プロジェクト概要

 まずはこちらの動画をご覧ください!

 

 

『重い!荷物が入りきらない!出し入れしにくい!』

 

 

小学生が、毎日重い荷物をいれて登下校時に使用する一般的なランドセルは、

実は使いにくいところがたくさんあります。

 

でも、本当は一般的な革や合皮製のランドセルを使用しなくてはいけないという決まりはありません。

 

ならば、ランドセルのような見た目なのに、機能性リュックのように使いやすく、ナイロン製で軽くて大容量!さらにお手頃価格なランドセルをつくり、子ども達の登下校の負担を減らしてあげたい!

 

 

そして、子ども達が、従来のランドセルという固定観念から解放されて、

「毎日の当たり前と思っていることが、本当は当たり前ではないということ」

「自分達で、自由に選択ができ、選択肢の中になければ、自分で作ってもいいということ」

というあたらしい発見をすることで、今までよりもっと自由で創造性にあふれた子ども達に、いきいきとした毎日を過ごしてもらえるのではと思うのです。

 

そんなきっかけも作ってあげられたら・・・

たくさんの想いを詰め込んだランドセル作りを始めました。

 

ことゆくランドセル『raccu』の体験会の詳細はこちら

 

 

 

小学生の子を持つ母親だからこそ感じた「ランドセルに、こんな機能があればいいのに」ということ。日々想いはつのっていきました。

 

はじめまして。「合同会社ことゆく社」の和久田麻衣と影山恵です。

 

 

2人とも小学生の子をもつ母親です。デザイナーや商品企画として活動していく中で、母親となってからは「マザーズバッグ」や「ジャバラ式の母子手帳ケース」など、母親目線で様々なものを商品化してきました。

そして、子どもは小学生になり、ランドセルを背負って、毎日学校に通うようになりました。

 

 

 

小学生が毎日の登下校で持つ荷物の平均的な重さは、およそ7.7キロ。2Lのペットボトル約4本分を毎日背負って運ぶのは、小さな身体には大きな負担です。

 

硬い合皮や革の肩ベルトは、荷物の重さでさらに肩に食い込み、入学してすぐから『肩が痛いよ~!』と訴えらました。重いランドセルにひっくり返りそうになっても、毎日子ども達は必死に歩いて通学しています。

 

さらに、毎日学校に持っていく荷物が、ランドセルの中に納まりきりません。ナップサックや手さげ、習字の道具、水泳の道具、絵の具の道具など、両手もいっぱいになってしまうので、転んだりしたときに非常に危険です。

 

また、水分補給用に毎日水筒を持って行きますが、斜め掛けしていくと首が痛いし、歩くときに足に当たって邪魔で危ない!!ならばとランドセルの中にしまってしまうと登下校中に取り出して水分補給することができません。

 

そして、小学1年生から6年生まで、大きく成長する時期に1サイズしかないことへの違和感。小学生の子育てをしている母親だからこそ、子ども達が本当に必要とする機能とのずれを実感しました。

 

これはある日の二年生の荷物です。

 

 

教科書、ノート、プリント用クリアファイル、筆箱、体操服、給食袋、水筒、上ぐつ。

 

 

既存のランドセルは箱型のため思うように荷物が入りきりません。

 

 

ランドセルとは別に肩から掛けたり手荷物になってしまします。手がふさがっていると転んだりした時にとても危険です。首まわりはランドセル+水筒でヒモがまとわりつき、子どもにはとても窮屈で危険も伴います。

 

一方raccuはマチが広く容量があり、形もフレキシブルで同じ荷物が全部入ります。

 

 

手荷物もなく首周りもスッキリ。両手も自由になって安全です。

 

 

上記の荷物以外にも、絵具の道具や、習字道具、図工の材料など手荷物がたくさんあります。さらに学年が上がるごとに教科書は厚くなり荷物はどんどん増えて、驚く程の重さになっていきます。

 

2020年には、新学習指導要領により教科書はさらに厚く重くなることが決まっていますので、軽くて身体への負担を減らす構造のraccuは、子ども達にとって本当にうれしい通学のサポートになってくれると考えています。

 

 

晴れた日も、雨の日も、6年間も背負い、登下校を続ける子ども達のために、子ども達が必要としている機能を詰め込んだ新しいランドセルを作ります!

 

 

小学生の通学にはランドセルしか使ってはいけないと思いこんでいたので、重くて、肩が痛くて、大変だと毎日子どもが言っていても、「イヤだね。でもみんな同じだからしかたないんだよ。」と言い聞かせて諦めさせていました。

 

ですが、調べてみると、小学校にランドセルで通わなければいけないという規定はありません。ならば、本当に、子ども達が求めるもの、親が求めるものを、当事者である自分達でつくってみよう!と、ランドセルづくりに動き出しました。

 

子ども達に、使いにくいところ、こんなランドセルだったらいいのにということを全部あげてもらいました。その要素をすべて詰め込みながら、親として求めたい機能(反射テープ等の安全面の考慮等)を追加して、使いやすい形を練り上げました。

 

 

 

特徴1:ノート6冊分の軽さ!

 

 

重さは約770g。約500mlのペットボトルが1本半分です。コードバンのランドセルの重さと比べると半分程度の重さです。

 

実際、近年、重い荷物を毎日背負うことで、体に異変をきたす子どもが増えているといわれています。発達していない筋肉に対してランドセルの重さが耐え切れず、激しい腰痛や肩コリの症状がでるようになってきているようです。

 

親でも持ちたくないほどの重さのランドセルを背負う子ども達を想って、強度や容量に重点をおきながら、とにかく軽量化にこだわりました。すこしでも、成長期の子ども達の身体への負担を軽減できればと考えています。

 

 

肩ベルトは、柔らかい素材で3Dカーブに設計され身体に沿うので、肩への負担も軽減します。

 

胸の前にはバックルでワンタッチで開閉できるチェストベルトをつけました。肩ベルトがずれ落ちたりすることなく、重さの支えも分散させる事ができるため、さらに身体への負担を軽減します。バックルの位置も、体格に合わせて上下に移動できる様になっています。

 

 

肩ベルトの内側とランドセルの背中面の、子ども達の身体に触れる部分は、すべて通気性のあるメッシュ素材にしました。真夏の暑い時期に快適に過ごせるだけでなく、クッション性に優れ快適に背負えます。抗菌・防臭加工がされたメッシュを選択しているので1年中安心してつかえます。

 

実際に試作品を学校に背負っていってくれた子の一人はとても汗かきの子で、いつも使っているランドセルだと背中がビッショリになって帰ってくるのに、raccuだと背中の暑さが全然違う!と感想をもらいました。

 

 

特徴2:A4ファイルはもちろん!体操服やリコーダーもばっちり入る収納の機能 

 

 

サイズは縦33㎝×横26㎝×マチ14㎝と一般的なランドセルとあまりかわらないのに、柔軟性によって、ランドセルでは入りきらなかった荷物がかなり収まる大容量になっています。A4フラットファイルも楽々入り、体操服や、給食袋や給食当番の袋、リコーダー、図工の材料なども収まります。

 

 

背負ったまま、ハンカチやティッシュ、ばんそうこう、キッズ携帯なども取り出せるポケットです。登下校時のちょっとしたアクシデント時にもすぐに対応でき安心です。

 

 

肩ベルトの長さを調節しやすくしています。微調整が簡単なので、身体の成長に合わせて常にぴったりサイズで背負えるので、身体への負担が大きく減ります。

 

さらに、体型に合わせて買い替えができるように、2つ購入しても、現在のランドセルの平均単価内におさまるよう価格にもこだわりました。

 

より荷物が多くなり重くなる高学年向けraccuも発売を予定しています。

 

 

水筒は、サイドポケットにいれることができるので、斜め掛けしていかなくても通学途中にもサッと取り出して水分補給が簡単にできます。

 

 

特徴3:傷や水に負けない耐久性

 

厳選したナイロン生地は、強撚糸という非常に強い糸を使って織り上げられています。表面にテフロン加工もされており、非常に摩耗や傷にも強く丈夫で防水にも優れています。裏生地の表面にもテフロン加工をしているので撥水効果・防汚機能があります。

 

また、中学生の通学かばんを縫製している国内の鞄職人さんに縫製を依頼しているので、さらに重い中学生の荷物の重さにも耐えられる強度があります。

 

 

 

特徴4:シンプルでベーシックなデザイン

 

実は、すでにナイロン製のランドセルを一般的に使用している自治体は全国にいくつかあります。

 

ただ、既存のものはデザインが従来のランドセルからは離れてしまっており、ほかの自治体では使いにくいデザインのため、全国に一般的に普及していないのではないかと感じました。

 

そのため、子ども達が革や合皮のランドセルが一般的となっている地域でも抵抗感無く学校に背負っていけるように、デザインを練り上げました。

 

raccuは、従来のランドセルのデザインをベースにして、ヨーロッパの学生達が通学に使用しているかばんのような雰囲気をもたせ、大人でも使いたくなるようなシンプルなデザインを目指しました。

 

カラーは、落ち着いたカラーの4色をそろえました。

 

 

特徴5:メンテナンスも依頼できる、安心の国内製

 

