なぜタイ出発間近のこの時期に、
資金集めを呼びかけているかというと・・・


今年の春、今回のツアー全員分渡航費を
某機関に助成申請しておりました。

そして、残念な結果通知を頂いたのがつい先月。
なかなかフェスティバル事務局から詳細の返事が来ず、
申請提出書類の情報が足りず採用に至らなかった可能性もあり、
こちらの不備も含めて言葉も出ずに。。。

事務局からの提案もあり、来年に参加を延期する事も
考えました。出費がすでに重なりすぎて、
これ以上皆に負担をかけられないというのが

正直なところでした。



そこで、これまでやってきた創作を
リセットするのと前に進めるのと、
どちらがみんなにとってハッピーであるか、
よく悩み考えました。

上手くは説明できませんが、
考えた結果、このタイミングで集まった
このメンバーでこの作品を上演できるのは
今しかない、という想いが
背中を押してくれました。

ついに決めたからには、できることは
精一杯やり抜くしか有りません。

そんな時に、目にしたのが

レディー・フォーの説明会。
本当にタイミングよく、

しかも稽古場の近くで開催されていました。

稽古が押したため、少し送れての参加となりましたが、

とても分かりやすい内容の
新たなかたちでの投資の仕組みを学びました。

舞台人なら、これまでは友人や知人に
公演の宣伝をしてきたケースが

大半であるとおもいますが、
クラウドファンディングでは
「こんな舞台があります。私たちに
投資してくださったら、素敵な公演をご覧頂けます。」
と、公演を実現するために事前にご支援頂くことで、
本当にその団体の公演が見たい人が
参加して舞台を実現する仕組みなのです。
もちろん、クラドファンディングも
身内やご友人たちのご協力
なくしてはなかなか難しいのですけどね。

というわけで、急遽、
各自で航空券を抑えてもらうものの、
春の時点ではバンコク行き格安チケットも

2、3万円台からありましたが、
この時期に押さえるタイ行きの航空券は
6万円〜8万円台。倍になってる!
事前にもしかしたら実費になることは

伝えてはいたものの、倍。。。

更には、タイ国内で日帰りチャリティ公演を

訪問する交通手段はバスを貸切るしかなく、
その費用も自分たちでの負担となります。

本当に好きでやっているものですが、
決して道楽で人形劇をやれているわけではなく、
稽古場代や交通費、雑費など
すでに自己出費は多いので、
勇気はとってもいるのですが、
ここで思い切ってグラシオブルオも
私たちの人形作品を
世間様に知ってもらう事も含め、
新たな形で踏み切ってみた、

という次第でございます。


 

新着情報一覧へ