただくようになりました。10年近くこの街で暮らしていましたが、まちのこと、ほとんど何も知らない自分に気がつきました。

 

家と会社の往復だけでは、まちの魅力や楽しさは見えてこない…、せっかく暮らしているまちのこと、もっと知りたいと思ったのが様々な活動に参加させていただくようになったきっかけです。

 

今年はじめて「どっぷり、昭和町。」の実行委員として活動してみて、地域を盛り上げることの難しさや大変を知りました。しかし同時に、たくさんの人とのつながりが生まれ、多くの方々のまちに対する熱い思いにふれることができました。

 

CLIPは、働く場としてはもちろんですが、さまざまな「学びに出会える」場となることが期待されます。多くの方々と一緒に取り組むことで、自分になかった経験や知識を得て、新しい価値を生み出せる場所。ぜひ、みなさんのお力で、この街になくてはならない場所となれるようにご支援のほど、よろしくお願いいたします。

 

いただいたご支援の使い道

 

皆さまからいただいたご支援は、エントランス部分での街の広報的な活動で使用する什器や、コワーキング部分の共用空間の活用、会議スペースの設備の充実などに使用させていただきます。

2019年9月1日までに「カフェ・コワーキングスペースCLIP」をオープンさせたことをもって、プロジェクトを終了とします。

 

 


最新の新着情報