プロジェクト概要

 

会員制シェア・アトリエをつくるためのご支援と、シェアメンバーを募集!

 

オリジナリティあふれる洋服や手芸作品の制作、洋裁教室、展示会、地方創生の為の商品開発など、様々なものづくりをスタートする人の為に、趣味の段階からプロフェッショナルまでそれぞれのフェーズからスタートできる充実した設備を備えた制作活動の拠点としての『会員制シェア・アトリエスペース』をOPENします。

 

ミシンなどの機材の購入や内装費の為に今回150万円が必要です。ご支援頂いた方には、様々なものづくりワークショップ体験や素敵な特典をご用意しています。皆さまのご支援をお願いいたします!

 

また同時にこのシェア・アトリエを拠点に一緒に制作活動をしてくれる会員を募集します!

 

 

東東京の手芸の街「浅草橋」

 

 

浅草橋には人気の手芸用品店が建ち並び、インターネットで探してもなかなか見つけにくいお店も多く、一度訪れただけではその豊富でバラエティ豊かな手芸店の数々を把握するのは難しいほどです。

 

そんな手芸の街「浅草橋」で今回、本格的な機材の整ったアトリエを開設して、スキルを培いながら、自分の満足するものづくり活動を行う拠点を作ります。

 

ものづくり教室を開催したり、つくった作品を発信して販売するなど経済的活動にも繋げられ、社会的な自信も身に着けることもできる、そんな場所を目指していきます。

 

 

「誰もが安心して、自己満足を感じられるような社会になってほしい」

 

ページをご覧いただきありがとうございます!TsukuRie代表の小島梨恵と申します。

 

 

私は、「生活のなかに自分だけの " 心地よい時間 " がある、そんな機会を作りたい」をコンセプトに、年間約60回、だれでも参加できるものづくりワークショップやイベントを企画しています。

 

加えて、これまで約100回以上のワークショップ講師をしながら、ものづくりメーカーや手芸メーカーとの協働も行い、これまでの経験を教育の場でも活かし東京女子大学などの教育現場でも登壇してきました。

 

まずは、私がこの活動を始めたきっかけからお話させてください。

▶︎小島梨恵HP

 

ものづくりは、新しいコミュニティがつくられていく場

 

多くの人が仕事、家事、育児、人付き合いなど、不安や不満を抱えていると思います。私は結婚後、仕事をやめて家庭に入り子育てをしていました。すると、いつしか生活は子ども中心に。付き合う人もほとんど同じになっていきました。

 

そんな狭い世界の中で生きている当時の私には、子どものことから一旦離れ

 

「自分を自分として受け止めてもらえる場所」

「自分のことをするだけの場所」

 

そんな、安心できる場所が必要だったのです。

 

そんな時、友人の誘いで、写真アルバムをつくるワークショップに参加しました。もともと「ものづくり」に興味があるタイプではなかった私ですが、参加してみると、夢中で手を動かしている時は日常の嫌なことを忘れることができたのでした。

 

その後も、ミシンソーイング、製本、活版、ペイント、DIYなど、これまで約600以上のものづくりワークショップに参加しながら、ものづくりにハマっていきました。

 

 

そこではものづくりを通した会話や交流があり、これまでの仕事、家事、育児中心ではなく、自分の活動を中心としたコミュニティがつくられることに気づいていきました。

 

そして、ものを作ること以上に「自分を満足させる"自分のための時間と場所"」があったのです。

 

 

もっと本格的にものづくりをしたい!そんな人たちのためのステップに

 

 

多くの人は、作ること自体、そしてその場を楽むことで満足ができます。

 

ですが、" 自分の作品をもっと多くの人に見てもらいたい!" " 販売できるような作品を作りたい!" と思うと機材を揃えたり、スペースを確保することは難しいという現状があります。

 

同時に、どんなものが売れるのか色々な人の作品を間近で見たり、直接作者と話すような機会を作るのは難しいのです。

 

このままでは、多くの人が" 自分が満足できるものづくり" はできないのではないか。

 

