READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
達成

オンラインサロンで学びあい、NIPPONの障害援助の輪を作りたい!

オンラインサロンで学びあい、NIPPONの障害援助の輪を作りたい!
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は10月31日(日)午後11:00までです。

支援総額

423,500

目標金額 200,000円

211%
支援者
52人
残り
32日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
1人がお気に入りしています
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は10月31日(日)午後11:00までです。

1人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼自己紹介・プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

はじめまして、平雅夫と申します。ご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

  私は「心理」「教育」「福祉」の分野で、30年以上、障害に関する対人援助の「研究」と「実践」の両面に携わらせていただきました。その間、それぞれの分野で素晴らしい先生方や仲間たちと出会い、多くの学びを受けてきました。また、当事者、子ども、ご家族の方々とともに歩んできた時間は、濃密で、たくさんのエネルギーを与えてくれました。そうした多くの方々からいただいた恩をお返ししながら、新しく出会う方々へ「恩をつなぐ」ことが、自らのミッションなのではと考えるようになりました。その具体的な一歩として、昨年度は複数回にわたり、「発達障害」について、オンラインを利用した連続講演会を行ないました。全国から300名以上の方にご参加いただきました。「日常的にいっしょに学べる場がほしい」という有難い声にお応えすべく、この度、一般社団法人「カラフルNIPPON」の設立及びオンラインサロン「いっしょにあるこう」を開設することにいたしました。地域や組織・分野・立場をこえて、多くの方々と学びを深めつつ、手をつなぎ、恩をつないでいけたら幸いです。

 

※昨年度の講習会の一部動画↓(法人名にモザイクあり)

https://youtu.be/7E31cMXYow8

 

▼発達障害児者を取り巻く環境と課題について

 

昨今、発達障害児者を取り巻く環境は大きく変化、拡大の一途にあります。周りを見渡すと「特別支援教育」の拡充のみならず「就労移行支援事業」や「グループホーム」「放課後等デイサービス」等への団体や企業の相次ぐ参入。「障害者雇用の拡充」や「農福連携」といった新たな取り組みもあり、発達障害児者や支援者にとってより良い環境を選択できる潮流がやってきているとも言えるでしょう。一方で、一つひとつにしっかり目を向けると、量的な拡大に比べて質的な充実はまだまだ十分とは言えないのではないかと感じます。その背景には、教育・支援現場の運営や経営における”課題”が大きく関係しています。例えば教育・支援現場ではより良い教育、支援を望んでいても・・・

 

「モデルになる先輩や同僚がいない」

 

「教育や支援への思い(熱量)に乏しい職員が繰り返し入職してくる」

 

「経営的な観点ばかりで支援の理解がない経営層がいる」

 

「研修を望んでも実践に活かせる内容に乏しい」

 

など様々な課題があり、結果として同僚や先輩に相談さえ出来ず、スキルアップも叶わず、自身が燃え尽きてしまう感覚に捉われてしまう人も少なくないのが実情です。

 

 また、経営層も・・・

 

「慢性的に人手が足りない」

 

「求める人材が集まらない」

 

「自分自身の経験だけで助言していいのか悩んでしまう」

 

「施設運営を改善していきたいが相談先がない」

 

など、日々の施設運営も含めて孤独と不安に苛まれているといった声をよく聞きます。 

 

 ご家族や当事者の方にとっても・・・

 

「甘えや子育ての問題にされてしまい障害や特性を理解してもらえない」

 

「熱心な無理解者に出会うとかえって疲弊してしまう」

 

「どうしたらよいか相談しても納得のいく回答が得られない」

 

「支援者が毎年変わってしまい、毎年毎年同じ説明をしなければならない」

 

など、長い期間にわたって伴走してほしいのに、ぶつぶつと支援が切れていくばかりで現在も未来も不安が高いという声が大きいようです。

 

  

 

 

▼オンラインサロン開設の目的

 

そのような中で、障害児者への援助環境をより良くしていくために、何ができるのだろうか…。本気の「ひとり」ができることはきっとたくさんある。本気の「想い」を持った人たちが集まれば、もっとできることは増えるはず。それならば、よりよい対人援助のために・・・

 

「理論」と「実践」をつなごう

 

「心理」「教育」「福祉」の人と人をつなごう

 

「学校」「福祉施設」「企業」など施設と施設をつなごう

 

それが、私たちが研修をはじめとしたオンラインサロンを設立する動機となっています。すなわち・・・

 

1.障害児教育や障害者支援に関する「理論」と「実践」のHUBとなる

 

2.「心理」「教育」「福祉」人材ネットワークのHUBとなる

 

3.「学校」「福祉施設」「企業」等、ネットワークのHUBとなる

 

そんな場所としてオンラインサロン「いっしょにあるこう」をみんなで創り上げられたらと願っています。

 

