READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

『立方体地球』を考える? 子どもたちに新しい教育を届けたい!

『立方体地球』を考える? 子どもたちに新しい教育を届けたい!

支援総額

128,000

目標金額 200,000円

支援者
20人
募集終了日
2014年3月5日
募集は終了しました
0お気に入り登録0人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

0お気に入り登録0人がお気に入りしています

プロジェクト本文

中学校で出前授業「もしも地球が立方体だったら?」を実施します!

 

皆さん、こんにちは。公益財団法人日本科学協会の中村健治です。私たちは、常識や型にとらわれず、真に科学的な思考を追及するため、2009年にこの「Cubic Earth」プロジェクトを立ち上げました。3年もの歳月をかけ、大学教授ら研究者が、緻密な計算と熱い議論の末、短編映像「もしも地球が立方体だったら」の前編を作り上げました。現在は、後編を制作中です。
前編の製作過程でわかったことは、球体であるがゆえに地球上で生じている多くの原理・現象です。地球がもし立方体になったとすれば、重力の作用や気圧の影響で、人類が生存できる範囲はきわめて限定的になってしまいます(私たちは、この生命生存可能域を「ハビタブルゾーン」と呼びます)。

 

昨年、都内の小中学校で、この短編映像を用いた出前授業を実施しました。子どもたちは、目を輝かせ生き生きとした反応を示し、このプロジェクトの手ごたえを感じさせるものでした。今回は、静岡県下のとある中学校の全校生徒を対象に授業を実施します。この授業を成功させて、今後、全国の子どもたちに「学ぶこと、考えることの楽しさ」を伝えていきたいと思います。

 

今回の授業のために旅費や機材費などの開催費用を必要としています。

皆さま、どうかご支援をお願いします!

 

(木村龍治先生を中心とするプロジェクトチームの科学者たち)

 

 

出前授業について

 

プロジェクトチームの一員の森厚先生(桜美林大学)が、短編映像「もしも地球が立方体だったら」(前編)を用いて授業を行います。この短編映像は、プロジェクトチームの気象学者たちが、立方体の地球という設定で起こる環境の変化を科学的に考察し、映像化したものです。この映像をもとに、子どもたちと一緒に、地球が立方体になったらどうなるのかを考えていきます。

 

 

立方体地球と丸い地球では何が違うのか?

 

私たちは、丸い地球の地面の上にまっすぐ立って生活していますが、地球が立方体になると、場所によっては地面に対して斜めに立つことになります。

 

 

 

また、立方体地球では、平らな地面の上に凸レンズ状の海が存在します。

 

 

これらのことには、重力が密接に関係しています。このように、私たちを取りまく環境は、条件が変わることにより変化します。もしも地球が立方体になってしまったら、重力だけでなく、気圧、気象など、私たちが普段当たり前と受け止めている事象が一変することになります。出前授業を通して、子どもたちは、「地球が丸い」ことの「意味と大切さ」を学ぶことになるでしょう。

 

 

大切な地球の、子どもたちの未来

 

400年以上も昔、人々は「太陽が地球の周りを廻っている」と思っていました。この天動説は、その後「地球が太陽の周りを廻っている」地動説にとって代わられましたが、天動説が当たり前だった時代に地動説をとなえたコペルニクスは、「もしも地球が太陽の周りを廻っていたら?」と仮説を立てて考察し、立証していたことになります。この例から、ある現象に対し仮説を立てて考えてみることは、とても大事なことと言えます。

 

情報化社会が進行したことで、私たちのまわりには、数え切れないほどの情報が飛び交うようになりました。子どもたちは、何か疑問に思ったことがあると、インターネットで検索してすぐになんらかの答えを手にすることができます。一見、時間を節約できて良いように思えるかもしれませんが、一方で、考えることをおろそかにしているという側面もあります。私たちは、「一見、当たり前に見えても、実は不思議な出来事を探し出し、それがどうしてそうなっているのか、(楽しく)考えること」を身につけていって欲しいと願っています。私たちは、自分で「考える」多くの子どもたちが成長していくことで、よりよい未来をつくることができると考えています。

 

子どもたちが「考えること」を放棄してしまわないように、

皆さま、どうかご支援をお願いします。

 

 

引換券について

 

・3,000円

■「もしも地球が立方体だったら」の特製オリジナルクリアファイル

■静岡特産のお茶(100g1袋)

 

・10,000円

■木村龍治先生のサイン入り著書「天気ハカセになろう―竜巻は左巻き?」

■「もしも地球が立方体だったら」の特製オリジナルクリアファイル

■静岡特産のお茶(100g1袋)

 

 

(岩波ジュニア新書)

 

・30,000円

■出前授業「もしも地球が立方体だったら」の特別鑑賞券
(実施する中学校については、引換券を購入された方だけに、こちらからお伝えいたします。)

■木村龍治先生のサイン入り著書「天気ハカセになろう―竜巻は左巻き?」

■「もしも地球が立方体だったら」の特製オリジナルクリアファイル

■静岡特産のお茶(100g1袋)

※特別鑑賞券は、平成26年3月11日の授業日1回限り有効とします。なお、恐れ入りますが、実施校までの交通費は自己負担でお願いします。

もっとみる

プロフィール

「立方体地球」の出前授業を行います!

リターン

3,000

alt

・特製オリジナルクリアファイル
・静岡特産茶(100g1袋)

支援者
16人
在庫数
制限なし

10,000

alt

・木村龍治先生のサイン入り著書
 「天気ハカセになろう―竜巻は左巻き?」
・特製オリジナルクリアファイル
・静岡特産茶(100g1袋)

支援者
2人
在庫数
18

30,000

alt

・出前授業「もしも地球が立方体だったら」の特別鑑賞券
・木村龍治先生のサイン入り著書
 「天気ハカセになろう―竜巻は左巻き?」
・特製オリジナルクリアファイル
・静岡特産茶(100g1袋)

※特別鑑賞券は、平成26年3月11日の授業日1回限り有効とします。また、恐れ入りますが、実施校までの交通費は自己負担でお願いします。

支援者
2人
在庫数
3

プロフィール

「立方体地球」の出前授業を行います!

あなたにおすすめのプロジェクト

"みんなが笑える日まで"を目指す保育園を次の世代につなげたい

風の子共同保育園風の子共同保育園

#子ども・教育

88%
現在
2,216,000円
支援者
172人
残り
7日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする