プロジェクト概要

 

 

新しい珈琲体験をあなたへ。炭酸珈琲 GEMB(ゲンブ)誕生!

 

はじめまして、向井務です。今まで10年間、珈琲の焙煎士として、また珈琲の伝道師として、活動してきました。

 

もともと焙煎士になる前は、組込みソフトウェアのプログラマ&プロジェクトリーダーをしていました。そこから6年前に一念発起、珈琲の道に転身したのですが、きっかけは、自分が「珈琲はカフェオレしか飲めない」体質だったことでした。

 

なぜ、世にある珈琲の多くはブラックで飲むとおいしくないのか?珈琲嫌いの人が多いのはなぜか?この問いの答えを見つけたくて、珈琲の世界に身を置くこととなりました。

 

2015年、兵庫宝塚に「みさご珈琲」というお店を開き、おいしい珈琲を追求してきました。さらに、これまで200回以上、実践型の焙煎抽出講座を開催しています。講座の中で「自分にとっての珈琲」を見出し、修了後は他の方たちにその輪を広げていってくださっている人たちも多く、私自身も日々刺激を受けています。

 

ネルドリップの様子と講座での一コマ

 

そんな「みさご珈琲」で、このたび「新しい珈琲体験を提供する」新商品が完成しました。その名も「炭酸珈琲 GEMB」です。すでに珈琲自体の開発は終わっており、お店で提供して好評も博しています。今回は、これをより多くの方に届けるため、「瓶詰め」タイプを発売したいと考えています。

 

ただ、その製造資金が不足しており、プロジェクトを立ち上げさせていただきました。クラウドファンディングが、広くたくさんの人に「GEMB」を知っていただくきっかけになればという思いもあります。みなさま、ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 

ビールのような見た目、高品位感。瓶は缶などと違って味移りもしません。
そしてやはり王冠を開けて飲むというロマンも!

 

飲みなれているはずの炭酸飲料に、「今までなかった」をお届けしたい。

 

夏、珈琲屋さんはアイスコーヒー1色。各店さまざまなアレンジを加えて提供しますが、どうしても爽快感という点では炭酸飲料に負けてしまうのも事実。「暑い日にはつい炭酸に手が伸びてしまう」。そんな方に、どう珈琲の方を向いてもらえるか。それは私の珈琲屋としての課題でした。

 

そんなとき、「ニトロブリュー」というアメリカ発祥の窒素ガス飲料があることを知りました。ニトロブリューは、コールドブリュー(水出し)の珈琲に、窒素(ニトロ)ガスと炭酸ガスの混合気体を注入してサーブするというスタイルの飲み物。いわば「炭酸入りの珈琲」です。黒ビールで著名なギネス社の技術提供のもと、製法が確立されました。

 

日本でも、昨年ごろからブームが生まれ、これを提供するお店もいくつか出てきましたが、知名度はまだ高いとはいえません。技術的にもまだまだ改善の余地があります。

 

そこでみさご珈琲では、味と香りがしっかり出る、日本流の「ネルドリップ(布フィルターでの抽出)」を採用し、炭酸を使ったビールサーバーで楽しめる、黒生ビールのような珈琲飲料を開発できないかと、実験を重ねました。

 

GEMB DRAFT HONEY GOLD 

 

珈琲なのに甘いフレーバーがある!?「GEMB」には私たちのこだわりが詰まっています。

 

そこで生み出されたのが、「CRAFT DRAFT COFFEE GEMB(ゲンブ)」です。黒ビールのような見た目にほのかな甘みを漂わせる、今までにない「珈琲の楽しみ方」が誕生しました。

 

特にこだわっているのは、「プロの抽出士の手によるハンドドリップ」です。通常、大量生産の珈琲の場合には煮出して濾す方式が一般的ですが、GEMBはひとつひとつ丁寧に抽出を行います。使用するのは、玄人向けで繊細なネルドリップ。大量抽出に向いていながらも技術を要するこの抽出方法が、GEMBのおいしさの一端を担っています。

 

さらにGEMBは、いわゆる「ブラック」だけでなく、天然蜂蜜で甘味をつけた飲みやすいタイプも用意しています。これは、おそらく国内では初の試みです。

 

ネルドリップの様子

 

そんなGEMBを多くの方へ届けるために、瓶詰め製品として販売したい!

