READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
成立

夜の街をさまよう青少年と繋がる「夜間巡回バス」を走らせたい!

仁藤 夢乃

仁藤 夢乃

夜の街をさまよう青少年と繋がる「夜間巡回バス」を走らせたい!

支援総額

3,505,000

目標金額 1,000,000円

支援者
643人
募集終了日
2017年11月20日
643人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
29お気に入り登録29人がお気に入りしています

終了報告を読む


29お気に入り登録29人がお気に入りしています
2017年10月15日 11:15

夜の街に出向き、同じ目線で語りかける人が必要(松本俊彦さん)

94018e9fc31557b30f0b593241712ad2c11ba7d9


精神科医の松本俊彦さんから賛同メッセージをいただきました。松本先生は精神科医という立場から、少女たちに寄り添って来られました。

当事者に語りかけるように書かれたご著書『自分を傷つけられずにはいられない』(goo.gl/tNwnKn)は、私の講演でも毎回紹介しています。

これまで、以下のような形で松本先生と共に考える機会をいただきました。

対談『命を守れる一番のゲートキーパーは友だちです』https://imidas.jp/10dai/?article_id=l-72-001-17-06-g559

書籍『「死にたい」に現場で向き合う』
https://www.nippyo.co.jp/shop/magazine/7054.html

これからも、一緒にこの問題に向き合って行きたいです。

***

私はこれまで精神科医として、たくさんの「自分を傷つけずにはいられない」少女たちと出会ってきました。彼女たちは夜の街をあてどなく漂流し、様々な危険な目に遭いながら、いつ死んでもおかしくない生き方をしていました。そして、みんなきまって助けを求めるのがとても下手くそでした――一番しんどい状況のときには病院に姿を見せず、嵐が過ぎ去って少しだけ楽になった頃に、「すごく大変だった」と報告しにやってくる――そんな感じです。それでも、来てくれるのはよいのです。気になるのは、途中からずっと姿を見せないままでいる子たちです。あの子たちは今どこで何かをしているのか――。
こうした少女たちを救うには、病院や行政だけでは不可能です。夜の街に直接出向き、彼女たちと同じ目線、同じ言葉で語りかけ、手を差し出してくれる人が必要です。私は、そのようなColaboの活動を応援しています。

松本俊彦(国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 薬物依存研究部 部長)
一覧に戻る

リターン

1,000

alt

あたたかいご支援に心から感謝いたします

お礼メールと、シンポジウムや研修への案内メール、近況報告を不定期でお送りさせていただきます。

支援者
224人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年3月

3,000

alt

あたたかいご支援に心から感謝いたします

お礼メールと、シンポジウムや研修への案内メール、近況報告を不定期でお送りさせていただきます。

支援者
175人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年3月

5,000

alt

あたたかいご支援に心から感謝いたします

お礼メールと、シンポジウムや研修への案内メール、近況報告を不定期でお送りさせていただきます。

支援者
113人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年3月

10,000

alt

あたたかいご支援に心から感謝いたします

お礼メールと、シンポジウムや研修への案内メール、近況報告を不定期でお送りさせていただきます。

支援者
107人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年3月

30,000

alt

あたたかいご支援に心から感謝いたします

お礼メールと、シンポジウムや研修への案内メール、近況報告を不定期でお送りさせていただきます。

支援者
18人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年3月

50,000

alt

あたたかいご支援に心から感謝いたします

お礼メールと、シンポジウムや研修への案内メール、近況報告を不定期でお送りさせていただきます。

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年3月

100,000

alt

あたたかいご支援に心から感謝いたします

お礼メールと、シンポジウムや研修への案内メール、近況報告を不定期でお送りさせていただきます。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年3月

プロジェクトの相談をする