そう感じた私は、ものづくりを通じて、誰もが安心して、自己満足を感じられるようなそんな社会を実現させるために、今回のシェアアトリエを作ることを決めました。

 

 

コンセプトは、「暮らしの質をあげるチカラ」をそだてるアトリエ

 

 

 

*シェア・アトリエが目指すもの

 

自分の満足するものづくり活動が実現できる環境づくりを目指します。

 

制作環境が整い継続的に制作活動に集中できれば、ものづくりのクオリティがあがり経済的な活動に繋がります。

 

また、シェア・アトリエなので様々な方が集まるこの場所のコミュニティを活用することで、いままで一人では生み出せなかった商品開発、外への発信力などを広げられる可能性が生まれます。

    

そうして、多くの人に自分がつくったものが届き喜んでもらうことで、社会的な自信も身につけることができ、日々の生活を豊かにしていけると考えます。

 

 


*シェア・アトリエでできること*

 

1.洋裁に必要な道具を揃えたアトリエ機能

2.材料や道具の製造・販売企業との協力

3.活動の発信拠点としてのスタジオ機能

4.さまざまなジャンルのワークショップ開催
5.交流できるイベントや定例ミーティング

6.起業に必要な情報共有

ーーーーーーーーー


1.洋裁に必要な道具を揃えたアトリエ機能

アトリエ・拠点として十分に活用できる環境を整えます

 

 

<購入する機能/設備>

・プロ用洋裁設備を完備します。

 産業ミシン(700EX:JUKI/極:babylock等):4台

 大きな作業台:5台以上

 大型印刷機:1台

 その他周辺機器


・家庭でも使える洋裁設備も揃えます。

 家庭用ミシン:2台

 ロックミシン:2台

 洋裁道具各種

 その他周辺機器


・ワークショップ、イベント、撮影用の設備を整備します。

 プロジェクター:1台

 照明:1セット

 撮影用ホワイト/グリーンバック:1セット

 その他A3プリンターなど必要機器

 

※ご家庭や職場に使用していないミシンをはじめとした洋裁道具がございましたら当シェアアトリエで活用させていただけるようご提供ください!

 

 

 

2.材料や道具の製造・販売企業との協力

 

 

糸や生地メーカーやミシン販売店などの協力をいただき製作活動に必要な情報やサービスを受けられる予定です。


・最新素材のサンプル/カタログのシェア

・会員特別価格での素材や最新ミシンをはじめとした裁縫道具の購入

・メーカースタッフによる講習会

など

 

3.活動の発信拠点としてのスタジオ機能

 

 

スタジオ機材:照明機材、可動ホワイトバック、グリーンバック
事務機器:プリンター等

※会員は全て利用無料

 

4.さまざまなジャンルのワークショップ開催

 

 

<ワークショップ講師(予定)>
anrica:ドールドレス作家
,Or as I(オアーズアイ):衣装制作、服飾デザイン

Sewcute: ソーイング
小島 梨恵(TsukuRie):ペイント
角田 光正:活版印刷

起業支援アドバイザー:起業アドバイス、助成金申請サポート
ミシン販売店による講習など


5.集まり交流できるイベントやワークショップ

 

 

・入居者が集う定期的な情報共有の会
・新しい発想が生まれるような勉強会
・会員が主催できる洋裁教室やイベントの開催

・販売購入ができるものづくりマーケットなどを開催予定です

 

6.起業に必要な情報共有

 

自分の好きなことでの起業や新規事業をはじめるために、必要な情報収集や助成金申請方法などを共有する勉強会やセミナーも開催していきます。女性が好きなことを事業にするお手伝いをしていくと同時に、利用者全員で話しながら考えていける場も設ける予定です。

 

ーーーーーーーーー

 

*こんな方々に利用していただきたいです*


1 /趣味からスタート

「子どもの服づくりをはじめたい」「ドール用の簡単な裁縫を覚えたい」「ミシンの使い方を忘れてしまった」など

 

 

