READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

太宰府から日本の技と美を。赤絵細描で彩る作陶展を開催!

太宰府から日本の技と美を。赤絵細描で彩る作陶展を開催!

支援総額

65,000

目標金額 800,000円

支援者
5人
募集終了日
2019年11月29日
募集は終了しました
3お気に入り登録3人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

3お気に入り登録3人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

終了まで残り60時間を切りました。
本プロジェクトはAll or Nothingのため、
80万円に満たなければ1円も資金を受け取れません。
是非とも最後まで応援よろしくお願いいたします。

 

銀行振込でのご支援は、11月29日(金)15時までに銀行にて振込をしていただかなければ、目標金額に反映されません。

カードでのご支援は、11月29日(金)23時までご支援いただけます。

 

 

 

の都・太宰府から世界に発信する日本の技と美。赤絵細描の作陶展を開催したい!

 

はじめまして。(株)Gatou代表取締役の白石由美と申します。(株)Gatouは福岡県太宰府市を拠点に、全国百貨店の美術画廊を中心に美術工芸品を展示販売しています。
 
社名のGatouとは「ありがとうございます」の「がとう」、絵画の「画」と陶器の「陶」、そして「我等」の意味があります。作家と伝える私たちとお客様とが作品を通じて「我等」になれたらという仕事への思いです。
 
私がGatouを設立したのは今から6年前、2013年の時です。東北地方を中心に関東以北で100を超える美術工芸品の展示会をプロデュースしてきました。
 
歴史ある太宰府にGatouを設立して6年。

「いつか地元でこだわりの展示会を開催したい」

 

そのような中、2019年12月6日-8日に太宰府市の古民家ホテル【ホテルカルティア太宰府】で、「令和元年 吉祥の室礼」をテーマに細密な赤絵で人気の九谷焼作家「米久和彦作陶展」を開催できることが決定しました。
 
プロジェクト全体では150万円ほど費用がかかるのですが、うち90万円は自己資金、借入等で賄うことができますが、残りの60万円が足りない状況です。そこで、今回のクラウドファンディングでは不足分の60万円と、Readyforへ支払う手数料20万円の計80万円を募集します。
 
皆様の心温かいご支援をよろしくお願いいたします。
 

 

 

 

1991年〜2013年。Gatouに至るまで。

私は子供の頃から、絵や工作が大好きで将来はその方面に関わるお仕事をするのが夢でした。縁あって地元福岡の美術工芸販売会社でアートコーディネイター(営業)として23年働かせていただきました。

 

バブル崩壊からの不安定な景気、度々起きた震災は「割れる」イメージの工芸品にとってマイナスでした。しかしそんな時代だから、工芸品の美しさや手づくりの温もりは人を癒し、元気にできるのではないか、と感じていました。

 

【私らしく美術工芸品の持つ可能性を広げたい!こんな時代だからこそ人の技と感性で作り出す物を大切に育み、価値観を伝え、人生に寄り添い、幸せを繋ぐことを一生の仕事にしよう】そんな思いから、2013年12月、万葉の古都・太宰府に株式会社 Gatouを立ち上げました。
 
Gatouの企画のこだわりは、作家の思いが伝わる、お客様の思い出になれる企画展の開催です。会場の展示はストーリーを大切にし、作家に必ず来場してもらいアーティストトークを開催したり、音楽と絵画のコラボではボサノヴァギターの演奏会開いたり、2017年2月に山形で開催した、博多人形展の中で東北のお笑い芸人さんのミニライブを行いました。

 

 

 

2016年6月@福島市

吉祥で描く美の世界

 

福島市の老舗百貨店の中合さんの大催事で開催させて頂いた米久和彦作陶展です。福島では5回目となる記念展、150坪の広い会場は優美な赤絵の世界となりました。会場のメインディスプレイは、米久先生ならではの赤絵細描のテーブルウェアで用の美を演出、また花と赤絵で和の室礼をつくりました。記念作品として福島県二本松市の大七酒造様とコラボレーションした限定の酒器セットは大変話題となりました。

 

 

 

2018年5月@盛岡市

明治150年推進事業 十五代 辻常陸展

 

 