 

このGEMBは現在すでに、みさご珈琲の他いくつかの店舗で提供し、好評をいただいています。ただ、実店舗に来られない遠方のお客様にも、GEMBのことを知っていただくため、瓶詰めバージョンも製造したいと考えています。

 

 

◎概要

・1本 250ml

・6000本限定製造

・7月20日ごろ一般発売予定

・使用豆:ケニアマサイAA、タンザニア キリマンジャロAA、他

・焙煎:シティロースト、みさご珈琲独自のボディブリード製法

・保存方法は常温保存でOK

・賞味期限:製造からおよそ9ヶ月(予定)

 

◎フレーバー

瓶詰め商品第1弾は、「HONEY GOLD」に絞る予定です。甘味づけには、大阪能勢の天然蜂蜜を使用。上質で飽きの来ない独特の風味に仕上がっています。

 

◎飲み方

ストレートでも十分おいしいですが、ミルクと混ぜると「GEMBラテ」として微炭酸カフェオレに。チェリーシロップやお酒を入れれば、カクテルベースにも!幅広く楽しめる新しい飲み物です。

 

◎現在、GEMBが飲める店舗

GEMB DRAFTを飲むことができるお店をご紹介します。

お近くの方は、ぜひ一度お試しください!

 

Pallesh88(パレッシュエイティエイト)さん

なんばHIPSの一階にある焼きたてタルトのお店です。

夏場のアイスコーヒーに変わり、GEMB HONEY GOLDを提供されています。

〒542-0076大阪市中央区難波1丁目8-16ARROWナンバHIPS1F

 

珈琲焙煎工房 みさご珈琲 山本丸橋店

クラドラコーヒー GEMBの発信源です。

日替わりで味の違うGEMBを提供しております

〒665-0815兵庫県宝塚市山本丸橋1-5-31

 

◎現在設置準備中のお店

大阪府能勢町里づとさん

兵庫県川西市AKARIさん

京都府南丹市ヒーローズジャパンさん

 

GEMB LATTE

 

その一口で、ちょっと優しくなれる。そんな珈琲をお届けしていきます。

 

GEMBという名前は、「能勢の妙見さん」として親しまれている、能勢妙見山 真如寺の副住職・植田観肇上人に命名していただきました。

 

《植田観肇上人からのメッセージ》
 

北極星の聖地である妙見山で初めて披露されたことに着想して名前をつけさせて頂きました。読み方は「ゲンブ」で、北の守護神である玄武をイメージし、アルファベットでGEMBと表記します。

「玄」は「黒」であり、玄人(くろうと)などで使われる「極める」という意味もあります。そのため、珈琲の黒、そしてそれを極めるという意味の「玄(くろ)」を表します。また、英語の発音では「ジェム」とも読め、Gemは宝石という意味があり、漆黒の宇宙に密かに立ち上る星のような気泡は心の奥底にひっそりと隠れている宝石を思わせます。

そして玄武は北極星の神様「妙見大菩薩」の乗り物として描かれることも多く、星へ祈りを届けてくれます。この珈琲の最初の一口を飲むとき、頭の片隅でいいので、子どもたちの未来と世界の平和を祈って頂ければ嬉しいです。

Pray for Children, Pray for Peace

 

植田観肇 拝

 

 

GEMBは、宗教的な枠組みには囚われない自由な飲み物ですが、何気ない「珈琲」という飲み物に、優しく祈る習慣が加えられると、少しだけ優しくて穏やかな気持ちになれないかなと思っています。

 

また、明治後期から続く日本の珈琲文化は、世界的に見ても、ユニークな面を持っています。喫茶店の文化やコンビニ珈琲など、独自の進化と考察を重ねてきたのです。

 

私たちの時代にも、珈琲文化に新たな一ページを添えられたら……。みなさまご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
みさご珈琲 焙煎抽出マスター講座第13期修了式

 


最新の新着情報