 

▼プロジェクトの内容

 

オンラインサロンはDMMオンラインサロンで今秋に開設いたします。当面は月額1,500円のコースのみ運営していきます。会員数が増え、経営者層からの要望があれば、経営者コースの開設も検討しております。

 

 

それでは、オンラインサロン「いっしょにあるこう」の主な活動をご紹介します。

 

①動画配信

カラフルNIPPONの代表理事である平 雅夫が長年研究してきた理論と現場経験を基にした「実践的な支援方法」が学習できる動画を配信します。

 

また、テーマの区切りごとに、会員の皆様からのお悩みや質問にもお答えする回も作り、一方的な情報配信にならないようにしていきます。

 

②コミュニティづくり・イベントの開催

市区町村ごとや法人ごとに分かれてしまいやすい障害・福祉分野ですが、地域を超えて交流できることこそ、オンラインサロンの醍醐味だと考えています。

全体のイベントだけではなく、年齢別・障害別のグループを分けて、似たようなお悩みを抱えるご家族のコミュニティを作ったり、職場に同年代がいない方も多いと思うので、同期の仲間のような存在を見つけるきっかけづくりをしていきます。

 

③メルマガ配信

支援に繋がる知識やノウハウ、寄せられた質問の回答などを定期的にお送りします。

 

④職員向け研修

事例検討会やマネジメント研究会といった教員・職員・心理職・施設経営者向けのプログラムを実施します。

 

⑤個別相談

不定期の開催にはなりますが、個別相談を行ない、お悩み解決のお手伝いをさせていただければと考えています。

 

 

 

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

「親亡き後のグループホームを立ち上げたい」

 

「福祉と農業の連携事業を立ち上げたい」

 

「使い勝手の良い支援ソフトを作りたい」

 

「障害の方に特化したスポーツクラブを作りたい」

 

「工賃向上のためのネットワークを作りたい」

 

「人材確保や人材育成のネットワークを作りたい」

 

など、会員の方々からの提案を積極的に議論して、みんなで一つ一つ実現していくことを目指します。

現段階で・・・

 

「グループホームに土地を活用してほしい」

 

「相互に実地研修をしましょう」

 

「プロアスリートで引退後に障害者への支援を考えている方がいる」

など、すでに実現に向けての情報も入りつつあります。まずは楽しみながら真剣にプロジェクトを立ち上げ発展させていくサロンづくりも目指します。

 

 

▼カラフルNIPPONのメンバー紹介

 

カラフルNIPPONのメンバーを紹介します。 現在は、たいら、ししどさん、くろさわさんの3名で活動しています。ししどさんは、自閉症スペクトラムのお子さんをお持ちのパパさんです。初めてお会いしたのは、ご夫婦で研修会に参加された時でした。しっかりとあいさつをされるステキなご夫婦だなというのが第一印象でした。その後、縁あって奥様が私の運営している施設に勤務されたこともあり、直接的・間接的に日常的に関わる機会が増えていきました。そんな中、障害児者のための活動への思いをお聞きし、オンラインサロンの思いを話したところ、即合流決定。そのスピード感から、同じ思いをもった二人が必然的に「いっしょに」歩き始めたのだと実感してます。とてもフットワークよくスマートに仕事を進めていきますので、カラフルNIPPON及びオンラインサロンが「アクティブ」に「気品」をもって進んでいく原動力となってくれそうです。くろさわさんとは、たまたま社会福祉士関係の研修会に参加した時に出会いました。休み時間にお話ししてた時に偶然共通のお子さんに同時期に関わっていたことが分かり、思い出話も含めて意気投合。研修中も、嫌な印象を与えず率直に発言される姿を見ながら感心していましたが、研修後も、ともに学んだ方たちとの交流を大切にしている様子から、一緒に仕事ができたらなあと願っておりました。そんな折、研修同窓生の集まりでオンラインサロンの話をしたところ、こちらも即合流決定。自閉症スペクトラムのお子さんがつないでくれた縁だなあと感謝しています。くろさわさんの「巨視的」「微視的」視点からの提案にいつも気づかされることが多く、カラフルNIPPON及びオンラインサロンの運営が「大きく」、「詳細に」進んでいく中核となってくれる存在です。二人との縁は、こんなことやりたいなという思いを実現しようとする意志が運んでくれたものなのかもしれません。単なる運とは言えない縁のようなものを感じています。これからも意志を持ち続け、実現していこうと歩んでいけば、その先には、きっとステキなたくさんの縁が待っていると確信しています。今は、3人での歩みですが、これから多くの人が、それぞれの「イイトコ」を持ち寄って「いっしょに」歩んでいけることを期待しています。

(※写真撮影のために、マスク・パーテーションを外しています)

 

 

▼リターンについて

お礼に使用する封筒やハーバリウム、お菓子、コーヒー等は、いくつかの福祉作業所で自主制作している物を購入してお送りします。

 

 

▼お金の使い道

・READYFOR利用手数料・・・26,400円

・リターン費用・・・20,000円

・ロゴ、パンフレット等制作費用・・・50,000円

・PC、カメラ、三脚、照明、マイク等購入費用・・・103,600円

 

※今回は必要金額の一部をクラウドファインディングで集める予定です。

 

▼応援者メッセージ

 

平先生のお話は、いつもとてもわかりやすいです。教科書やインターネットの文章を読むだけでは理解し難い部分を、平先生に伺うと丁寧に説明していただけます。お話しをしていると多くのことを学べて、多くのことに気づくことができます。発達障害のお子さんへの言語指導の仕方や関わり方、心理検査について是非教えていただきたいです。今後もたくさん勉強をさせていただきたいです。(言語聴覚士)

 

以前、幼稚園へ巡回に来ていただいた時に、現場で「今」出来る支援を具体的に教えていただきました。また、私共がしている保育を否定せず園の状況も理解したうえでのアドバイスはすぐに実践することができました。子どもの様子を冷静かつ、楽しそうに見てくださり「これからの成長や変化が楽しみですね」という前向きな言葉をいただき、毎日の保育を大切にしようという気持ちが自然と湧き上がりました。オンラインサロンが開かれることを期待し、ぜひ参加したいと思います。(幼稚園教諭)

 

公認心理師試験受験の際、心理学の基礎のない私に、根気強く心理学を多岐に渡りご指導くださいました。様々な講演、講習でご活躍されながらも、日々支援者として現場で利用者さんと向かい合っているからこそ、心理学の理論だけでなく、現場での悩みにも共感しながら多角的にアドバイスしてくださいました。平先生の美味しいとこ取りオンラインサロン!楽しみです!!(公認心理師・音楽療法士)

 

「一人が本気になれば社会は変わる」と前進し続け、常に学び続ける姿勢から、公認心理師として、専門家として、何よりも大切な自覚を教えていただきました。支援において壁にぶつかった際は、「平先生ならどうするだろう」とこれまで教えていただいたことを思い返すことが多くあります。先生からまた学びたいとずっと願っていました。オンラインサロン開設に感謝です!!一つでも多く吸収し日々の支援に活かしたいです!(公認心理士・保育士)

 

自閉症の子どもがおり日頃から子育てで迷いが多くありました。そんな時、平先生に相談させていただき、とても親身に心あるアドバイスを頂戴しました。「あんなに困っていた悩みがこんな事で解決するの!」とまさに目から鱗の体験をたくさんさせていただきました。平先生の魔法のようなお話を気軽にオンラインサロンで聞けるとのことで心待ちにしております。障害のある子どもを持ちお悩みを抱える多くのご家族に平先生の支援方法やご経験が沢山広がっていくことを願っています。(保護者)

 

今回のオンラインサロンをはじめ、平さんの取り組みは、常に先進的であるにも関わらず、周囲を巻き込んで決して置いていかない大きな懐があり、同じ障害者福祉に関わる者として大変感謝しております。これまでも近隣でご活躍されている様子を見せて頂きましたが、今後はオンラインでも拝見できるということで大変嬉しく思っています。障害者の就労支援に携わる者として、ある時は自立支援協議会の委員として、そして現在は事業の運営を担う者として、実質的には遥か先にいらっしゃるものの、同じような立場で歩みをともにできたことは、私にとってこの上なく幸運でした。教えて頂くことばかりで恐縮ですが、今後もこの幸運が続くように精一杯歩んで参りたいと思います。(社会福祉法人 理事長)

 

知的障がい者のグループホームを運営しています。入居者の通所先として大変お世話になっております。日頃の情報交換はもとより、平さんが主催する研修にもスタッフが参加させていただき、スキルアップを図っております。また2020年にやってきた「新型コロナウイルス」ではこの障がい福祉もそれは大変で今も大変な状況・・・。こういう時だからこそ「つながり」を大切にしていこうという平さんからのメッセージでもあるこのオンラインサロン。現場で悩んでいるスタッフ、ギリギリの所で踏ん張っているスタッフが救われ「自分だけじゃない、ひとりじゃない」と感じ、そういった方々へのエールにも繋がるオンラインサロンにもなることを期待しております。(グループホーム 施設長)

 


【プロジェクト終了要項】

●運営期間    
2021年11月1日~2021年12月31日予定

●運営場所    
東京都世田谷区祖師谷3-5-9

●運営主体    
一般社団法人 カラフルNIPPON

●運営内容詳細    
オンライン配信を行うための機材購入、ロゴ・パンフレット制作

プロフィール

平 雅夫(一般社団法人 カラフルNIPPON代表)

