Dee1c4ce08d8a5294fd4fea4322259fa1d12c026


終了まであと3時間となりました。ここでの結果が助成金獲得の審査に影響します。これまで520名もの方が応援してくださいました。支援獲得を競っている他のチームよりも圧倒的に多い支援者数が、この活動の必要性を訴える一つの指標になります。本当にありがとうございます。

活動実現に向けても、様々な方のご協力をいただきながら、計画を進めています。国や行政もこの活動の必要性を認識し、連携に向けた動きも始まっています。

これまで、例えば児童相談所の管轄は住所のある地域となり、東京で出会った子も地方に住民票があればその地域の担当児相に行かないといけませんでした。また、18歳未満であると児童相談所が管轄であり、婦人保護施設が適していると思われる場合でも、措置機関の違いからなかなか繋げないなど縦割り制度による縛りに苦戦してきましたが、そのことも問題だと認識してくれるようになってきました。

来年からの動きで、関係機関と管轄の違いを乗り越えたケース連携を積み重ねて行くことで、仕組みも変えて行きたいと思います。

バスを手に入れるには1500万円、そのほかシェルターの増設や人件費などにもお金がかかります。それらを日本財団から支援してもらうための選考の一環でこのクラウドファンディングに挑戦しています。

応援者数や集まった金額が、前向きに審査に影響します。最後に一声、周りの方に支援を呼びかけてください!応援よろしくお願いします!!
新着情報一覧へ