購入後のメンテナンス等もお願いでき、安心して使用できる鞄縫製会社に縫製をお願いしています。

 

 

国内の鞄の生産の約7割をしめる兵庫県豊岡市で、高品質な鞄の生産や中学校の通学カバン等を手がける実績のある鞄メーカーで製作して頂きます。

 

 

 

ひとりでも多くの子どもが楽に登下校できるように

 

ランドセルを背負っても身軽なので、不審者に遭遇したり、災害が起きた時にも身軽に対応でき、小走りでも通学できます。

 

大容量で持ち物をランドセルに全部しまえるので、両手があき、転んでも安全。お友達と手をつないで通学ができます。

 

 

プリント専用ポケットで、大切なプリント類をなくしません。

 

 

内ポケットにカギなどを無くさないテープが付いているので、定位置ができて安心です。

 

 

360度反射テープがついているので、暗くなってからも安心です。

 

 

荷物を全部詰め込めるフレキシブルな収納部分です。

 

 

身長155cmの高学年だってraccuがイイ!

 

 

学年が進級していくと荷物の量は比例してどんどん増え、驚く程に重くなっていきます。その重みを背負うのは身体が大きくなった高学年の子ども達でも大変な事。まして固い肩ベルトで肩のみで支えるのは食い込んで痛いし、身体にとって決してよくありません。raccuなら肩への食い込みも和らげられ胸ベルトで重みを分散出来ます。

 

今回のプロジェクトを通して、現在のランドセルを不便を感じながら使っている子ども達はもちろん、身体の障害や発達障害があり、現状のランドセルを使っての登下校は困難な子ども達や、近年増加傾向にある、貧困のため高価なランドセルの購入ができない子ども達への選択肢をつくってあげることができます。

 

 

子ども達が、もっともっと自由にランドセルを選べる世の中を作りたい。将来的には、その選択肢が私達のランドセルではなく、他社から発売されるナイロン製のランドセルになるかもしれない。

 

それでも、子ども達がランドセルの固定観念から解放されればいいと思うのです。

 

 

今回のプロジェクトでは、完成したランドセルをお届けさせていただきます。

 

全国で、このランドセルを使った子ども達が、こんなに楽に登下校できるんだよということを広めてくれれば、新たに気が付く人が増えていきます。そこから、全国の小学生の登下校風景が変わっていけばいいなと思います。

 

また、サイズ展開への企画資金と、より新しいランドセルを広めるための広報費用にもさせていただきたいと思っています。


 

★★

 

リターンについて

 

新しいランドセル【raccu】をリターン品としてお届けします。

 

通常の販売価格よりお手頃な価格でお届けさせていただき、ぜひまわりの方にアピールしていただければと思います。

 

また、meridesignオリジナルデザインの浜松注染手ぬぐいや、手ぬぐいをアレンジしたハンカチ、浜松で織り上げられた遠州綿紬のふろしきやハンカチなど、他では手に入りにくい地元浜松産のアイテムをお届けします。

 

 

見出し 

 

 

 

「実際に『raccu』を使うと、どんなふうにからだが楽なのかな?」「荷物がたくさん入るって本当?」実際の小学生の意見がたっぷり詰まった、登下校が楽しくなるランドセルをぜひこの機会に試してみませんか?

 

当日は、親子で楽しめる、ものづくりのワークショップや、ママ作家によるグッズの販売、開催日によっては、焼き菓子のプレゼントや地元工務店のオリジナル積み木で遊べるコーナーもあります。

 

ぜひ、お気軽に遊びにいらしてくださいね。

 

10/6(土)7(日)21(日) 11:00~17:00
サーラプラザ佐鳴台 ウェルカムホール
静岡県浜松市中区佐鳴台1-11-5

 

10/20(土) 11:00~15:00
サーラプラザ佐鳴台 食ラボ
静岡県浜松市中区佐鳴台1-11-5

 

10/21(日) 11:00~17:00
サーラプラザ佐鳴台 ウェルカムホール
静岡県浜松市中区佐鳴台1-11-5

 

11/5,25(日) 11:00~17:00

木のおもちゃの店「シンプリィ・ショップ」
静岡県浜松市中区佐鳴台5-23-15

 

11/11(日) 10:00~15:00

ほしの市 浜松サザンクロス商店街(砂山銀座商店街)
静岡県浜松市中区佐鳴台1-11-5

 

11/18(日) 11:00~15:00

Hamamatsu Local coffee Public day
浜松城公園

 

上記日程以外にも、おもちゃ屋さんでの体験会や、イベント出店も予定しております。

 

新着情報などで随時お知らせしてまいりますので、よろしければチェックしてみてくださいね。

 

実用新案・商標出願中 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)