岩手県盛岡市の百貨店では、明治150年記念事業として江戸時代から続く有田焼の名窯、十五代辻常陸展を開催しました。辻窯のシンボル龍と鳳凰でエントランスを飾って頂きました。特別展示として、明治初期に作られた日本最初の磁器の洋食器を展示し、メディアの取材もあり、沢山のお客様にご来場頂きました。

 

 

 

作家とお客様がふれあい、時間を共有することで、作家にとって創作のエネルギーとなればと思います。更にお客様に作家の思いや作品の背景を生で伝えられるので、それまで興味のなかったお客様がファンとなってくださいます。そんなときGatouの役割を果たしていると実感します。

 

6年間、Gatouが関東以北での活動を中心 にしていた理由

 

遠い地方では(特に北東北や北海道)は作品の運搬や移動に時間と経費がかかるため、同業他社様でもあまり積極的には開催されないようです。しかし  Gatouは行きます。なぜならお客様に「東京に行かなくてもこんなに素晴らしい作品に出会えるのね」といって頂き、作家さん、お取り引き様にも喜んで頂けます。「遠いけどよかった、頑張ろう」と思えるのです。

 

の一方で、叶えたかったこと-太宰府で展示会を開催すること- 

 

Gatouのある太宰府は日本らしい歴史と文化のまちであり、年間1000万人の観光客が訪れています。特にインバウンドは急激に増えており、日本の「美」に関心を持っておられる方も数多くおられます。これまで、太宰府から出ての営業ばかりでしたが、この太宰府という素晴らしい立地は、「日本の伝統工芸や美術を紹介できる」最大の強みであると考えていました。

 

美しい紅葉の光明禅寺12月の上旬まで見頃です

3年前からその考えを地元の商工会の方々や専門家の先生に相談に乗って頂き、市役所の観光課や産業振興課の方には太宰府の観光客の現状を教えて頂きました。

 

特に私が注目したことは、宿泊施設が少ない太宰府では、観光客の利便性を高めるために、周辺の設備も見直され、「日本の伝統ある家屋や古民家を使用した宿泊事業が進んでいる」ことでした。


「古香庵」は江戸末期から昭和にかけて3代にわたりか活躍した太宰府画壇の絵師・吉嗣(よしつぐ)梅仙(ばいせん)、拝山(はいざん)、鼓山(こざん)の元住家です。その後、料理店となりましたが、惜しまれつつも2016年に閉店しました。

 

そして2019年、その古き良き佇まいを活かし、日本文化に関心の高い国内外の観光客に利用してもらえる宿泊施設「ホテルカルティア太宰府」としてオープンすることを知りました。

 

今回の会場となるホテル カルティア太宰府は、太宰府天満宮を中心に点在する江戸末期や明治期の建物をリノベートした分散型ホテル。太宰府天満宮など歴史的価値の高い場所に令和元年10月4日にオープンした悠久の時間を感じる佇まいのホテルです。

 

イメージが直ぐに出来上がりました!
 

令和の古都・太宰府。万葉からの悠久の時の流れ。
新しい時代の幕開けにふさわしい
吉祥を願う展示会にしよう
太宰府を訪れる国内外の人に日本の繊細な美と技を見てもらいたい
場所は100年前に芸術家が住んでいた古民家
かつて南画の絵師が作品を描いた部屋
その部屋で現代の九谷の赤絵師が絵付けをするのです。
ホテル カルティア太宰府のコンセプトは「文化を紡ぐ」
赤絵細描は文化や歴史や人をつなぐ赤い糸です。


時空を超えた「縁」を感じました。絶対に実現しようと思いました。

 

そこからは無我夢中で企画書を作りました。


どこにどうすればアポイントを取れるのかわからないので、太宰府市役所・観光課の方を通じて西日本鉄道(株)の観光事業部の方を紹介していただきました。
そして企画内容の承認をいただき、ホテルカルティア太宰府の担当者の方に正式に企画の申込みを受け付けていただきました。

 

悠久の古都(太宰府)に
優雅に舞う美しい線・・・
吉祥の調べを奏でながら
それは万葉から令和をつなぐ赤い糸


 

 

 

 

示会「令和元年 吉祥の室礼」

 赤絵細描 米久和彦作陶展

(あかえさいびょう こめきゅうかずひこさくとうてん)
 

 

日時:2019年12月6日-8日

場所:ホテル・カルティア太宰府 古香庵101

作家:米久和彦

 

2019年、太宰府は新時代の幕開けの舞台として脚光を浴びています。
歴史上では日本の国づくりに大きく関わった場所であり、万葉の時代には様々な文化が花開いた「悠久の古都」です。


歴史が育んだ美しい佇まいと荘厳なパワー、イマジネーションを感じる町、令和ゆかりの太宰府は国内外からさらに多くの人々が集まっています。

 

コンセプトは…
古の都・太宰府から発信する日本の技と美

 

日本や九州という小さな枠ではない
世界の中の太宰府として時代の足跡を繋ぐべく、いまを生きる工芸作家の技と美を発信することができたなら、とても素晴らしいことだと思います。

 

今回は、令和最初のお正月を迎えることから「令和元年 吉祥の室礼」をテーマに、細緻な赤絵で描かれた美しい吉祥文様で知られる陶芸作家・米久和彦先生の作品による技と美の世界を展開いたします。


期間中は米久先生が来場され、細密な絵付けを実演してくださいます。なかなか見ることができない製作風景はお客様に感動を与え、日本の技と文化をこれまでになかった形で知っていただけることになるでしょう。

 

美術館ではない悠久の佇まいの中で、日本文化を体感していただける展示会です。
 

 

九谷焼・赤絵細描とは
古代より赤はとてもおめでたい吉祥・魔よけ・生命力あふれる元気の色とされてきました。特に九谷焼の赤絵は 器全体に緻密な線で描かれた伝統の吉祥文様が特徴です。350年の歴史をもつ九谷焼の中でも、江戸時代の後期から明治初期の短い期間に栄えた技法が「赤絵細描」「赤絵金襴手」です。
しかし、その緻密さゆえに現代に技術を伝承する作家はわずかと言われています。

九谷焼の未来を担う米久和彦の作品。
「赤」を中心に展開する緻密に描かれた吉祥の世界です。
 

 

米久和彦(こめきゅう かずひこ)

昭和43年  石川県能美市に生まれる
平成2年  金沢美術工芸大学美術学科(油絵)卒業
平成4年  石川県立九谷焼技術研修所 専門コース卒業
平成6年  香林坊大和にて「グループ楽」作陶展(以降五回開催)
平成8年  米久窯を自立、自営の道に入る
平成10年  丸八製茶場本店にて「赤絵夫婦展」開催(以降四回開催)
          香林坊大和にて「陶四人展」開催(以降二回開催)
平成11年  兼六園大茶会工芸作品公募展 奨励賞受賞
          使ってみたい北の菓子器展 入選
          高槻松坂屋にて初の個展開催
平成12年 「茶房一笑」にて「赤絵夫婦展」開催
平成13年  香林坊大和にて県内初の個展開催
             以降全国各地で個展開催
渋谷東急・心斎橋大丸・伊勢丹(丹青会)・天満屋各店・岩田屋三越 など
平成22年・23年 東京 恵比寿 ウエスティンホテル東京「舞」にて
        「四季の彩り・花と器と宴」を開催

平成24年 
金沢しいのき迎賓館「NIPPONを祝う」をテーブルコーディネートに参加
平成25年 
元首相 森喜朗氏がロシア訪問の際、プーチン大統領に作品を寄贈
東京上野・旧岩崎邸園庭オータムイベント「彩の秋」にて展示
静岡世界お茶まつり2013にて現代のO-CHA道具作品展に招待出品

 

 

 

大伴旅人に詠まれた「梅花の宴」の歌の舞台として、令和の由来となった太宰府。大陸文化の玄関口であった奈良・平安時代の名残を残し、歴史的・文化遺産が数多く残る、博多とは異なった魅力に溢れる地域です。

 

 

今回の会場は元は蔵だった【古香庵101】昔はこの蔵で絵を描いていたのです。

 

今回の会場となるホテル カルティア太宰府は、太宰府天満宮を中心に点在する江戸末期や明治期の建物をリノベートした分散型ホテル。太宰府天満宮など歴史的価値の高い場所に令和元年10月4日にオープンした悠久の時間を感じる佇まいのホテルです。
もともと、江戸末期から昭和にかけて、梅仙(ばいせん)、拝山(はいざん)、鼓山(こざん)の3代の絵師を輩出した吉嗣(よしつぐ)家の住居でした。
今回の会場は元は蔵だった【古香庵101】昔はこの蔵で絵を描いていたのです。

 

今回、米久先生にお願いした理由は先生の作品は明治と令和をつなぐ赤い線に思えたのです。

 

悠久の古都に優雅に舞う細密な赤絵は吉祥の調べを奏でながら万葉と令和をつなぐ赤い糸のようだと感じました。繊細線でどこまでも続く唐草、永遠の吉祥を願い描いて行きます。

 

海外からのお客様が多いという地域柄、今回の展示会では会場の設営費に加え、特に「宣伝広告」や「海外のお客様への導線」等にも力を入れなければなりません。
 
会場費、宣伝費などを全て含めると、合計150万円ほど開催のための費用がかかります。Web宣伝費や人件費、運送費等にかかる費用90万円は自己資金、借入等で賄うことができますが、60万円が足りていない状況です。
 
ぜひ皆様からの心あたたかいご支援をよろしくお願いいたします。

 

ご支援いただいた資金の使い道

会場にかかる代金、リース料等 25万円

パンフレット等        30万円

リターン費用           5万円

Readyfor手数料        20万円   

計              80万円

 

 

援コメント

 

久和彦

私と白石さんとの出会いは18年前になります。当時は地元石川県を中心に展開していた私でしたが、福岡にあった美術工芸の会社の社長に声をかけて頂き、そこで白石さんと知り合うことになりました。


初めて白石さんと仕事させて頂いたのは、福島市の個展でした。まだ知名度のない私の個展、東北の方に受け入れて頂けるのか不安でした。白石さんは、熱心にきめ細やかな企画をつくりあげ、お客様と私の作品とのご縁を繋いで頂きました。それ以降、福島のお客様とは今も深く繋がっていますし、白石さんが立ち上げたGatouでは私にとって最大規模、150坪の催事場で個展を開催することができました。
18年間、福島以外に高松、松山、徳島、横須賀、渋谷、水戸、いわき、盛岡、札幌など全国各地で共に仕事をしてきたましたが、何れの個展も思い出深いものばかりです。個展が成功するまでは山あり谷ありです。お客様に繋いで下さる白石さんのような方がいてくれるので、お客様や画廊の方々からの声を聞くことができます。そのおかげで私は作品づくりに集中することができます。今回の白石さんの地元、太宰府での新しい挑戦に、私の個展を開催してもらえることに感謝いたします。歴史ある令和の街、海外からの旅行者も多い太宰府で私の作品を沢山の方々に見て頂けたら幸いです。


 

宰府市商工会

池見和美

 日本の伝統工芸品は、現在、危機的状況にあります。ライフスタイルの変化などによって生産量はピーク時の1/5にまで落ち込み、職人は廃業に追い込まれていているのです。

 

そのようななか、代表の白石さんは、日本の素晴らしい伝統を継承していくために立ち上がりました。白石さんのメインのお仕事である日本中のギャラリーで伝統工芸品を展示販売する傍ら、これまでも様々なアイデアを屈指し日本の文化を広げる取組を積極的に行ってこられました。

 

そして、今回、地元太宰府から伝統工芸品を世界中に発信していこうと計画中です。白石さんの発想力と熱意、粘り強さは圧倒的で、出会った瞬間からその人柄に惹かれました!そんな魅力あるれる白石さんですが、お1人の力では日本の伝統工芸を守っていく事はできません!

 

ぜひ、この趣旨にご賛同いただき一緒に日本の伝統工芸会を盛り上げていきましょう。

 

 

 

※本プロジェクトのリターンのうち、[お名前記載]に関する条件の詳細については、リンク先の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

もっとみる

プロフィール

(株)Gatou 代表取締役 令和の街・福岡県太宰府市に本社を持ち、美術工芸品を百貨店の美術画廊を中心に展開しています。有田焼、九谷焼、ガラス工芸や手作り家具など。手仕事の温もりや繊細さを全国にお伝えしております。

