8月15日(金)

ご支援頂いた皆様、本当にありがとうございます!

残り35日となりました。

7人の方にご協力頂き、31,000円・・・

目標の30万までまだまだ道のりが遠い金額です。

まだまだご支援をお願いできないでしょうか?

 

お盆の日を福島県いわき市で過ごして参りました。

久々に会った姪と甥はすくすくと育ち、姪は横に、甥は縦に大きくなり、

あと何年か経つと甥に背丈が抜かれそうです。

 

元気に過ごしておりますが、原発の影響がどの程度およんでいるのか心配でなりません。この笑顔がずっと続くように未来の子供たちのためにどうか、原発の恐怖から子供たちを守る手助けをご協力願えないでしょうか?

 

震災によって変わってしまったいわきの街並み。

私の家は地震で柱にひびが入り住めない状態だったので取り壊しました。

 

(22年間慣れ親しんだ家の跡地)

 

家の跡地はさら地となり、何も建物が建っていませんでした。

お庭があり、木々が立ち並びニラが伸びたら餃子を作り、夏にはナスやキュウリを作り収穫するのが夏の風物詩でした。今は駐車場になっており、寂しさを感じています。

 

また、立ち入り禁止区域になってしまった方々の仮設住宅がいわきにもあり、仮設住宅を見ると震災の爪痕を思い出させます。

 

震災が起きても起きなくても、原発自体が無くなれば、立ち入り禁止区域というものもなくなります。将来を背負って立つ子供たちを守るために、強く逞しい日本人を育成する無限の可能性のために!どうか皆さん果てしなく続く原発廃止という道のりを開拓するために力を貸してください!!

原発がよくないと思っていても、仕事がなくなると反対するしかできない人たちにも原発廃止の考えをもつきっかけを与えて下さい!

皆さん一人一人がFacebookでシェアしていただくこと、”いいね” とボタンを押してくれること。全て人の縁が無限に広がることこそが意味のある事だと思っています。

どうぞ宜しくお願いします。媛川えみ

新着情報一覧へ