みなさま、お元気ですか?

 

     子ども達が自分の未来を創造するためのワークブック

     を作りたい!

     と考えREADYFORのスポンサー募集に応募しました。

     

     私は、こころ館の吉田と申します。

     松原に変わり更新をさせていただきます。  

  

     じつは、READYFORに更新ページがあることを

     知らなかったのです。

     気が付けば早一か月……ガーンです(ノД`)・゜・。

     

     という訳で初の更新です。

   

     

     

 

     私たちココロカンでは、子ども達だけではなく、大人に向けての

     講演やワークも行っています。

     先日の「なんたん子育てフォーラム」では、

     子ども達に届けている「自分について考える授業」を

     大人の皆さんもプレ体験していただきました。

 

 

      

 

     

 

     フォーラムでは、

     なんと350人の学校関係者・PTA役員の皆さんがご参加。

     真剣にプレ授業体験をして下さっていました。

    

      

       

 

     

     自分のこころと対話することの大切さ

     

     1部では、

    「自分を見つめる時間で、明日の自分が変わる」をテーマに

     松原が講演。
 

         

           

 

 

     ココロカンが中学生に届けている「キャリア教育プログラム」

     の必要性を中心にお伝えしました。

     

       

     

 

     プレ授業体験

 

     講演の後半では、実際に授業で使用している、オリジナル教材絵本

    「母なる木」を視聴し、自分を見つめる時間をもっていただきました。

 

      

 

        

 

    

     物語を視聴後、感想を伺うと、

     参加者の男性のひとりは

     学生時代にいじめにあい、苦しかったことを思いだされ

     「子どもの頃にココロカンの授業を受けたかったです」と

     素直な気持ちをお話くださいました。

 

     また、他の参加者からは「自分のこころを見つめる時間は必要だ」

     という意見もありました。

 

 

 

     大学生スタッフによるプレゼンテーション

     

     1部の最後、大学生スタッフから授業を受けた

     子どもたちや先生方の感想を、お伝えしました。

     大学生スタッフの青山と小屋松が、団体に携わるようになり

     約1年がたちました。

     授業の内容を一緒に考えたり、

     企画などにも積極的に関わってきました。

 

 

        

         京都大学教育学部2回生 小屋松ちひろ

     

     彼女たちは、ココロカンが伝えている

     「自分と向き合う生き方」を実践してきました。

     

     堂々と事業内容を発表する大学生の姿に

     皆さん感動されていました。

     

 

 

            

          京都大学教育学部2回生 青山絵美     

 

   

   

    後日、嬉しいお知らせが。

    フォーラムに参加され、講演を聞かれたPTA会長さんが、

    ご自身のお子さんが通われている中学校に、ココロカンの

   「キャリア教育プログラム授業」をご推薦くださいました。

    

    会長さんのお子さんは、現在中学3年生。

    PTAの役員も今年が最後。

    「この学校の子どもたちの心に、役員最後の置き土産として

    何かを残してやりたい。」

    と、教頭先生におっしゃったようです。

 

    10月に授業届ける予定です!!とても楽しみです。

 

 

 

    

    後日、南丹教育局より以下のような嬉しい感想が届きました。

 

 

    

  

    

 

     今回は大人の方を対象に、プレ授業をさせていただきました。

     

     今回、READYFORに応募し制作しようとしているワークブック

     があれば、継続的に自分について考える機会となるはずです。

     

     ひとりひとりの子どもたちが、自分の人生をよりよいものに

     するために、私たちはワークブックをどうしても作りたいのです!

     

      

 

       ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

READYFORでのプロジェクト終了まで残すところ49日!!引き続き皆さまからのアツい応援をお待ちしております。拡散も宜しくお願い致します!!