ライフスタイルの変化や新しい趣味の範囲で洋裁を行いたいが、自宅にミシンが無かったり、技術的に始められない方など。

 

 

2 /セミプロからスタート

「商品を制作して販売したい」「洋裁教室を開催してみたい」「つくったものを発信していきたい」など

 

 

今までは趣味の範囲や自分自身のためだけの裁縫だったが、外部への発信を行っていきたい、販売してみたい方などの制作拠点として。

 

 

3 /副業、復業のためのプロユース

「勤務しながら自身の活動拠点をもちたい。」「新たなブランドや活動を立ち上げたいが初期費用を抑えたい。」「結婚、出産などで制作活動から離れていたが再スタートしたい。」など、

 

 

スキルはあるが十分な制作環境が今までなかった方が、製品開発や制作活動、教室の開催などを行って外部への発信の拠点として。
 

 

利用の方法

 

利用者それぞれが拠点として安心して使っていただくために会員制の女性限定シェア・アトリエとして利用いただきます。

 

オープン後の利用プランには、3タイプを用意します。今回のクラウドファンディング中に入会できるお得なリターンを用意しています!

 

 

※管理上、プロ用ミシン、大型印刷機等はAプランの方はお使いいただけません。

※通常初回のみ入会金10,800円(税込)が必要となります。

商業・法人登記可能です。ただし別途5,000円/月が必要です。

 

 

基本情報

 

今回計画するシェア・アトリエは、EDITORY浅草橋というシェアオフィス内に開設します。 このビルはJR浅草橋駅、都営浅草線浅草橋駅から徒歩1分の場所にあります。場所はビルの4階ですがエレベーターがついています。

 

【店舗情報】

営業時間:7:00 ~ 23:00(年中無休)
住所:東京都台東区浅草橋1-19-1
   祥松ビル4F EDITORY 浅草橋内
   ※浅草橋駅から徒歩1 分

EDITORY浅草橋HP

http://asakusabashi-editory.jp/


運営主体:TsukuRie x 株式会社anova design

 

徒歩圏内にはシモジマ本店、神田手芸本店やその他多くの手芸店、生地問屋などが

あります。

 

 

生活全体を豊かにするしくみ

 

 

計画施設(Editory 浅草橋)のコワーキングスペースには、会員制シェアキッチンスペース「基地キッチン」、DIY ワークショップ企画運営団体「TsukuRie LABO」が入居します。

衣(会員制シェア手芸工作スペース )
食(会員制シェアキッチンスペース)
住(DIY ワークショップ企画運営団体)


が合わさることで、生活全体を豊かにするためのコワーキング環境が実現し、相互に影響しあいながら、単独の団体だけでは生まれないコラボレーションが日々繰りかえされる施設となります。

 

TsukuRie HP

https://www.tsukurie.net/

 

基地キッチン HP

https://kitchkitchen.tokyo/

 

 

シェアメンバー

 

このシェアアトリエを計画するにあたって色々なつくりての方々にご協力いただきました。同時にこの場所を製作拠点としてシェアしてくれるメンバーも集まってきています。

 

*Sewcute*

ハンドメイド作家

 

 

布・木などの天然素材を使い、1点1点ハンドメイド。「あったらいいな」と思う商品をカタチに。手触りの心地よさ、暖かさ、使い勝手の良さによって、長く使い続ける事ができます。インテリや家具との相性もよく、居心地の良いライフスタイルを演出します。主婦と生活社から発行されてるコットンタイム掲載から、YKKものづくり館にて麻袋リメイクWS講師を務める。http://www.sewcute.jp/

 

 

*Alexander Lily*

オリジナルテキスタイルデザインユニット

 

 

この春、大学を卒業したばかりのデザインユニット。オリジナルデザインの生地を製作し様々なファブリックプロダクトを展開する。洋服の生地はもちろんカーテンや布張りの家具、またドール用に縮小したテキスタイルなどを製作予定。彼らにオリジナルデザインの生地をオーダーすることも可能。今後はさまざなクリエイターとコラボレーションしながら、テキスタイルデザインの可能性を広げていく。

 

*anrica*

ドール服作家

 

instagramより@anrica

 

女子美術大学芸術学部ファッション造形学科(現アート・デザイン表現学科)卒業。2017年よりcronne  outfit  by anrica としてドール服作家活動を開始。ブランド名の一部であるcronne (コロンネ)は作者のすきなものごとを集めて出来た造語となっているドール服の他に人間用ドレスやインテリア小物の制作も手がける。様々なスケールのドールが人間との垣根を越え共存できるような独自の世界観を表現すべく日々試行錯誤中。

 

 

*繭屋(Mayuya)*

着物の反物のリノベーションブラン

 

 

この秋に立ち上げ予定の「和のオートクチュールブランド」です!店主の実家の蔵に眠っていた反物(着物の生地)を、「このまま朽ちさせてしまっていいのか?」との思いから、正絹(Silk100%)の風合いを活かしたシンプルなストールを仕立てます。また、当シェアアトリエで行う起業・新規事業のStart Up支援において、補助金執行機関での実務経験を持つ店主が、アドバイザーとして参加する予定です。

 

 

いただいたご支援金の使いみち

 

みなさまからいただいたご支援は、アトリエに必要な機材を購入するための費用の一部として大切に活用させていただきます。

 

 

 

オープンまでのスケジュール

 

クラウドファンディング終了までにプロジェクトについて直接お話できる機会を設けます!まずは4月4日に計画地であるEditory浅草橋にて開催します。詳細については随時報告していきます。

 

 

 

さいごに

 

 

このシェア・アトリエが拠点となり、ものづくりに触れる人たち、自分がイイと思える活動を見つけて実践できる人たちを増やしていきたいです。

 

そして、好きなことをして、経済的にも自立できる。そんな人を育てることが、私の目指す、「誰もが安心して、自己満足を感じられるようなそんな社会」に繋がると信じています。

 

その挑戦にはみなさまのお力が必要です。一緒にこの場所をつくっていきませんか?

応援・ご支援をよろしくお願いいたします。

 

 

自己紹介

 

 

小島 梨恵

 

自己紹介:2008年第1子(長女)出産。2011年第2子(長男)出産。その後、第2子に障害が見つかる。(SGA低身長症、ADHD)子どもの障害に直面しつらい時期もありましたが、多くの「人」に支えられ、子どもの障害を受け入れながら、どうすれば「個」が幸せに生きていけるのか、ということを考えるようになりました。「楽しく生きる!」をモットーに、何が必要なのか、日々模索中です。


職歴:2000年~2007年 東日本電信電話株式会社(NTT東日本) 
   2015年~現在「つくり家-TsukuRie-」
       

ペイント講師、クラフト講師として活動。障害を持つ子どもの母親に向けて、アルバム講師も行う。ターナーカラースパイスや、eastsidetokyo、展示会、イベントで講師活動をする。 ワークショップ、イベント企画、空間コーディネーターとしても活動。(http://www.tsukurie.net)

講義実績:

2017年2月 杉並区地域支援講座「二児の母親」のテーマで当事者の親からの立場で登壇

2017年6月 東京女子大学「母親から見た合理的配慮」
2017年7月 東京女子大学前川教授ゼミ「質疑応答」その場での学生からの生徒にライブ形式で講義

2017年7月 リフォーム産業フェア 東京ビッグサイト
      「宣伝広告費ゼロで人をザクザク集めるワークショップ」講義
2018年6月 東京女子大学前川教授ゼミ 「トークディスカッション」

出展実績:

○2017年3月 I・DOLL 東京出展
○2017年10月12日、13日「つくりて市」運営・主催
○2017年11月10日、11日「Handmade MAKERS'2017」出展
○2018年2月23-25日「素材博覧会YOKOHAMA」出展
○2018年3月18日I・DOLL 東京出展
○2018年3月31日「つくりて市」運営・主催
○2019年3月30日「つくりて市」予定


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)