プロジェクト概要

バンコンでも車内で立つことが出来るキャンピングカーを開発します。

 

はじめまして、佐藤と申します。茨城県のかすみがうら市で車の改造のお店カルフォルニアサンをしています。 95年より、オーダー専門でキャンピングカーを製作してきました。今回、安価にて、バンコンオーナーの悲願であった、車内高約185センチ程度を実現すべく、開発を行います。

 

ただ、バンコンの改造に必要な開発費の一部が足りていません。新たなキャンピングカーの作成のために、皆さんの力を貸して頂けませんか。

 

注:バンコンとは、通称バン(商用車)といわれるタイプの車をベースにしキャンピングカーに改造したものです。
(バンコンバージョン=略して、バンコンといいます。)

 

(ここの部分を今回上げる予定です)

 

 

■バンコンの魅力とは

 

バンコンベースのキャンピングカーの魅力は、なんと言っても普段使用が出来る点です。お買い物にスーパーへ行っても、通常の駐車が可能です。道の駅や、高速道路のサービスエリア等を利用して停泊する場合は、小型、普通車枠に収まります。(大型車はエンジンをかけっぱなしで駐車する場合が多いのでエンジン音に悩まされますし、深夜の観光バス等が出入りしますのでそれらの、騒音に悩まされることがあると思います。)

 

バンコンの車内で立って移動が可能になれば、居住性が格段に上がります。この要望はバンコンオーナーの長年の悲願なのです。一定の広さが(ハイエース、キャラバン等をベースとした場合)ある車内で、かがんで移動するのは、いかにも窮屈になりがちです。

 

(製作したキャンピングカーの一例です)

 

 

■バンコンオーナーの悩み

 

私のお店には、「車内で立てるキャンピングカーに改造したいが、価格が高すぎる。」「もっと安価で出来ないだろうか」とのお問い合わせが多いのです。もちろん、仕様によって大幅に変わりますが、屋根をかさ上げするには、ざっと500万円から1000万円程度(新車利用時)かかります。今回のプロジェクトが上手くいくと、かさ上げ部分の改造費を、現在市販されてる費用の半分から三分の一程度にすることが出来ます。


バンコンタイプのキャンピングカーは、ベースが法令の規制もあり、沢山の制約があるのですが、それを解決し、車内高約185センチ程度の車内空間を実現します。

 

(屋根を上げた参考例です)

 

■カリフォルニアサンの仕事術

 

かさ上げ部分のアイデア、設計、製作、は、当社(カリフォルニアサン)のみで行うことで、大幅なコストダウンが図れます。具体的には、屋根を上げる為に、FRP(繊維強化プラスチック)で型を起こします。また、内装の施工も当社で行います。一環生産することで、大幅なコストダウンが図ることが可能になります。


これで、かがんで行ってた、料理も楽々立って出来ます。また、着替えも、シャワーを浴びるのも、車内の移動も頭上を気にしなくて済みます。いい事尽くめの”ちょこらんま。”です。

 

(当社の製作例)

 

 

■次世代のバンコンを作りたい

 

今まで説明した通り、今回のプロジェクトは今までのバンコンの常識を変えることが出来ます。また、キャンピングカーの価格の障壁が消え、キャンピング業界に貢献することが出来ます。

 

プロジェクト実現のために、みなさんの力を貸してください。

 

(バンコンオーナー様のご注文で、ワンオフでリア部分を延長した例です)

 

 

*”ちょこらんま。”製作参考予想画像

カラー画像の部分をかさ上げします。それにより車内後部スペースの

約半分程度が、車内高が約185センチになります。

かさ上げ部分には、ソーラーパネルの設置も可能です。

 

 

◇◆◇◆◇◆引換券に関して◇◆◇◆◇◆

支援いただいた支援者様には、以下の引換券をお送りします。

・サンクスメール


・スッテカー


・茨城県の名産品(納豆)


・1泊2日分の仕上がったキャンピングカーの
無料使用権利券をお渡しいたします。


・ハイエースのかさ上げを施工をさせて頂く権利。

但し、車種は200系ハイエースワイドスーパーロングハイルーフのみとなります。
日程等はご相談の上決定させていただきます。


内外装共仕上がった”ちょこらんま。”を進呈いたします。
外観・200系ハイエースワイドスーパーロング
   ハイルーフ新車ベースを予定。 
内装・wバッテリー、FFヒーター、Wエアコン
   パワステ、パワーウインド、
   対面対座シート、2の字シート、
   2段ベッド、各種LEDライト類等々