リターン

50,000

alt

ランチ+オープニング記念お食事会へご招待コース

・心を込めてサンクスメッセージカードをご送付します。
・株式会社GatouのHPでご支援者様としてお名前を掲載いたします。
・作品のお写真をポストカードでお送りします。
・作品のお写真が印刷されたクリアファイルをお送りします。
・Gatouのカレンダーをプレゼント
(展示会に出展いただいた作家さんの作品を掲載しています)
・太宰府ランチ(ホテルカルティアのレストランで)へご招待♪
(誠に恐れ入りますが、交通費はご負担願います)
・米久和彦作陶展、オープニング記念お食事会にご招待
日時:12月6日(土) 19:00〜20:30
会場:ホテルカルティア太宰府 ルアン
(誠に恐れ入りますが、交通費はご負担願います)
古民家をリノベーション した空間で米久和彦先生を囲んでの夕食会を兼ねたレセプションです。
フレンチの技術を用いて地元食材の魅力を存分に生かしたお料理をお愉しみください。

支援者
0人
在庫数
5
発送予定
2020年4月

100,000

alt

全身全霊応援コース

・心を込めてサンクスメッセージカードをご送付します。
・株式会社GatouのHPでご支援者様としてお名前を掲載いたします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

100,000

alt

【限定5個!】作家米久和彦が、あなただけのオリジナル作品をお作りします!

・心を込めてサンクスメッセージカードをご送付します。
・株式会社GatouのHPでご支援者様としてお名前を掲載いたします。
・作品のお写真をポストカードでお送りします。
・作品のお写真が印刷されたクリアファイルをお送りします。
・Gatouのカレンダーをプレゼント
(展示会に出展いただいた作家さんの作品を掲載しています)
・太宰府ランチ(ホテルカルティアのレストランで)へご招待♪
(誠に恐れ入りますが、交通費はご負担願います)
・作家の米久先生が、あなただけのオリジナル作品を作ります!

支援者
0人
在庫数
5
発送予定
2020年6月

5,000

alt

お気軽応援コース

・心を込めてサンクスメッセージカードをご送付します。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

10,000

alt

しっかり応援コース

・心を込めてサンクスメッセージカードをご送付します。
・株式会社GatouのHPでご支援者様としてお名前を掲載いたします。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

10,000

alt

ポストカード、クリアファイルコース

・心を込めてサンクスメッセージカードをご送付します。
・株式会社GatouのHPでご支援者様としてお名前を掲載いたします。
・作品のお写真をポストカードでお送りします。
・作品のお写真が印刷されたクリアファイルをお送りします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

30,000

alt

全力応援コース

・心を込めてサンクスメッセージカードをご送付します。
・株式会社GatouのHPでご支援者様としてお名前を掲載いたします。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

30,000

alt

オープニング記念お食事会にご招待コース

・心を込めてサンクスメッセージカードをご送付します。
・株式会社GatouのHPでご支援者様としてお名前を掲載いたします。
・作品のお写真をポストカードでお送りします。
・作品のお写真が印刷されたクリアファイルをお送りします。
・Gatouのカレンダーをプレゼント
(展示会に出展いただいた作家さんの作品を掲載しています)
・米久和彦作陶展、オープニング記念お食事会にご招待
日時:12月6日(土) 19:00〜20:30
会場:ホテルカルティア太宰府 ルアン
(誠に恐れ入りますが、交通費はご負担願います)
古民家をリノベーション した空間で米久和彦先生を囲んでの夕食会を兼ねたレセプションです。
フレンチの技術を用いて地元食材の魅力を存分に生かしたお料理をお愉しみください。

支援者
0人
在庫数
5
発送予定
2020年4月

50,000

alt

心から応援コース

・心を込めてサンクスメッセージカードをご送付します。
・株式会社GatouのHPでご支援者様としてお名前を掲載いたします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

プロフィール

(株)Gatou 代表取締役 令和の街・福岡県太宰府市に本社を持ち、美術工芸品を百貨店の美術画廊を中心に展開しています。有田焼、九谷焼、ガラス工芸や手作り家具など。手仕事の温もりや繊細さを全国にお伝えしております。

あなたにおすすめのプロジェクト

【第一弾】 短編アニメーション 「アイアンプレッジ」完成へ。

長谷真行 (6pucks代表)長谷真行 (6pucks代表)

#絵画・イラスト

56%
現在
564,000円
支援者
26人
残り
29日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする