READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

巣鴨でシニアの方たちへコロナウイルス対策の冊子を配布したい!

小島佑司

小島佑司

巣鴨でシニアの方たちへコロナウイルス対策の冊子を配布したい!

支援総額

670,000

目標金額 670,000円

支援者
34人
募集終了日
2020年8月24日
34人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
1お気に入り登録1人がお気に入りしています

終了報告を読む


1お気に入り登録1人がお気に入りしています

プロジェクト本文

団体紹介

 

ページをご覧いただきありがとうございます。「コロナウイルス・バスターズ」事務局長の小島佑司と申します。

 

私自身は普段、巣鴨を拠点にシニアの方たちの運動・健康指導を行っていますが、コロナ禍をきっかけに、巣鴨だからこそ、シニアの方たちに重点を置いた予防・啓発活動が必要だと考え、地域の医療従事者の方にお声がけをし、今年6月に「コロナウイルス・バスターズ」という任意団体を立ち上げました。

 

 

活動としては、シニアの方たちが新生活様式において注意しなければいけないことなどの情報発信をしていきたいと考えています。

 

ですが、今回協力してくださっている方たちはボランティアで、活動は持ち出しの手弁当で行っています。

 

取り組んでいきたい事業はいくつかありますが、まずは予防対策に関する情報をいち早くシニアの方たちにお届けしたいと思い、一般の方へ無料で配布するパンフレットを作成・地域を越えて情報発信するためのホームページ制作費用を集めるため、クラウドファンディングに挑戦することにいたしました。

 

今回のプロジェクトを成功させ、シニアの方が多い地方にも知識共有を行い、一人でも多くの方が安心して生活できる一助となればうれしいです。

 

温かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします!

 

立ち上げ経緯

 

私の普段の事業は、東京・巣鴨でシニアの予防医療に着目したエクササイズトレーニング=スティックサイズを提供しています。

 

単なる運動能力向上の為のスポーツジムではなく、総合的な健康サービスジムとして、身体機能の向上はもちろん、認知症対策や日常生活管理(食事管理・睡眠管理・心理管理など)を盛り込んだメニューを提供しています。

 

 

 

しかし、新型コロナウイルスにともなう緊急事態宣言発令を受け、スティックサイズジムも一時、休業を余儀なくされました。

 

そんな中で、営業ができないならボランティア活動をしよう思い立った私は地域の医療機関にお声がけをし、「コロナウイルス・バスターズ」に賛同してくださる方を募っていきました。

 

 

都内にある巣鴨は、800mある巣鴨地蔵通り商店街に洋服屋さんや飲食店などが約170店舗あり、「おばあちゃんの原宿」とも呼ばれるくらい、シニアの方たちが買い物を楽しむまちです。


一方、厚労省によると、年齢別の新型コロナの陽性者数は50代以下が多いものの、死亡者・重傷者数となると60代を超えると多くなる傾向にあります(厚労省作成データより)。

 

厚労省作成 新型コロナウイルス感染症の国内発生動向


このことから、シニアの方たちにとっては、感染しないことがとても大切だということが分かりますし、シニアの方を守ることは、巣鴨の自営業者の方たちを守ることに繋がると考えた私たちは“巣鴨で発生させない、移らない、移さない”をスローガンに啓発活動をしていくことを決めました。

 

今回の挑戦

 

「コロナウイルス・バスターズ」の具体的な活動としては、巣鴨に関わりの深い医療従事者にご協力いただき、「高齢者に特化したコロナウイルス予防策」を巣鴨地域の高齢者に向けて、ウェブサイトや小冊子などを通じて情報発信していきます。

 

ドクターに直接寄稿いただき、各分野の先生がそれぞれの専門的な知見から予防策や注意点などを紹介してくださる内容にしていきます。


■現時点で予定している活動
 ・公式webサイトで、各医療従事者(専門分野視点)からの予防策を順次掲載(5月11日公開)
 ・小冊子で、各医療従事者からの予防策を順次掲載(商店街、巣鴨駅、病院、福祉施設で配布)
 ・高齢者に特化した媒体(webサイト・雑誌・番組等)との活動連携
 ・個別相談対応(事務局)

 

↑クリックしていただくと公式ページをご覧いただけます。

 

ですが、まずは紙媒体に慣れ親しんでいるシニアの方向けに予防策を書かれたパンフレットを無料で配布したり、地域を越えて情報発信するためにもホームページを制作する活動から始めるため、今回クラウドファンディングに挑戦することにしました。

 

いただいたご支援は、パンフレットの制作費用に充てさせていただきますが、現在、費用を持ち出して運営している活動のため、ファーストゴールの達成後は、今後の運営費用をご支援いただければ大変うれしいです。

 

また、しばらく先になるかもしれませんが、状況によっては、巣鴨周辺の福祉施設で、高齢者向け予防セミナーの実施(医療従事者講演・運動指導等)等も行っていきたいと考えています。

 

最後に


おばあちゃんの原宿とも言われる巣鴨は高齢者が多く生活するまちです。

地域で生活している人を守るということは、その地域で生計を立てている事業者の方も守ることになります。地域一丸となって新型コロナのリスクの高い高齢者を守っていくための活動に取り組んでいきたいと思います。

また、高齢者の予防は全国どの地域でも必要ですので、巣鴨地域での知識や知見を展開してき、一人でも多くの高齢者の方が健康的に過ごせる社会に貢献できればと考えています。

コロナ以前と同じ生活は送れないかも知れませんが、シニアの方たちが健康的に生き生きと暮らす地域を取り戻す活動の仲間になっていただけたらうれしいです。

ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします!

 

先生たちと一緒に啓発活動をしていきます!

 

メンバー紹介

 

すがも薬膳薬局内科
重原紀子 先生

 

すがも薬膳薬局内科
中垣亜希子先生

 

すがも北口内科クリニック院長
山本義孝先生

 

巣鴨山口内科院長
山口賢 先生

 

山口医院 院長
田口朗 先生

 

斉藤歯科医院 院長
斉藤顕裕 先生

 

Dr.まあやデザイン 研究所
DRまあや 先生

 

五味歯科医院 院長
五味弥生 先生

プロジェクトの詳細をひらく

プロフィール

小島佑司

小島佑司

1989年日本の豪雪地帯、新潟県妙高に生まれ、3歳からクロスカントリースキーを開始、中学3年でJrオリンピック優勝。高校時代はインターハイ優勝。日本大学文理学部体育学科在学中には、学生チャンピオン大会の個人の部で2冠し2012年卒業。 プロスキーヤーとなりフランススキーチームに参戦した後、トレーナー国際資格NSCA CSCS(日本のトレーナー約50万人といわれる中で約300人が保有)を取得した。現役引退後、アスリートとして極めて来たクロスカントリースキーの4支点バイオメカニクスをヒントに、高齢者向けエクササイズ「stickcise」を考案。高齢者の予防医療や未病対策を目指したオリジナルメソッドで、世界の高齢者社会に貢献するFitnessを目指す。スティック運動の専門家として、2019年1月、巣鴨に15坪のパーソナルトレーニングジムを開設。2019年はメディアに21本出演。

リターン

5,000

冊子付き応援コース

冊子付き応援コース

■御礼のお手紙
■保存版「シニア向け、家庭用コロナウイルス予防」1部

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

10,000

お気持ち上乗せ!冊子付き大応援コース

お気持ち上乗せ!冊子付き大応援コース

■御礼のお手紙
■保存版「シニア向け、家庭用コロナウイルス予防」1部

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

3,000

alt

こちらのリターンのほとんどは活動費に充てさせていただきます(3千円)

■御礼のお手紙

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

5,000

alt

こちらのリターンのほとんどは活動費に充てさせていただきます(5千円)

■御礼のお手紙

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

10,000

alt

こちらのリターンのほとんどは活動費に充てさせていただきます(1万円)

■御礼のお手紙

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

30,000

alt

こちらのリターンのほとんどは活動費に充てさせていただきます(3万円)

■御礼のお手紙

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

50,000

alt

こちらのリターンのほとんどは活動費に充てさせていただきます(5万円)

■御礼のお手紙

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

100,000

alt

こちらのリターンのほとんどは活動費に充てさせていただきます(10万円)

■御礼のお手紙

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

プロフィール

1989年日本の豪雪地帯、新潟県妙高に生まれ、3歳からクロスカントリースキーを開始、中学3年でJrオリンピック優勝。高校時代はインターハイ優勝。日本大学文理学部体育学科在学中には、学生チャンピオン大会の個人の部で2冠し2012年卒業。 プロスキーヤーとなりフランススキーチームに参戦した後、トレーナー国際資格NSCA CSCS(日本のトレーナー約50万人といわれる中で約300人が保有)を取得した。現役引退後、アスリートとして極めて来たクロスカントリースキーの4支点バイオメカニクスをヒントに、高齢者向けエクササイズ「stickcise」を考案。高齢者の予防医療や未病対策を目指したオリジナルメソッドで、世界の高齢者社会に貢献するFitnessを目指す。スティック運動の専門家として、2019年1月、巣鴨に15坪のパーソナルトレーニングジムを開設。2019年はメディアに21本出演。

あなたにおすすめのプロジェクト

「屋久島の良さってどんなとこ?」高校生が考える地域貢献活動!

屋久島高校PTA屋久島高校PTA

#子ども・教育

50%
現在
502,000円
支援者
24人
残り
33日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする

プロジェクトの相談をする