まず最初に改めて、沢山のご支援ありがとうございます。
お礼メッセージが追いつかず送れておりませんが必ずお送り致しますので
取り急ぎこちらをもって感謝をお伝えします。

 


そんな中、ここで「何故ここまでして無料にこだわっているのか?」という事をお伝えできればと思います。

まずこのイベントは入場無料にする事によって、入口の敷居を低くして、より若い世代にも足を運んで頂きたいと思っております。
それであれば例え100円でも500円でもという声は身近な方や実行委員内からもあり、正直な所、来年の開催についてクラウドファンディングを始める前に悩みました。それぐらいの金額であればという思いが少しだけよぎりました。
しかし、どこかスッキリしませんでした。


そして本当に悩んで悩んだ結果、やはり2005年の第一回の開催時の時から根本にあるのが「無料で開催」という思いが勝ってしまいました。
そこには「商業イベントでは無い」というメッセージや、「何故無料なのか?」と考えてもらえるきっかけを作りたいと思っているからだと思います。このイベントは仕事では無く、自分の思いで作り上げたいという事を自分自身に言い聞かせたいだけかもしれません。(すぐ楽な方に逃げがちなので…苦笑)

そして自分として無料で開催する事は恩返しだと思っています!
ただ何故無料なのかの意味は参加頂く皆様、手伝って頂く皆様、出演者の皆様がそれぞれ感じて頂いてもらえればと思います!

だからもしこのイベントを有料にするのであれば、それはイベント名ごと変えるべきだと思っています。
ちなみに有料にする事は絶対悪い事では無いですし、それこそアーティストの皆さんにちゃんとした出演料を払えるし、絶対に有料にしたとしてもメッセージが発信出来ない訳ではありません。実際、有料でも感動と気づきを与えてくれるイベントを沢山見てきました。

ただ上手く伝えられなくて歯がゆいですが、10年前に「無料」と決めたんであれば「無料」で出来なくなるんだったらこのイベントは続けなくても良いと思います。
その時はイベント名を変えて、開催すると思います。(たぶん)
ただ最後というか、このタイミングで再度みなさんにこのイベントが必要とされているかを確認したいと思い、クラウドファンディングを始めました。2000万円という数字はとても大きな金額です。
しかしCOMIN'KOBEがもし必要とされているのであればきっと集まるんだと思い、毎年4万人の参加者のみなさんに相談していると思っています。

現時点で沢山のご支援を頂いておりますし、メッセージも頂き、このイベントはやはり続けなくてはと改めて思っておりますが、
この90日間をかけてもっと考えたいと思います。

このイベントは絶対に開催したいですし、続けたいですが、正直な所、相当な負担となってますし、たまに眠すぎて投げ出したい気持ちになります。必然的にシングルファザーの松原は家庭の時間も削っていて、このイベントはやってていいのかな?と悩む事もあります。。
それにここまで時間を使って、頑張っても全く思いが伝わらない参加者もいる事は重々理解しています。ですが、それはその人が悪い訳でもなく、気づくきっかけがたまたまなかっただけであって、このイベントを続けていればいつか気づいてくれると思ってます!

長々とすみません!とにかくそんな思いで2015年のCOMIN'KOBEは入場無料にやっぱりこだわり、クラウドファンディングに挑戦しました!
要約すると「なんかわかんないけど無料でやりたいんです!でもしんどいんでちょっと手伝ってください!」みたいな感じです(笑)

とにかく90日間頑張ってみます!どうかみなさんのお力添えよろしくお願い致します!!!!!!!!

新着情報一覧へ