平 雅夫(一般社団法人 カラフルNIPPON代表)

平  雅夫 (公認心理師・社会福祉士) 筑波大学大学院にて行動理論・認知理論等、発達障害児者の心理を学ぶ。教育分野として、学校法人武蔵野東学園にて、教員として学級担任・進路指導・研究員などを歴任。幼稚園、高等専修学校、教育センター、また、セルビア、ブラジルなどの海外において実践の場にも立ちながら、研究活動も行ってきた。その後、福祉分野に転身し、生活介護施設、発達障害者就労支援センターなど障害者福祉の分野で施設長、センター長等として相談、支援、管理を実践している。心理・教育・福祉の3つの分野に関して、第一線の理論及び実践の両側面から構築される多面的な支援の評価は国内外にも広がっており、国内外より招聘が後を絶たない高度な実践家である。現在は、強度行動障害の支援などを行うラシーネ西東京の施設長のほか、星槎大学非常勤講師・新宿区特別支援専門家チーム、西東京市自立支援協議会会長も務めている。

リターン

1,500


お礼のお手紙

お礼のお手紙

・福祉作業所で自主制作されている封筒を使用したお礼のお手紙をお送りします。

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年11月

3,000


お礼のお手紙 + 福祉作業所自主製品

お礼のお手紙 + 福祉作業所自主製品

・福祉作業所で自主制作されている封筒を使用したお礼のお手紙をお送りします。
・福祉作業所で自主制作されている製品(ハーバリウムやお菓子・コーヒーなど)をお送りします。(※種類・デザイン・サイズは選べません)

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年11月

5,000


お礼のお手紙 + 福祉作業所自主製品 + オンラインサロン30日間無料

お礼のお手紙 + 福祉作業所自主製品 + オンラインサロン30日間無料

・福祉作業所で自主制作されている封筒を使用したお礼のお手紙をお送りします。
・福祉作業所で自主制作されている製品(ハーバリウムやお菓子・コーヒーなど)をお送りします。(※種類・デザイン・サイズは選べません)
・オンラインサロンに入会いただいた場合、30日間無料(2021年12月末日入会分まで)

支援者
18人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年11月

10,000


お礼のお手紙 + 福祉作業所自主製品 + 平雅夫の個別相談(60分) + オンラインサロン30日間無料

お礼のお手紙 + 福祉作業所自主製品 + 平雅夫の個別相談(60分) + オンラインサロン30日間無料

・福祉作業所で自主制作されている封筒を使用したお礼のお手紙をお送りします。
・福祉作業所で自主制作されている製品(ハーバリウムやお菓子・
コーヒーなど)をお送りします。(※種類・デザイン・サイズは選べません)
・代表理事である平と個別相談(60分)が出来ます
・オンラインサロンに入会いただいた場合、30日間無料(2021年12月末日入会分まで)

支援者
11人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年11月

30,000


お礼のお手紙 + 福祉作業所自主製品平雅夫の個別相談(60分×3回) + オンラインサロン30日間無料

お礼のお手紙 + 福祉作業所自主製品平雅夫の個別相談(60分×3回) + オンラインサロン30日間無料

・福祉作業所で自主制作されている封筒を使用したお礼のお手紙をお送りします。
・福祉作業所で自主制作されている製品(ハーバリウムやお菓子・コーヒーなど)をお送りします。(※種類・デザイン・サイズは選べません)
・代表理事である平と個別相談(60分×3回)が出来ます
・オンラインサロンに入会いただいた場合、30日間無料(2021年12月末日入会分まで)

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年11月

プロフィール

平  雅夫 (公認心理師・社会福祉士) 筑波大学大学院にて行動理論・認知理論等、発達障害児者の心理を学ぶ。教育分野として、学校法人武蔵野東学園にて、教員として学級担任・進路指導・研究員などを歴任。幼稚園、高等専修学校、教育センター、また、セルビア、ブラジルなどの海外において実践の場にも立ちながら、研究活動も行ってきた。その後、福祉分野に転身し、生活介護施設、発達障害者就労支援センターなど障害者福祉の分野で施設長、センター長等として相談、支援、管理を実践している。心理・教育・福祉の3つの分野に関して、第一線の理論及び実践の両側面から構築される多面的な支援の評価は国内外にも広がっており、国内外より招聘が後を絶たない高度な実践家である。現在は、強度行動障害の支援などを行うラシーネ西東京の施設長のほか、星槎大学非常勤講師・新宿区特別支援専門家チーム、西東京市自立支援協議会会長も務めている。

あなたにおすすめのプロジェクト

車いすでもあきらめない世界をつくる!WheeLog! 2021

織田友理子(一般社団法人WheeLog 代表)織田友理子(一般社団法人WheeLog 代表)

#医療・福祉

68%
現在
3,405,000円
支援者
228人
残り
16日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする